少年ライフル魔事件




【事件概要】

 1965年7月29日午前11時ごろ、神奈川県座間町の松林で、無職の少年・片桐操(当時18歳)が空気銃で雀を撃っていたところ、警官に尋問されライフル銃で射殺。この警官の制服やピストルなどを奪って、新たに駆けつけた警官2人にも発射した。
 片桐はこの後、人質を奪い逃走、渋谷の鉄砲店に立てこもったが、午後7時過ぎに逮捕された。


片桐操


【片桐操 ―銃に魅せられた少年―】

 片桐は1947年に東京世田谷区に4人兄弟の末っ子として生まれた。
 小学生の時から銃や兵器に興味があり、ミリタリー雑誌「丸」を愛読していた。成績は芳しくなかったが、体格は良く、腕相撲ではクラスの1、2番を誇っていた。
 小学校4年の時に母親が他界し、その1年後に父親は後妻をとるが継母ともうまくやっていた。

 中学3年の時、父親は4500円もする玩具の銃を買い与えている。父親も戦時中は陸軍上等兵であり、息子の銃の趣味に無理解ではなかった。それでも「いつか本物の銃を買う」という息子に、「10万円くらいの銃ならいつでも買ってやる。しかし、間違っても銃で人を殺すな。そんなことがあったら殺すよりまず自分が死ね」と言い聞かせていた。

 7歳上の長姉が、中学卒業祝いを兼ねて、3万5000円のライフル銃と4000円の照準器を贈った。このライフル銃は22口径の5連銃で「マスターライフルNO3」というものだった。所持許可は18歳未満では認められないため、長姉が自分名義にしておいた。

 中学卒業を前に、家族は進学を勧めるが、金がかかるという理由で遠慮。自衛隊に志願するも試験で落ちた。この結果にひどく落胆しているようだったという。
 それで自動車修理工見習いとなるがしばらくして辞め、64年11月から国内航路のタンカーのコック見習いとなった。給料は2万円ほどだったが、帰宅できるのは月に1日だった。
 
 64年4月15日、この日は片桐の18歳の誕生日だったが、40日間の有給休暇をとった。自宅に戻った片桐はライフル銃を自分名義に替え、さらにこつこつと貯めていたお金でロイヤル鉄砲店へ行き、4万円の「水平2連式散弾銃12番」と、2万円ほどのスチール製の銃ケースを購入した。
 銃の扱いは病的なほど丁寧だった。4、5時間かけて油雑巾で磨いて手入れし、「指紋がつく」ということで家族の誰にも触れさせなかった。集に1回は横浜か八王子の射撃場に出かけていた。父や兄が酒を勧めても、「酒や煙草は体の成長を止めるから嫌だ」と拒否した。

 やがて休暇の40日が過ぎたが、片桐は出勤しようとはしなかった。実は有給期限の過ぎた5月22日に家族に内緒で退職していた。


【銃撃】

 7月29日、片桐はなぜか銃禁止区域の神奈川県座間町内の松林において空気銃で雀を撃っていた。射撃場以外で撃つのはこれが初めてだった。まもなく「子どもが銃を撃っている」という110番通報が大和署にあり、田所康雄巡査(21歳)が急行した。

「何をしている?持っているものを見せろ」
 駆けつけた田所巡査は片桐を呼びとめた。片桐はこれにムッときたのか、脅かすつもりで銃を発射したが、引き金を引くのが早すぎて巡査の胸に命中させてしまった。巡査は倒れながら、ピストルを撃とうとするが片桐は銃の台じりでこれを振り払い、巡査のピストルと制服、警察手帳を奪った。このことで箍がはずれたのか、片桐はこの後凄まじい暴走を続けることになった。
 しばらくして谷山幸広(当時27歳)、菅原紀雄(当時23歳)両巡査がパトカーで到着する。現場には田所巡査が倒れていた。その時、警察のズボンを履いた片桐が草むらから飛び出してきて、谷山巡査に銃口を向けながら「ピストルをよこせ」と命令。そして2人に1発ずつ発射して逃走した。菅原巡査は腹部を撃たれ重傷を負ったが、谷山巡査の方はベルトのとめ金に弾が当たり、奇跡的に無傷だった。

 警察官になりすました片桐は現場付近の菓子店に向かい、この家の女性(当時26歳)に「なにか来ませんでしたか」と質問して、向かいの宮坂福太郎さん(当時33歳)方を訪れ、「警察の者だ。近くで撃ち合いがあり、犯人を追っているので車を貸して欲しい」と要請した。宮坂さんの運転するマツダ軽自動車の後部座席に乗り込んだ。車は町田市に向かい、途中、宮坂さんが「交番に寄ってみてはどうですか」と問いかけるが、片桐はあいまいな返事をした。
 12時過ぎ、連絡を受けていた町田署の警官が、この車を止めようと拳銃を引き抜いた。宮坂さんは車を降りたが、片桐も後を追って飛び降り、宮坂さんにピストルをつきつけ、じりじり後退した。そこへ谷川英雄さん(当時30歳)の運転するトヨペット・ニューコロナが偶然近くに停車した。片桐は宮坂さんを突き放し、この車の後部座席に乗り込んだ。カーラジオでは警察官2人が撃たれて重傷というニュースが流れていた。
 続いて片桐は川崎市の稲田堤でセドリック・ライトバンに乗り換え、谷川さんに運転をさせた。

 午後1時過ぎ、神奈川県警は本格捜査を開始。機動隊パトカー6台、警らパトカー7台、交通機動隊白バイ85台、交通パトカー16台を動員し、33ヶ所に検問所を設けた。その頃、片桐は多摩川を渡って調布市に入り、そのまま小金井公園に着いた。午後2時過ぎのことである。この公園で停車中のセドリックを乗っていた男女ごと奪い、またも谷川さんに運転させ渋谷に行くように命じた。人質3人を乗せた車が武蔵野市、三鷹市を通っている間、ニュースで3000人の警官が検問にあたっていることを知る。
「3000人対1人か・・・」
 片桐はそうつぶやいた。この後、気分の悪くなった人質のうち女性を代々木上原付近で解放している。

 午後6時ごろ、渋谷区内をぐるぐる出入りしたのち、同区北谷町にある「ロイヤル鉄砲火薬店」前で停車させた。片桐は人質2人を車中に残して、同鉄砲店に入った。
 片桐はまずピストルを取りだし、「みんなそっちへ並べ!」と命令した。当時店内には店員3人(男性1人、女性3人)とそのうち1人の店員の妹がいて、少年のいたずらだろうと思って笑っていたが、その銃がすぐに本物だと気づくと、弾薬庫の扉を開けさせらた。片桐は弾を詰めこみ雨戸や天井などを撃ちまくった。まもなく警察官が店のまわりを包囲し、現場付近を走る山手線は止まった。テレビカメラも立てこもり事件の一部始終を撮りつづけ、何時の間にか3000人の人だかりができていた。

 午後7時18分、第1機動隊が催涙弾を放ち、店内には白煙に包まれる。片桐は人質を盾に裏口から飛び出すが、隙を見て男性店員がライフル銃の銃身で片桐の頭部を殴りつけた。片桐はなおもライフルを撃ったが、5人の警察官によって取り押さえられた。

 取調べに対して片桐は次のように話した。
「色んな銃を撃ちまくることができて、たまっていたものを全部吐き出せスカッとした気分だ。どうせ刑務所に入るんだろうから、代わりにベトナムに行きたい。ベトナム戦争で好きなガンを思いっきり撃つことができるのなら死んでもいい」


【裁判】

 67年4月、横浜地裁で無期懲役判決。

 68年11月、東京高裁は「人格のひずみによる残虐さは強制出来ない」と一審判決を破棄、死刑を言い渡す。

 一、二審とも片桐は公判で「銃への魅力は今尚つきない。将来、社会へ出て、再びこのように多くの人に迷惑をかけることのないような刑、死刑にして欲しい」と主張している。

 69年、最高裁は二審を支持し、死刑が確定した。

 1972年7月22日、死刑執行。片桐操、享年25。執行の直前、片桐は最後の頼みを教誨師に申し入れている。
『僕は親不孝の許しを乞い、被害者の方の冥福を祈りながら静かに死んでいきます。でも、ぼくのような人間が、2人と出ないよう、この社会から2度と出ないように、この最後のつらさ、苦しさの心境だけは若者たちに伝えてください。自分との闘いに負けた人間の最後のあわれな姿が、自分をして、自分で自分の首を絞めるようなもので、こんな人間にだけはなるなと教えてやってください。先生、死刑囚んあった人間の教誨より、罪を犯さない人間を育てるために教誨をして下さい。これが、僕の最後の頼みです』

 そして遺書の最後には、こう綴っていた。

 天気晴朗なれど心波高し
 


リンク


≪参考文献≫

学習研究社 「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
角川書店 「死刑囚の最後の瞬間」 大塚公子
講談社 「戦後欲望史 黄金の六○年代篇」 赤塚行雄
講談社 「歴史エンタテインメント 昭和戦後史 中 経済繁栄と国際化」 古川隆久
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」 
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「事件のカンヅメ」 村野薫
青林工藝社 「日本の殺人者」 蜂巣敦
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編 
図書出版社 「増補版 事件百年史」 楳本捨三 
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 高度成長 ビートルズの時代 1961-1967」


事件録】 【Top