東大技官タリウム事件




【事件概要】

 91年2月、東大付属の動物実験施設に勤める男性技官Nさん(38歳)が病院で死亡した。Nさんは前年から不調を訴えており、遺体からはタリウムが検出された。
 2年半後、同僚技官I(当時44歳)が殺人容疑で逮捕された。


技官I


【ある技官の死】

 91年2月14日午後5時59分、東京大学医学部付属動物実験施設(文京区)の技官Nさん(38歳)が、病院で腎不全のため死亡した。

 Nさんは前年12月13日に、仕事を休んで府中市の整形外科の診察を受けていた。
 Nさんが訴えるには、両手足の痺れがひどく、身体が激しく痛むというらしく、医師は多発性神経炎と診断した。
 Nさんはその後都立神経病院に転院したが、年が明けて容体が悪化していた。重金属中毒の症状を起こしていたのである。

 Nさんが「毒を飲まされたようだ」と言い残していたこともあって、医師は念の為警察に通報。司法解剖されたNさんの臓器からタリウム化合物が検出された。

 タリウムは1861年にイギリスのウィリアム・クルークスとラミーによって、硫酸工場の鉛室の泥中で発見された。
 重金属の毒で、鉛や水銀に近いが毒性はさらに強い。色は銀白色であるが空気にふれるとすぐ酸化されて灰色となる。致死量は0.2〜1g。無味無臭で水に溶けやすい。飲んでもすぐには症状は出ず、だいたい数日から10日後に、手足に痺れや痛みを生じさせる。また神経炎、神経痛、肺炎、発疹チフス、アルコール中毒などと間違われやすいという恐るべき毒物である。
 かつて日本では硫酸タリウムを砂糖、でん粉、グリセリン、水でこねて殺鼠剤に使われた。また女性の除毛剤としても売られていたこともある。
 70年代に欧米で使用禁止となったタリウムは、日本でも日常的に使われることはなくなり、現在では医局の試薬、特殊ガラス・人工宝石の製造などに使われる。

 Nさんは農業科の高校から、動物飼育会社を経て、この施設に勤務していた。技官と言っても、仕事の内容は犬100匹の世話と、実験の後片付けである。最初はアルバイトだったが、動物好きのNさんにとっては良い仕事で、後で正式に採用された。

 勤めていた実験動物施設では、以前にもコーヒーの缶にタリウムが混入されるということがあった。この施設では滅菌用に常備されていたのだ。さらに酢酸タリウム1瓶25g入り)が紛失していることもわかった。
 職場はNさんの他にもう1人動物の世話をする技官がおり、事務職、研究職、施設長(教授)、アルバイトを含め十数人が出入りしていた。内部の人間なら誰でもタリウムを混入するチャンスはあったのだが、当初はNさんの自殺自演という噂もあった。Nさんが「入退院を繰り返せば入院保険金が入る」と話していたことから、保険金目当てで飲むうちに、量を間違えたのではないのかというのだ。


【憎しみは毒に込めて】

 事件から2年半。93年7月22日、同僚のI技官(当時44歳)が殺人容疑で逮捕された。鑑定に出していた施設保管のタリウムと、遺体から検出されたタリウムの成分比が一致したことを受けての逮捕だった。

 Iは日本獣医畜産大学卒業、東大医科研、国立予防衛生研などで家畜の微生物の研究を経てこの施設に採用された。以前の施設長に誘われたからで、ここで動物実験施設でマイコプラズマの分離に関する研究プロジェクトに入った。この時にタリウムについて熟達している。だがその教授が退職し、別の教授が赴任すると、Iは次第に研究よりかは実験動物の管理を任されるようになった。
 ちなみにIは75年4月にこの施設に採用されており、Nさんがアルバイトとして入ってきたのはその半年後のことである。

供述
「後輩のくせに、仕事のことでいくら注意しても無視するので、長年、鬱積したものがあった」

 IはNさんの先輩であり、年上でもある。同じ技官という立場だが、獣医であるというプライドもあった。2人とも勤務態度は真面目であったが、Nさんの方は職場の行事には一切参加せず、挨拶もろくにしないことがあるなど、人付き合いの方に問題があった。Iはそうした態度を度々注意していたのだが、そのたび無視されたという。
 またNさんが施設を事務所がわりに中古車の仲介アルバイトをしているのを知り、「公務員の副業は禁じられている」と忠告したが、これもことごとく無視され、結局Iは上司に知らせたのだが、このことで2人の関係はさらに悪化した。

供述
「長年仲が悪く、10年ほどまえからタリウムを飲ませるチャンスを狙っていた」

 Iは85年頃からNさんのタオルにタリウムをふりかけるなどしていた。
 そして90年春頃から、Nさんの飲みかけの茶碗などにタリウムの粉末を入れたが、異臭を気づかれ、ことごとく失敗した。
 同年4月、Nさんは「コーヒー豆の缶に、何か白い粉が入っています」と施設長に見せた。この粉がタリウムとわかって大騒ぎとなったが、誰も通報などはせず、「悪質ないたずら」として片付けられた。

 この一件位後も、Iはタリウム混入を企て続けたが、Nさんの方が疑心暗鬼になり、食事や飲み物にも気を使うようになり、部屋の鍵も取りつけた。

 だが90年12月中旬、今度は巧妙に、タリウムを水に溶かして無味無臭の水溶液を入れた。そしてNさんは欠勤、そのまま入院生活となった。
 Iにとっては、10年来の憎しみがようやくはらされた瞬間だった。さらにタリウム入りのお茶の缶をNさん専用の冷蔵庫にいれておくなど、自殺に見せる偽装工作も行った。

 逮捕まで2年半あったものの、Iは当初から疑われていた。仲が悪かったことも職場の人の知るところであったし、タリウムを扱うのは大抵Iだったからだ。
 東大施設という事件の舞台のわりに、安易な計画、軽々しい動機の犯行だった。


【裁判】

 95年12月19日、東京地裁、Iに懲役11年の判決。

 96年11月21日、東京高裁、控訴棄却。

 00年6月8日、最高裁、上告棄却。

 02年4月15日、Nさんの遺族が約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁・山名学裁判長は、「東大側の安全管理に過失があった」として、6684万円余を支払うよう命じた。

 05年、静岡県内の女子高生が、母親にタリウムを飲ませるという事件が起こった。日本犯罪史上、福岡大学病院事件、東大技官事件に次いで3例目のタリウム事件だった。


リンク


≪参考文献≫

角川書店 「ニッポン列島毒殺事件簿」 植松黎
データハウス 「毒物犯罪カタログ」 国民自衛研究会
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
二見書房 「日本中を震えあがらせた恐怖の毒薬犯罪99の事件簿」 楠木誠一郎
毎日新聞社 「事件記者の110番講座」 三木賢治


事件録】 【Top