夕張・保険金殺人事件




【事件概要】

 1984年5月5日、北海道夕張市鹿島の炭坑下請け「日高興業所」作業員宿舎から出火、6人の焼死体が見つかった。当初は失火と見られたが、火をつけた作業員・石川清(当時24歳)の供述により、保険金目的の放火殺人ということがわかる。8月、興業所経営の暴力団組長・日高安政(当時41歳)と妻・信子(当時38歳)が逮捕された。


日高安政
日高信子
石川清



【子どもの日に】

 1984年5月5日午後10時50分頃、北海道夕張市鹿島の炭坑下請け「日高興業所」の作業員宿舎から出火、宿舎と隣りの元旅館を焼いた。焼け跡からは4人の作業員と炊事婦の子ども2人の計6人の焼死体が見つかり、1人が2階から飛び降りて両足を骨折する重傷、消火作業にあたった消防士(52歳)も命を落とした。

 宿舎では火災前にジンギスカン鍋を囲んだ飲み会が行なわれており、出火原因ははその際使用した石油ストーブか電熱器の不始末によるものと見られた。


【悪魔と使い魔】

 7月18日、火災で両足を骨折して入院中だった作業員・石川清(当時24歳)が突如失踪し、8月15日に青森市内から「火事のことで話がある。俺は追われている」と夕張署に通報。それによると、宿舎火災は保険金目的の放火殺人だったという。
「子ども2人が死んだことがずっと気にかかっていた」
 石川はそう漏らした。

 8月19日、暴力団「初代誠友会日高組」組長で、「日高興業所」社長・日高安政(当時41歳)、その妻・信子(当時38歳)が逮捕される。夫妻は犯行を否認していた。

 石川の供述によると、4月下旬、夫妻は自宅で「分け前をやるから寮に火をつけろ。食堂から火が出るようにやれ」と指示。石川は作業員たちに酒を振舞ったうえで、食堂にあった新聞紙にライターで火をつけた。
 「報酬は500万やる」と言っていた日高だったが、石川に手渡したのは結局見舞金20万と退院時に70万だけだった。

 夫妻は5月から7月にかけて、火災保険と従業員にかけていた2〜3000万円の生命保険で1億3800万円を手にしていた。
 1981年10月16日に93人もの死亡者が出た北炭夕張炭坑事故が起こったが、下請け作業員だった日高興業所の作業員も7人が死亡しており、日高は多額の労災保険給付金を手にすることになった。当時、日高は服役していたが、出所すると高級車を購入したり、海外旅行に行ったり、2年ほどで保険金を使いきってしまった。


【日高夫妻】

 日高安政は1943年に様似町で生まれている。7人兄弟の6番目で、一家はまもなく夕張に移った。
 兄たちの影響を受けて店舗荒らし、賽銭箱荒らしをするようになったのは小学校中学年の頃からで、小学6年の時に遠軽町の「北海道家庭学校」に入れられ、そこで義務教育を終えた。
 その後はトラック運転手、土木作業員、炭坑員などの職を転々として、17歳の頃にヤクザの世界に入り、暴行事件を数回起こした。69年に結婚、一女をもうけている。

 一方、信子は1946年、炭坑員の家庭で生まれた。小学校は3歳年上の日高と同じ学校である。道立夕張高校在籍時には「女番長」として知られていた。
 高校卒業後、上京して山野愛子高等美容学校に入学。1年間学んで夕張に帰ってきた。暴力団構成員と結婚して一女をもうけたが、夫は死亡し、バーのホステスとして働く様になった。日高はそのバーに客として来て知り合い、やがて同棲生活を始めた。日高はこの頃、妻と離婚している。

 1970年頃、日高は「日高班」という炭坑員を現場に派遣する会社を起した。これは76年には有限会社「日高工業」に発展した。しかし、日高は知り合いの女性と上京、怒った信子も従業員と駆け落ちし、77年に「日高工業」は倒産した。

 やがて相手と別れて夕張に戻ってきた2人は縁りを戻し、有限会社「鹿島工業」を設立。同じく炭坑員を派遣する仕事である。日高はこの頃、暴力団総長と知り合い、初代誠友会日高組組長を名乗り始めた。

 1978年、日高覚せい剤に手を出し、執行猶予付きの実刑判決を受けたが、猶予中に再び覚せい剤をやり、銃刀法違反と合わせて懲役2年6ヶ月を言い渡された。
 主がいなくなって危機的状況になった「鹿島工業」だが、信子はこれをたたみ、新たに「日高班」という派遣業務を女手ひとつで始めた。その頃、「北炭夕張炭坑事故」が起こった。
 やがて出所した日高は莫大な給付金で金融業を始め、自宅兼事務所を新築した。しかし、前述した通り、2人は金を有効利用することもなく、すぐに使いきってしまった。
「夕張は不景気でどうにもならん。札幌に出てデートクラブでもやろう」
 そんな時、日高は信子にそう持ちかけた。しかし、商売を始めるにはまとまった金が必要だった。その時、以前の突出事故で手に入った保険金のことが頭に浮かんだ。従業員に多額の生命保険をかけ、会社の寮に火をつけて殺すようにと石川に指示したのである。


【裁判】

 1987年3月、札幌地裁は日高夫妻に死刑、石川に無期懲役を言い渡した。日高夫妻は控訴。

 第4回控訴審の後の1988年10月、日高夫妻はなぜか控訴を取り下げ、死刑が確定した。
 夫妻が控訴を取り下げたのは、昭和天皇の逝去による恩赦を狙ってのものだった。昭和天皇の危篤が続いていた頃で、「天皇逝去の大喪の礼や新天皇の即位の礼に伴う恩赦の対象に死刑囚も含まれる」という噂があったのである。刑が確定しないことには対象とならないため、夫妻は控訴を取り下げた。しかし、この噂はデマに過ぎなかった。

 1996年5月、日高は「恩赦があると勘違いして控訴を取り下げた」として、審理再開の申し立てを特別抗告した。しかし、札幌高裁は錯誤はないと審理再開を却下。
 1997年8月1日、札幌刑務所で午前10時に日高が、12時には信子の死刑が執行された。(この日、永山則夫の執行も行われた)


リンク


≪参考文献≫

インパクト出版界 「年報・死刑廃止98 犯罪被害者と死刑制度」 
王国社 「東京の事件 都・市・型・犯・罪・の・ゆ・く・え」 朝倉喬司
角川書店 「57人の死刑囚」 大塚公子
笠倉出版社 「江戸・明治・大正・昭和・平成 日本の女殺人犯101」 日高恒太朗 
彩図社 「判決から見る猟奇殺人ファイル」 丸山佑介
時事通信社 「ドキュメント&データ 保険金殺人」 山元泰生 
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
ジャパンミックス 「猟奇殺人のカタログ50」 CIDOプロ・編 
寿郎社 「北海道の重大事件史」 山田幸一
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「日本の大量殺人総覧」 村野薫
世界書院 「保険金殺人 心の商品化」 室伏哲郎
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 囚人狂物語 殺人犯から銀行員まで――みんなのムショ体験」
日本文芸社 「元刑務官が明かす 女子刑務所のすべて」 坂本敏夫
洋泉社 「極刑を恐れし汝の名は 昭和の生贄にされた死刑囚たち」 原裕司
鹿砦社 「女性死刑囚 十三人の黒い履歴書」 深笛義也


事件録】 【Top