精神病院及び医療機関に関わる事件



1968 大阪・栗岡病院患者リンチ殺人事件

 12月24日、クリスマスイブであるこの日に大阪府にある栗岡病院で患者16名が前夜脱走を企てたとして、院長・栗岡良幸ほか4名の病院職員にリンチを加えられた。全員裸にされ、角材・野球バットなどで殴られたのである。同日午後1時、暴行を加えられた一人が死亡、病院は「急性肺炎」と処理した。
 真相を知った患者のひとりはしきりにハトを飛ばした。実はこの病院では筆記用具は病室持ちこみ禁止で、面会時も職員がつくなど外部への接触には非常に厳しかった。病院側に不都合なことがあれば、懲罰として殴る蹴るの暴行、電気ショック、保護室への拘禁、ベッドの手足固定などが行われた。このため患者たちは外部との情報伝達にハトをもちいるようになった。こっそり忍ばせた筆記具で簡単な手紙を書き、ハトに運んでもらうのである。
 何匹目かのハトがやがて警察に届けられ、69年10月、大阪府警は病院に対し、立ち入り捜査を行った。この事件により暴行を加えた5名全員が起訴されている。この裁判の途中、元入院患者や市民などで「患者を虐殺した栗岡病院を糾弾し解体する会」を結成。病院解体につとめた。

▽74年2月、死亡患者の遺族が病院に慰謝料など1800万円を請求する民事訴訟をおこした。
▽77年2月、病院側が医療体制の不備を認め、遺族に1600万円支払うことで和解した。
▽80年5月、1審で院長・栗岡に懲役3年、他の職員にも有罪判決をくだしたが、全員ただちに控訴。



1969年5月 千葉・伊藤病院不当入院事件

 千葉県東金市に住むAは結核を患い生活保護を得て自宅療養していた。1969年5月、Aが自宅でひとりでいる時、東金福祉事務所のケースワーカーなど4〜5名が、突然家を訪れた。そのなかには伊藤病院の職員が保健所職員と偽って入っていた。その職員は、「血圧を測る」と騙してAに麻酔薬を注射、眠ったところを車に運び、病院に連れていった。
 Aはその後、5年3ヶ月余り、閉鎖病棟に閉じ込められていた。74年9月30日、ようやく退院を許可されたAは、その足で新聞社に向かい、不当入院による人権侵害を訴えた。

▽75年1月、Aは不当拘禁に対する慰謝料1000万円を求める民事訴訟を起こす。この裁判を通して、病院と県の癒着が浮かび上がり、さまざまな問題が明るみになった。
▽79年9月、民事訴訟は裁判所の勧告で和解となり、病院側は非を認め、Aに650万円支払うこととなった。



1973年7月24日 滋賀・水口病院患者リンチ事件


 私立病院・水口病院に入院していたAは、看護者の一人から突然うしろから羽交い締めにされた。抵抗しようとすると、事務長・看護者ら8名がやってきて保護室に連行。手足を縛り上げ、顔に毛布をかぶせて下半身に暴行を加えた。Aはそのまま3日間放置された。この間、食事は与えられず、尿・便は垂れ流し状態だったAは見かねた看護者の一人に救出されたのだが、足指の運動・知覚障害の傷を負っていた。

▽74年2月、Aは水口病院に1000万円の損害賠償を求める民事訴訟をおこした。
▽76年4月、大津地裁は水口病院に300万円の支払いを命ずる判決をくだすが、被告側控訴。
▽78年2月、大阪地裁は損害賠償を半額の150万円支払うことを言い渡し、刑は確定した。

水口病院
http://www.minakuchi-hp.or.jp/



1976 徳島・秋田病院患者不当労役事件


 71年1月、Aは酒を飲んでいて頭にケガをして徳島県立病院に入院した。やがて、従兄がやってきて、「他の公立病院に入院させてやる」とAを連れ出した。途中でAは従兄の実家に立ち寄って酒を飲まされた。従兄は「今日は襲いから他の病院で一泊していこう」とAを秋田病院に連れ出した。
 病院では病院職員や看護婦が痛み止めと称して注射をし、そのまま4ヶ月間も保護室で拘禁した。その間、診察は一度も行われず、拘禁を解かれたあとAは診察を申し出るが、「顔を見るのが精神科の診察だ。作業状態を見ればわかる」と、院内清掃、水道工事、ペンキ塗りの仕事を強いられるようになった。また、74年の徳島県議選ではビラ貼りや戸別訪問もやらされた。この年、同病院の院長である秋田武夫が初当選をはたした。
 76年2月、病院を退院した元患者が「Aさんを救って」と訴えた。訴えを受けた徳島大学精神科医師・弁護士らは人身保身法による救済を地裁に申し立て、翌3月19日、地裁の命令でAは他院へ転院することになった。その一方、Aは秋田武夫に対する損害賠償1086万円を求める訴えを起こした。しかし、77年2月、Aが交通事故で死亡。家族の希望で病院と和解した。



1979 大阪・大和川病院患者不審死事件


-規則-

・朝夕点呼時、無言で正座していること

・日中、横になることを禁止(昼間は正午からの1時間半の仮眠時間以外寝てはいけない)

・外出・外泊禁止

・郵便物の発信は禁止。受診する際も検問が入る。

・面会時には看護者立会い

・筆記用具所持禁止

 大阪にある精神病院・大和川病院では患者に対する厳しい規則が存在していた。上に挙げた規則はごく一部である。

 1979年8月、患者のひとりであるAが「横臥禁止の時間に布団を敷いていた」と、3人の看護者に殴られた。Aは翌朝、容体が急変、翌未明に死亡した。病院側は家族に「急性心不全」と説明した。しかし、数名の患者が暴行現場を目撃しており、退院後警察に通報。80年1月、事件は表面化する。同月16日、暴行を加えた3人の看護者が逮捕された。さらに精神衛生法に基づいて鑑定医実地審査が行われた結果、20%の患者が入院不用とされた。また同病院は以前にも看護者による患者リンチ、殺人事件をおこしていた。



1984年3月 栃木・宇都宮病院事件

 1984年、宇都宮市の精神病院・医療法人(社団)報徳会「宇都宮病院」は、患者に対する暴行、不正入院、無資格診療行為などで、職員や前院長が逮捕、栃木県議会や国会でも取り上げられる大問題になった。これらの事件の総称をここでは「宇都宮病院事件」とする。

 1984年3月29日、5人の病院職員が傷害容疑で逮捕された。宇都宮病院ではこの3年間に200名を超える不審死があった。病院職員らの容疑はそのうち2件の死亡事件と関わっていた。そのうち一件は次の通り。
 
 83年12月30日、アルコール中毒と診断を受けた入院4ヶ月目のSさん(35歳)は、見舞いにきた知人に「こんな酷い病院はない。退院させて欲しい」と訴えた。見舞いの人が帰った後、看護職員や古参患者がSさんに集団で暴行を加えた。Sさんはその日のうちに死亡した。病院では「容体急変」と偽って、遺体を家族に引き取らせていた。

 84年4月25日には前院長の石川文之進が逮捕された。(石川は4月12日に院長を辞任していた)容疑は4件ある。そのうち2件は「診療放射線技師および診療エックス線技師法違反」、「保健婦助産婦看護法違反」、つまり無資格医療行為である。事件発生当時、宇都宮病院にはベッド数920床を上回る948人が入院していた。医師は事実上、石川一人で、医療資格のない看護婦や古株の患者に医療行為をさせていた。
 石川は「死体解剖保存法違反」でも起訴されている。特異な患者が入院すると、「あの患者の脳は必ずもらえ」と職員に命じ、その患者が死亡すると、看護士やケースワーカーに執刀させ、脳を収集した。その数は年間10数体に達したという。収集した脳は東大脳研の武村伸義助教授に研究材料として提供していた。武村は病院の非常勤医師を務めており、病院も「東大」という看板があることでハクがついて、言わば持ちつ持たれつの関係が出来上がっていた。武村らも事件とは無関係ではないと思われるが、いかなる刑事責任も問われていない。
 最後の容疑事実は「食糧管理法違反」である。病院はかなりの面積の農地があり、患者に”作業療法”と称して、農作業をさせていた。その収穫物を患者のために消費せず、病院職員に販売させていたことが食管法違反になるとした。

▽85年3月26日、宇都宮地裁は石川に懲役1年の実刑判決を下すが、石川は控訴した。一方、障害致死罪などに問われていた職員4人に対しては86年3月20日、宇都宮地裁で懲役4年〜懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決も下されている。



1991年7月 県立宮崎病院治療拒否事件

 宮崎県児湯郡に住むA子さん(42歳)は糖尿病の治療のため、国立診療所宮崎病院に入院していた。その後、ヒステリー症が悪化したことから、精神病院・一ツ瀬病院に転院した。転院後、しばらくして糖尿病が悪化し、泌尿器科で診断を行った結果、人工透析による治療が必要とされた。
 1991年7月12日、A子は一ツ瀬病院の紹介状を持って、県立宮崎病院の内科をたずね、診察を受けた。しかし、同病院の担当医・B(当時38歳)は「重い精神障害があり、一生透析をつづけることは困難である」との理由で透析治療を拒否した。
17日、A子は尿毒症が悪化し、意識がもうろうとしたため、救急車で県立宮崎病院に運ばれた。しかし、この時もBは透析治療を「女性には透析の必要性や、自己管理を含め医師の指導を受け入れる能力がない」との見解からこれを拒んだ。しかも、「入院治療の必要がない」と一ツ瀬病院に送り返したのである。その時点でA子の意識はすでになく、同月20日死亡した。その後、県立宮崎病院では、死を予測しながら、老人性痴ほう症や末期ガン患者などに対して、透析治療を日常的に拒否していたことが明かとなった。

▽96年3月18日 宮崎地裁は県とB医師に計560万、遺族に支払うように命じた。
 
県立宮崎病院
http://www.pref-hp.miyazaki.miyazaki.jp/


Top