上野・小4児童による小2突き落とし事件




【事件概要】

 1979年10月11日、東京上野で小学2年生の女児(7歳)が、同じ学校の4年生・A子(当時10歳)に13階建てのマンションの屋上から突き落とされて死亡するという事件が起こった。


A子


【無惨】

 1979年10月11日午後4時20分頃、台東区の電電公社社員Iさん(当時41歳)の長女で小学2年生のY子ちゃん(7歳)は友達と二人で書道塾に出かけた。前日の体育の日、恒例の運動会が行われ、この日は振り替え休日となっていた。平日のため、中学校の教師をしていた母親も出ており、Y子ちゃんは一人で過ごしていた。

 書道塾は自宅から歩いて5分ほどのアパートの一室にあった。毎週木曜日の午後3時から一時間半の稽古。Y子ちゃんはいつもと同じように熱心にとりくみ、4時20分に友達3人と一緒に塾を出た。

 しかしY子ちゃんは夜になっても家に戻らず、両親は思い当たる場所を探しまわり、8時頃に捜索願を出した。この日のうちにY子ちゃんの通う小学校の校長や先生たちも捜索に参加したが見つからなかった。

 同日午後11時10分、台東区池之端2丁目の永谷マンションのブロック塀とプレハブ倉庫の隙間で、女児がうつぶせに倒れて死んでいるのを捜索にあたっていた近所の人が発見した。女児はY子ちゃんであった。Y子ちゃんの遺体のすぐ脇には手ぬぐいが落ちており、それで両手を縛られていたのか、Y子ちゃんは両手を前に組んでいた。

 12日、Y子ちゃんと同じ小学校の4年生・A子(当時10歳)が補導された。A子はY子ちゃんと同じ書道塾に通っており、Y子ちゃんと二人で書道塾を出たことと、Y子ちゃんと殺害現場となったマンションの中に入っていく姿の目撃者がいたことから事情を聞かれていた。A子ははじめ、「白い車がY子ちゃんを連れて行ったの」と証言していたが、この嘘はすぐにバレてしまった。


【A子について】

 父親は生まれる前に離別。母の戸籍に入れられていたが、勤めがあるため、生後2ヶ月の頃に近所の農家の老夫婦家に預けられた。老夫婦宅では豆腐とご飯だけという食生活で、実母とは月に数度ほどしか会えなかった。
 続いて実母の知り合いの家に預けられたが、この頃には親と仲良く手をつないで歩いているよその子どもにツバを吐きかけるなど、荒れた一面を見せ始めていた。

 事件の1年ほど前、養父がガンで死亡したことから、実母に引き取られ、事件のあったマンションで2人で暮らし始めた。母親はマッサージ業をしており、夕方から夜にかけて治療所に出勤するため、A子は学校から帰ると一人で過ごしていた。A子が一人でマンションの屋上で絵を書いていたり、景色を眺めているのを同マンションに住む人がたびたび目撃していた。食事は母親に与えられた1000円で一人で済ましていたという。近所の人の話によると、A子は同じ年頃の子供に溶け込んでいくことはほとんどなかったという。

 A子とY子ちゃんは書道塾を通じて知り合った。塾ではA子は最年長で、下級生に筆の洗い方を教えるなど、優しかった。しかし、下級生をかわいがる時と、冷たく突き放す時の差が大きかったという。


【殺害】

 書道塾を終えたA子は帰りにY子ちゃんを自宅に招いて遊んでいた。Y子ちゃんがA子の家に遊びに来るのはこれまで2、3回あった。この時、Y子ちゃんが「A子ちゃんのクラスは(昨日の)運動会で負けてばかりいたじゃない」と何気なく言った。この言葉にA子は強い怒りを覚えたという。

「上で遊ぼう」
 A子はY子ちゃんを13階建てのマンションの屋上(35.2m)に連れていった。そこでA子はY子ちゃんを持ち上げ、高さ1.4mの柵を乗り越えさせ、幅1mほどのひさしの上で、自宅から持ち出した手ぬぐいを使ってY子ちゃんの両手を縛ったうえ、タオルを首に巻きつけ、背中を強く押して突き落とした。

 A子の話によると、両手を縛って屋上から突き落とすというのはドリフターズの番組を見て真似したというもので、いかりや長介が縛られて突き落とされるコントがあったという。これを受けてドリフ側は「そんなシーンはなかった」と関連を否定した。

A子の話
「自分のクラスの運動会の成績が悪いと言われ、こらしめてやろうと突き落とした」


リンク


≪参考文献≫

朝日新聞 (79年10月12日付 他)
笠倉出版社 「江戸・明治・大正・昭和・平成 日本の女殺人犯101」 日高恒太朗 
グロビュー社 「ぼく殺しちゃった 小学生殺人事件」 林晴生
講談社 「戦後欲望史 転換の七、八〇年代篇」 赤塚行雄
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新潮社 「新潮45 06年8月号」
立花書房 「少年の暴力」 兼頭吉市・編
平凡社 「『犯罪』の同時代史」 松本健一・高崎通浩


事件録】 【Top