八海事件




【事件概要】

 1951年1月24日、山口県熊毛郡麻郷村八海(おごうむらやかい 現・田布施町)で、早川惣兵衛さん(64歳)夫婦が殺され、現金約1万7000円が奪われた。近くに住む青年・吉岡晃(当時22歳)が逮捕され、当初単独犯行を自供したが、やがて「仲間4人と5人でやった」と供述を一転させた。嘘の自白により逮捕された阿藤周平さん(当時24歳)ら4人は厳しい取調べについ吉岡の供述に合わせる自白をしてしまう。
 裁判では1審、2審と阿藤さんに死刑、他は無期懲役、懲役12〜15年という有罪判決が下された。ところがその後、冤罪を確信した弁護士らの尽力により、事件の真相はあきらかにされていった。


吉岡晃


【老夫婦殺害】

 1951年1月24日、山口県熊毛郡麻郷村に住む経木(※)製造業・吉岡晃(当時22歳)はその日は朝からいらいらしていた。酒代や遊郭の支払いのあてが全くなかったためだった。夜、吉岡はこの日飲み屋で焼酎を飲み、その後焼酎を入れてもらった四合瓶片手に早川惣兵衛さん(64歳)の家に向かっていた。早川さん宅は「ハワイの親類から金が送られてきている」「小金を貯めている」といった噂を前々から耳にしていたので、どうにかして金を盗もうと考えていた。
 吉岡は早川さん宅にうまく侵入したが、どうも震えがとまらないので、紛らわしに焼酎を一気呑みして空瓶を台所に置いた。タンスを物色しようとしていると、惣兵衛さんが目を覚ました。吉岡はとっさに台所にあった薪割り用の斧を手にし、何度も振り落とし殺害した。この様子に気づいた妻・ヒサさん(64歳)は恐怖で体が動かず、「強盗じゃあ」と叫んで布団の中にもぐりこんだ。吉岡はそこへ馬乗りになり、口を押さえて窒息死させた。夫婦殺害後、吉岡はタンスにあった現金1万7000円を奪い取り、速やかに逃走した。

 朝9時ごろ、隣家の人がヒサさん借りていた重箱を返しに早川家を訪れると、ヒサさんが首を吊っているのを目にした。通報により警官が駆けつけると、惣兵衛さんは布団の中でメッタ切りにされており、隣室との間の鴨居で首を吊っていたのも間違いなくヒサさんだった。現場の様子から当初夫婦喧嘩を発端に妻が夫を殺して自殺したものと思われた。
 ところが早川家の戸はすべて内から鍵がかけられていたものの、一箇所だけ羽目板の下の板が剥がされた痕跡があり、また床下には人間が這った跡があった。首吊りも偽装工作で、部屋内を物色した痕跡も見られたことから強盗殺人事件として捜査された。台所には焼酎の匂いの残る四合瓶からは近くに住む経木製造業・吉岡晃元(当時22歳)の指紋が検出された。吉岡が金に困っていたこともわかり、すぐに重要参考人として指名手配された。
 事件から2日後、吉岡は隣りの柳井市内の遊郭で遊んでいたところを逮捕された。

※経木・・・・(1)スギ・ヒノキなどの板を、紙のように薄く削ったもの。物を包んだり手工業の材料にしたりする。鉋掛け。(2)経文を書く幅25cmほどの薄い板。鎌倉末期より行われ、寺へ納めて死者の追善とした。


【厳しい取り調べ】

 捜査陣は現場の様子から複数による犯行と見ていた。こうしたことから吉岡に「共犯者の名を言え」ときつく迫った。吉岡は当初単独での犯行を供述していたが、「1人でやったと言えば死刑になる。だが、他に首謀者がいて、自分はそれを手伝ったに過ぎないと言えば、罪は軽くなる」と思い、阿藤さん(当時24歳)、Bさん(当時23歳)、Cさん(当時21歳)、Dさん(当時22歳)、他1人の計5人の名前を挙げた。

 元々、吉岡と阿藤さんらは遊び仲間で、事件の10日ほど前にも一緒に呑んでいた。その勢いで村内の若い女性のいる家に遊びに行ったが、その途中、吉岡は道端にあった荷車をいたずらでひっくりかえして、積んであった土箱を道に撒き散らした。後日、このことが知れて吉岡は阿藤さんらに同行を求めて、荷車の持ち主に謝りに行ったがなかなか許してもらえなかった。このことから持ち主に酒をごちそうして謝意を表明することになり、阿藤さんが酒肴を借りてきて酒宴が行われた。ところが、吉岡にこの酒代800円を返すあてがなく、ある時阿藤さんに厳しい催促を受けた。吉岡は所持品や盗品を売るなどして工面しようとしたが、たいした値にならず、事件当日のやけ酒、犯行へとつながっていったのだった。

 
 吉岡の自白からまもなく阿藤さんら5人は逮捕された(内1人は釈放)。阿藤さんは三田尻駅前で逮捕されたが、この時数人の刑事のうち1人が「阿藤、とうとうやったのう」と言ってきた。阿藤さんは数件の窃盗歴があり、広島刑務所で服役していたことがあったからだった。前科者ということで、警察は彼の犯行を信じて疑わなかった。
 熊毛地区署に連行され取調べを受けることになった4人にはそれぞれ具体的なアリバイがあったが受け入れられず、吉岡の供述に合う自供をさせられた。なかでも阿藤さんは主犯格に仕立て上げられていた。なんの関係もない4人がなぜ吉岡の嘘の自白に合わせるような供述をしたのか。それは刑事たちの拷問があったからだった。阿藤さんの話によると、警棒で顔や首などを殴られたり、線香の火であぶられたり、ロ―プを首に巻かれ首吊りのように持ち上げられたりされたという。もちろん睡眠なども充分にとることはできなかった。他の4人も同じような暴行を受けていたという。
 こうしたことから30日、阿藤さんはついにあきらめて真実に反する自白をした。この自白の調書が終わると、刑事たちの態度は一変し、「早よう言わんからよ、ひもじかったろう。これでも食え」と言ってうどんを持って来てくれたという。
 
「苦しさのあまり、嘘の自白をしても裁判で真実を明らかにさせればいい」
 厳しい取調べを受ける人間の心理として、冤罪事件にはこういうパターンのものが少なくないが、阿藤さんもまた例外ではなかった。第1回自白調書がとられたあと、裁判官と検察官が来たので、阿藤さんは拷問の跡の傷を見せ、しきりに「無実」を訴えた。ところが彼らは取り合わず、事態は変わらなかった。2人が帰った後、捜査主任に「なぜ、やったという前言をひるがえしたのか」「判事さんや検事さんによく嘘をついたものだ」とスリッパで顔を殴られるなどしたという。

 こうして5人の共同犯行という形で公判は進められていった。


【裁判のゆくえ】

 1953年6月2日、山口地裁岩国支部・藤崎裁判長は阿藤さんに死刑、他4人に無期懲役を言い渡した。

 1954年9月18日、広島高裁・伏見正保裁判長は阿藤さんに死刑、吉岡に無期懲役、Bさんに懲役15年、CさんとDさんに同12年を言い渡した。この後、吉岡1人は上告を取り下げて服役している。

 1審、2審では阿藤さんらの衣服についた血痕を犯行に関わった証拠としてとりあげた。ルミノール及びベンチジン試験の結果、阿藤さん、Cさん、Dさんのズボンなどから血痕の付着が認められたというものだ。吉岡は現場に犯行前の脱糞を含む遺留品を多数残していたが、他4人は犯行に結びつける証拠品は血痕以外に何一つ出てこなかった。この唯一の証拠だけが、4人を追い詰めていた。ところが、この血痕の検査回答書もずさんなもので、改めて行われた実性試験では血痕かどうかさえ不明、という結論になった。唯一の犯行の証拠が、いつのまにか無実の証拠になっていた。

 二審後、阿藤さんは弁護士・正木ひろしに手紙を書いて救いを求めた。正木弁護士は手紙を読み、現地の調査を開始、冤罪を確信した。
 1955年、正木弁護士「裁判官」という本を書き、判決の不当を訴えた。この本はベストセラーになり、さらにこれを今井正監督が「真昼の暗黒」(1956年)として映画化。阿藤さんがモデルと思われる男性が鉄格子を掴みながら「まだ最高裁判所があるんだ」と叫ぶラストシーンは人々に強い印象を与え、空前のヒット作となった(チェコの第9回映画祭「世界の進歩に最も貢献した賞」を受賞)。こうして山口の小さな村の事件は広く知られるようになった。
 一方で1956年に第一審担当裁判長・藤崎判事が「八海事件・裁判官の弁明」を出版し、一審の正当性を主張、正木に応戦した。
 
 1958年10月15日、最高裁・垂水克己裁判長は二審を破棄、差し戻しとした。
 
 阿藤さんの内妻だったM子さんという女性は、「自宅で寝ていた」と阿藤さんのアリバイを主張していたが、死刑が言い渡された2審後には彼の将来に自信を失い、別の男性と再婚して子どもを産んでいた。再婚相手は始めのうちこそ妻の出廷を認めていたが、度重なる妻への呼び出しに離婚することに決めた。最高裁判決が出る頃にM子さんは3度目の結婚をしていたが、この時も警察と検事の呼び出しに夫は不快感を示した。
 1958年10月に差し戻し公判が始まったが、この年の11月10日に突然M子さんは偽証容疑で逮捕された。勾留されて8日目にM子さんはついに証言を翻し、阿藤さんのアリバイを否定する新証言を行なった。子どもを家に置いたままの勾留はM子さんにとって苦しいものだったからだった。M子さんが保釈されたのは12月3日になってからだった。

 1959年9月23日、第4審第1次差戻審で広島高裁・村木友市裁判長はM子さんの新証言を採用せず、4人に無罪判決。しかし、この判決に検察側が上告。再び差し戻し審となった。

 1962年5月19日、第5審第2次上告で最高裁・下飯坂潤夫裁判長は4審を破棄、差し戻しとした。

 1965年8月30日、第6審第2次差戻審、広島高裁・河相格次裁判長は阿藤さんに死刑、Bさんに無期懲役、CさんとDさんに懲役12年を言い渡した。
 
 吉岡は公判でも嘘の証言を続けていたが、第3次上告審から「阿藤らは無関係。自分の単独犯行」とする内容の上申書を計17通最高裁などに出していたが、いずれも服役していた広島刑務所でストップされたまま届かなかった。
 
 1968年10月25日 第7審第3次上告 最高裁・奥野健一裁判長は全員に無罪を言い渡した。こうして事件から17年、有罪・無罪が4転するという長い裁判は終わった。阿藤さんらはすでに41歳〜38歳という年齢になっていた。

 1971年9月 吉岡は広島刑務所を仮出所。阿藤さんらに懺悔の旅に出た。計35冊の手記を書き、デッチ上げの真相をまとめた。


 奥野判決は、全く、天晴れである
 これは、単に阿藤君らの命を救ったのではない
 実に日本の裁判の命をも救ったのである

 (「八海事件獄中日記」より 主任弁護人・佐々木哲蔵氏の言葉)



リンク

田布施町の位置
http://map.yahoo.co.jp/address/35/index.html


≪参考文献≫

朝日新聞社 「八海事件獄中日記」 阿藤周平
イクォリティ 「現代 再審・えん罪小史」 竹沢哲夫 山田善二郎・編著 
岩波書店 「日本の刑事裁判 ―冤罪を生む構造−」 青木英五郎
岩波書店 「誤った裁判 ―八つの刑事事件―」 上田誠吉 後藤昌次郎
旺文社 「弁護士」 正木ひろし 
學藝書林 「ドキュメント日本人10 法にふれた人」 谷川健一・鶴見俊輔・村上一郎責任編集
学習研究社 「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
光文社 「検察官 神の名において、司法殺人は許されるか」 正木ひろし
講談社 「昭和 二万日の全記録 第9巻 独立-冷戦の谷間で」
講談社 「犯罪の心理学 なぜ、こんな事件が起こるのか」 中村希明 
作品社 「犯罪の昭和史 2」 作品社・編
三一書房 「無実 冤罪事件に関する12章」 後藤昌次郎・編
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新風舎 「激動昭和史 現場検証 戦後事件ファイル22」 合田一道 
第一法規出版 「戦後政治裁判史録2」 田中二郎 佐藤功、野村二郎・編
大同書院 「真昼の暗黒 八海事件15年と今後」 原田香留夫 佐々木静子
宝島社 「別冊宝島 戦後未解決事件史 ―犯行の全貌と『真犯人X』―」
宝島社 「日本の『未解決事件』100」
中央公論社 「八海事件 有罪と無罪の十八年」 正木ひろし
中央公論社 「法医学のミステリー」 渡辺孚 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
図書出版会 「拷問 権力による犯罪」 森川哲郎
一粒社 「八海事件 裁判官の弁明」 藤崎ラ
一粒社 「証拠 続・八海事件」 藤崎ラ
文芸社 「検証冤罪 隠されたか、日本の恥部 第二部」 中山雅城
労働旬報社 「八海事件十八年 冤罪の谷間」 刊行委員会編


【【事件録】 【Top