世田谷・2歳児餓死事件




【事件概要】

 1975年5月8日、東京・世田谷区の三井銀行本店企画室次長H(当時42歳)が、妻の出産留守中、身体障害を持つ次女(2つ)を餓死させたとして逮捕される。Hは執行猶予付きの判決を受けたが、鉄道自殺した。


――――――――


【ベビーベッドのそばで】

 1975年5月8日、東京・世田谷区祖師谷の三井銀行本店企画室次長H(当時42歳)が、重い障害を持つ次女A子ちゃん(2つ)を餓死させたとして成城署に殺人容疑で逮捕された。妻が出産のため、入院中の事件だった。

 この日の朝、HはよくA子ちゃんを診てもらっていた昭和医大小児科の医師に「次女が死んだ。相談したい」と電話をし、午後4時過ぎに遺体を抱いて病院にやってきた。その遺体を不審に思った医師がHを呼び出し、午後5時ごろには「遺体に不審な点がある」と成城署に連絡を入れた。

 成城署で事情を聞かれたHは
「将来、親に万一のことがあったとき、この子の面倒を誰が見てくれる。心を鬼にして放っておいた」
 と大粒の涙を流して自供した。


 Hは1956年に東大法学部を卒業し、三井銀行に入った。この経歴だけ見ても極めて優秀な人物であることがわかるが、加えて仕事も出来、同期入社組の中でも出世が早かった。5月1日の内示で、20日付で府中支店支店長への栄転することになっており、この頃は引き継ぎやあいさつ回りをしていた。

 5月1日、妻(当時37歳)が女児を出産した。出産予定日は5月16日で、半月早まったことになる。
 妻の入院中、Hが子供たちの面倒を見ることになった。Hは小学6年の長女に「絶対に寝室には入るな」と言いつけて出勤し、夜はベビーベッドのそばでA子ちゃんと一緒に過ごしていた。
 

 逮捕時の新聞記事には次のような文が並んでいる。

「2歳になる知恵遅れの幼女を寝室のベビーベッドに十日間も閉じ込めて餓死させた父親が8日夜、東京・成城署に殺人の疑いで緊急逮捕された」

「(障害のため)いまだ両親の区別もつかず、Hは悩んでいたという」

「先月29日からA子ちゃんを2階寝室のベビーベッドに入れたまま水も食事も与えずにいた」

「3、4日目にはチューチューと音を立てて指をしゃぶっていたが、心をオニにしてほうっておいた」

「A子ちゃんはホホがこけ、目が落ちくぼみ、あばら骨が浮き出、しゃぶり続けていた右手の親指は皮膚がはがれ、その悲惨な姿に捜査員も言葉を失ったという」

「Hは入院中の妻にA子ちゃんの死を知らせたと自供しているが、妻としても夫は昼間勤めがあり、長女も学校に行き、幼いA子ちゃん一人しか家にいないとなれば、当然親類に頼るのが世間一般の考えだが、『共犯関係があるかどうかは今後の調べに待つ』と同署は言っている」

 この事件を簡単に述べれば、父親が障害を持つ子供を放置し、餓死させた、というもの。餓死は長く苦しむ死に方であり、記事からはどこか残虐な殺し方をした冷酷な父親像が浮かび上がる。


【「ある事件記事の間違い」】

 この事件の続報が掲載されたのが、8ヶ月後のことだった。
 1976年1月27日、Hは東京地裁で懲役3年執行猶予5年の判決を受けた。
 そして同じ日の夜、Hが神奈川県小田原市内の小田急電鉄踏切で飛び込み自殺をした。判決後、自宅には戻らなかったという。

 28日夕刊のHの自殺を報じる記事には、妻の言葉が掲載されている。
「娘は昨年4月29日からこん睡状態で、殺人なんてとんでもございません。私たち夫婦は事実がわかれば、必ず無罪になると固く信じていました。きのう午後3時前のテレビニュースで有罪判決を聞き、主人は帰ってこないような気がして不安でした」

「主人は成城署に呼ばれ、殺人の令状を見せられてびっくりした、といっておりました。『殺人』と聞き返したら『とぼけるな。お前のようなヤツは人非人だ。計画的な犯行だろう』と刑事さんにいじめられ、何をいってもだめだと思ったそうです。公判中、有罪なら生きている意味がないなあ、といっていましたが、本当になるなんて・・・・」

 この言葉を疑問に思った朝日新聞・疋田桂一郎編集委員は、再び事件を調べ直した。疋田氏は社会部出身で1973年まで「天声人語」を担当していた人物である。

 疋田編集委員は1976年9月に東京本社編集局報に「ある事件記事の間違い」と題するリポートを書いた。

 新聞が「知恵遅れ」と書いたA子ちゃんの障害も実はかなり重いもので、人と物の区別がつかず、言葉を理解できない。4、5mほどよちよち歩きをするものの、自分で食事をとることができなかった。裁判で弁護人が「植物人間」と形容し、さらに4月29日からこん睡状態だったことを合わせて考えてみても「ベッドに閉じ込めて」という表現は不適切だった。

 Hが裁かれた法廷で裁判長は
「被害者は当時、食事を受け付けない拒食症にかかっていたと認められ、食事を与えなかったことが死因とは思わないが、医師に診せていれば健康を回復したはずであり、あえてそれをせずに放置した点に殺意が認められる」
 としてHの苦悩を認めながらも、有罪判決を出した。

 「水も食事も与えずに〜」というわけではなく、A子ちゃんは食事を受け付けず、また欲求もしないというような状態であった。このような症状は事件の3か月前にもあったといい、この時は医師に診せようとしたが、その時に食事をとりはじめたのだという。
 体は衰弱していくものの、泣き叫ぶこともなく眠り続ける子供をHはただベビーベッドのそばで見つめていた。頼るべき妻もこの時は家にいなかった。もちろん裁判長の指摘した通り、病院に連れて行くという選択肢もあったはずで、ちょうど連休をまたぐ時期とは言え、休みが明けて病院に向かうということもなかった。両親に知らせるということもしていない。この点が裁判では「殺意」とされた、
 その理由について、Hはこう供述している。
「A子を医者に診せれば医者が手当をしてA子の生命が助かってしまうことになる。それではA子にとって本当に幸福なことではなく、このまま自宅において死なせてやろうと考えた」

 5月末、保釈となって1か月ぶりに自宅に戻ったHは、初めて自分の事件について書かれた新聞や雑誌を読んだ。裁判での妻の証言では、それらの報道を目にしてからのHはびっくりして、すべての力が抜け、生きる力を失ったようだったという。これも妻の談話であるが、「警察はいたし方ないが、マスコミはわかってくれている、と期待しているのに」「自分の言葉ではないものが、自分の言葉のように書かれている」と話していた。

 疋田氏は「この記事をかいた記者には、まことに酷なことであった」としながらも、この記者が警察の発表のみで記事を書き、裏付けの取材をしていなかったことを問題提起している。


リンク


≪参考文献≫

朝日新聞社 「事件の取材と報道」 編集委員会
朝日新聞社 「新聞記者 疋田桂一郎とその仕事」 柴田鉄治 外岡秀俊
文藝春秋 「支店長はなぜ死んだか」 上前淳一郎


事件録】 【Top