城丸君事件




【事件概要】

 1984年1月10日、札幌市豊平区の小学4年生・城丸秀徳君(当時9歳)が行方不明となった。
 事件が動くのは88年6月、空知支庁新十津川町の農家の納屋から子供の骨が出てきた。骨は城丸君のものと見られたが、この家のK子という女は関わりを否定した。

 98年11月15日、DNA鑑定の結果、子供の骨は城丸君のものであると断定され、K子は逮捕された。これで事件が解決したかに見えたが・・・・。


―――――――――


【呼び出された少年】

 1984年1月10日午前9時35分頃、札幌市豊平区の会社役員の次男で小学4年生の城丸秀徳君(当時9歳)は自宅にかかってきた電話を受け、「ワタナベさんのお母さんが僕の物を知らないうちに借りた。それを返したいと言っている」と言って、家を出ていった。

 しかし、城丸君はいつまでたっても帰らない。
 14日から公開捜査が始められるが、城丸君の行方はわからなかった。

 家族によると、電話は女性の声で、たまたま城丸君が電話をとり、そのまま話し続けた。他の家族はリヴィングにいたという。なお、家族の中で「ワタナベ」という姓の人物に親しい間柄のある人はいなかった。訳のわからないことを行っていた城丸君に対して、母親は心配になり、小学校6年の兄に「一緒に行ってやって」と頼んだが、兄は城丸君を見失ってしまった。


 88年6月、K子が以前に住んでいた嫁ぎ先の空知支庁新十津川町の農家の納屋で遺骨が発見された。道警は遺骨は城丸君のものであるという見方をしたが、当時の技術では断定できずに捜査を打ちきった。
 
 時効(99年1月)も間近に迫った98年11月、DNA鑑定で遺骨は城丸君のものと断定。同月15日、K子が逮捕される。


【灰色の女】

 K子は日高地方のある町で生まれ、中学卒業後は集団就職で上京。まもなく北海道に戻り、登別温泉のホテルで働いていた。
 再び上京して、26歳の時に結婚。だが結婚生活は1年しか続かなかった。

 K子は84年1月当時、離婚して札幌市豊平区のアパートに長女(当時1歳)と住み、高級クラブのホステスをしていた。このアパートは城丸君方と100mほどしか離れていなかった。
 この時、K子は700万円以上の負債を抱えており、そのうち636万円の返済を迫られていた。

 事件当日、近くの小学生がK子のアパートの階段を、城丸君が上っていくのを見たと証言した。
 その夜には近所の人が、K子が大きな段ボール箱を抱えて出ていくのを見ている。
 K子は城丸君の訪問を認めたが「付き合いはない、近辺の家と間違えたらしく、すぐ帰った」と答えた。K子はそれから3週間後に引っ越していった。

 86年5月、K子は空知管内新十津川町の農業自営のWさん(当時36歳)と結婚。翌年末、突然の火災で母家が焼け、この男性は焼死している。Wさんには1億9千万円の生命保険がかけられており、階下で寝ていたK子は預金通帳と生命保険関係の書類一式を入れたカバンを持って隣家に助けを求めていた。

 88年6月、Wさんの弟が延焼をまぬがれた納屋の整理をしていると、ポリ袋に入れられた骨片を見つけ、警察に届け出た。
 鑑定した結果、この骨片は火葬された子供の骨と判明。城丸君のものである可能性が高いとして、K子から事情をきいたが、「そんな骨は知らない」と言うだけだった。当時の鑑定技術では城丸君のものと断定することは不可能だったため、その他に決めてはなく、限りなく「灰色」のまま、捜査は打ち切られた。

 K子はこの後、静内町に引越し、3度目の結婚をしたが、離婚している。


【裁判】

 公判が始まって、K子は起訴事実を否認した後、黙秘を続けた。

 検察側がK子による犯行とする根拠として次のような点がある。
・城丸君に最後に接触していた。
・秀徳君や家族以外に犯人しか知り得ない、誘い出すときの名前「ワタナベ」を知っていた。
・男児用の学童机を購入したり、毎日のように仏壇で手を合わせるなど、秀徳君の供養をしていた。

 こうした検察側の質問に対して、K子は「お答えすることはありません」とお決まりの返答をし続けた。その回数は400回にもなる。

 01年5月30日、札幌地裁・佐藤学裁判長は「被告人が重大な犯罪によって死亡させた疑いが強いが、死因が特定できず、明確な動機も認められないことなどから、殺意があったとするには疑いが残る」と工藤に無罪(求刑・無期懲役)を言い渡した。検察側は控訴。

 02年3月19日、札幌高裁・門野博裁判長は「重大な犯罪で城丸君を死亡させた疑いが強いが、殺意をもって死亡させたとするには合理的な疑いが残る」として控訴を破棄。28日には検察は上告を断念、K子の無罪は確定した。
 3月31日、佐藤学札幌地裁総括判事が依願退官。冤罪が噂される「恵庭OL殺害事件」の地裁裁判長も担当しており、何かと噂される。

 5月2日、K子は補償金1160万円の支払いを国に求める請求を札幌地裁に起こす。


リンク

前田尚一法律事務所 「『城丸君事件』の不可解」
http://www.smaedalaw.com/011122.htm


≪参考文献≫

河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新潮社 「殺人者はそこにいる」 新潮45編集部・編
宝島社 「別冊宝島 実録完全犯罪 暴かれたトリックと意外な『真犯人』」
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
ワニマガジン社 「消えた殺人者たち 誰が彼、彼女を殺したか?」 


 

事件録】 【Top