つくば母子殺害事件




【事件概要】

 1994年11月、横浜市鶴見区の京浜運河からビニール袋に入れられ、重しがつけられた3人の遺体が発見された。遺体は茨城県つくば市の女性と子ども2人のもので、まもなく夫で医師の野本岩男(当時29歳)が逮捕された。


野本岩男


【運河の底】

 1994年11月3日、横浜市鶴見区の京浜運河からビニール袋に入れられ、重しがつけられた女性の遺体が発見された。さらに7日には小さな女の子がも見つかった。
 8日、3人は茨城県つくば市に住む主婦・野本E子さん(31歳)、長女・M子ちゃん(2歳)と判明。また長男・Y君(1歳)も行方不明となっていた。3人については、夫であり父親である総合病院の医師・野本岩男(当時29歳)から捜索願が出されており、彼は「家族が失踪する理由にまったく心あたりがない」と話していた。
 12日には横浜港近くの海でY君の遺体が見つかった。無惨にも家族3人が殺害されていたのである。

 25日未明、野本は逮捕される。E子さんと口論になり、カッとなって殺害し、2人の子どもも殺害したのだという。


【野本岩男】

 野本は茨城県内の農家に次男として生まれた。
 筑波大学医学部を卒業。
 事件当時は、総合病院の内科医局長を務めており、年収も1300万ほどあった。

 殺人を犯した彼に対する友人や上司の印象は悪くない。友人達は「ひとことでは言えないが、良い奴です」、病院の医局長も「事件は残念だが、彼には感謝している」と語った。野本は外国人労働者に「治療してあげたい」と申し出たり、入院費が払えない患者について「分割で入院させてやってほしい」と頼んだりしていた。後の裁判では3000を越える減刑嘆願書が届けられている。

 やがて野本はE子さんと出会い、結婚している。しかしE子さんが妊娠すると、野本はなぜか中絶させている。長女は2度目の妊娠で生まれた子どもだった。
 野本は結婚生活2、3日目にして後悔し始めていた。年上の妻に巧く騙されていたのではないか、と思ったのである。

 1993年5月、野本はつくば市に1戸建ての家を借りた。ゴールデンレトリーバーを飼い、傍目には絵に描いたような幸せな家庭だったが、実際は野本の浮気、妻の借金、子供の教育問題などで夫婦喧嘩が絶えない状況だった。


【家族生活の終焉】

「私と一緒に寝るのが嫌なの!」
 1994年10月29日早朝、ソファで寝ていた野本はE子さんに起こされた。ムッとした野本は散らかったままの部屋を指して、アルバイトのために育児や家事を放ったらかしにしていることを指摘、今度はE子さんが野本の女性関係を持ち出してきて、「病院に話をして2人とも辞めさせてやる」と言った。

 午前5時30分頃、沈黙ののち、E子さんは包丁とロープを持ち出してきた。
「そんなに嫌いなら、私を殺してください」
 野本はE子さんの首をロープで絞め殺した。さらに「父親が殺人者だと不憫だから」と長女(2歳)と長男(1歳)も手にかけた。

 野本はその日はいつも通りに出勤している。勤務を終えてからは新宿歌舞伎町のストリップとソープランドで楽しんだのち、翌早朝に横浜市鶴見区の首都高速大黒埠頭非常駐車場から3人の遺体を鉄アレイを重しにして海に投げ捨てた。埠頭に向かう間は、車の中で子供をあやす時に歌っていた童謡の替え歌を涙しながら歌っていたという。一方でその翌日には愛人の看護婦(当時25歳)と行く北海道旅行の予約を入れていた。

 妻子の遺体が発見されると、愛人には「警察が来ても知らないと言っていい」と口止めし、周囲には失踪した妻子を心配している夫を演じていた。
 

【裁判】

 公判では野本の父親がこう証言している。
「息子は小学校時代から非常に学校の成績がいい子でした。親に叱られたことは一度もない、良い子だったんです」
 小学校時代の恩師も同様の証言をしている。

 1996年2月22日、横浜地裁は無期懲役判決(求刑死刑)。裁判長は判決の後、野本に「君にひとこと言っておきたい」と声をかけた。
「君が約5年にわたって医師として活動してきて救った命よりも、奪った命の方がはるかに重く、救われた患者の喜びよりもはるかに深い悲しみを作った。君のこれからの生き方は、3人の6つの目が厳しく見守っている。それを考えて生涯を送るように」

 1997年1月30日、 東京高裁、控訴棄却。野本は1度は上告したが、取り下げて刑は確定した。


リンク


≪参考文献≫

アスペクト 「特集アスペクト38 実録 戦後殺人事件帳」
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
コアマガジン 「実録戦後タブー犯罪史 弱者を餌食にした卑劣な殺人鬼たち」
講談社 「現代の犯罪心理 バラバラ事件からカルト集団の犯罪まで」 中村希明
彩流社 「世紀末事件ファイル23 時代を歩く」 松垣透
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新潮社 「殺人者はそこにいる」 新潮45編集部・編
宝島社 「別冊宝島 隣りの殺人者たち」 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
毎日新聞社 「事件記者の110番講座」 三木賢治
澪標 「女性記者奔る いまだから話せるこの事件、あの話」 三浦春子
ミリオン出版 「別冊ナックルズ 昭和三大事件」 
ミリオン出版 「殺人現場を歩く」 蜂巣敦・著 山本真人・写真
 

事件録】 【Top