名古屋・妊婦切り裂き殺人事件




【事件概要】

 1988年3月18日、名古屋市中川区の住宅街のマンションで、この家の主婦・X子さん(27歳)が殺害されているのが見つかった。X子さんは出産予定日も過ぎていた臨月だったが、その腹は無惨に切り裂かれ、赤ちゃんが取り出されており、中にはなぜか電話機と車のキーが入れられていた。未解決の猟奇事件として知られる。


―――――――――


【逢う魔が時】

 1988年3月18日午後6時50分頃、名古屋市中川区富田町の会社員Yさん(当時31歳)は仕事を終えると会社から自宅に電話をかけた。妻のX子さん(27歳)が妊娠中で、しかも出産予定日の13日を過ぎていたため心配になったからである。ところが何度ベルを鳴らしても妻は出ない。この日の午後1時10分頃にも1度電話を入れているが、この時は元気に出ていた。
 心配になったYさんは急いで自宅に戻った。名古屋駅から近鉄線に乗って「戸田駅」下車5分、かかった時間は合わせて30分ほどだろうか。

 午後7時40分頃、新興住宅地にあるマンション2階の自宅に帰宅すると、不審な点があった。いつもは施錠してある玄関のドアがなぜか開いていたのである。
 部屋の中は真っ暗で、妻の姿は見えなかった。
 着替えをしていると、子どもの泣き声がする。
 「気のせいか」と思いつつYさんが居間に入ると、青いマタニティドレス着て、ピンク色のジャンパーを羽織ったX子さんが仰向けで倒れていた。その足の間で生まれたばかりの赤ん坊が泣いていたのである。
 当初、Yさんは妻が自力で出産したのかと錯覚したが、すぐに妻が両手を後ろ手に縛られており、首にはコタツのコードが巻かれ、辺りには血だまりができているのに気づいた。X子さんの意識はすでになく、呼吸もしていなかった。

 Yさんは慌てて、119番通報しようとしたが、電話がいつもある場所から消えていた。コードが引きちぎられていたのだ。仕方なく、階下の部屋に電話を借りて通報した。

 部屋に戻ったYさんは赤ん坊の体を拭いていたが、妻の腹部に異変があるのに気づいた。やけにゴツゴツしていたのだ。
 よく見ると、腹部が切り裂かれており、中にはミッキーマウスのキーホルダーがついた車のキー、紛失していたプッシュホン式の電話機が詰めこまれていた。
 それは、幸せな家庭を築いていたYさんにとって、あまりにも残酷な光景だった。


【幸運にも救われた命】

 赤ん坊は犯人が取り出したと見られ、赤ちゃんのへその緒はすでに切られていた。
 赤ん坊を取り出すと言ってもそれは簡単なことではなく、下手をすると足の骨が折れたり、窒息したりするが、幸運にもそういったことはなかった。ただ足など3箇所に切り傷があった。

 Yさんが帰宅した頃、赤ん坊が取り出されて2時間ほどが経過していたと見られるが、Yさんの帰宅が遅れれば赤ちゃんの命も危なかった。赤ん坊は低体温で貧血を起こしており、チアノーゼ症状も出ていたが、手術により一命をとりとめている。4月2日に無事退院した。


【「ナカムラさん」とは誰か】

 X子さんの死因は電気コードで首を絞められたことによるもの。胃の内容物から午後3時過ぎに殺害されたと見られる。性的暴行の形跡はなかった。
 腹部は鋭利な刃物で縦38cm、深さ2.8cmに渡って切り裂かれており、凶器らしきものは現場には残されていなかった。
 
 X子さんはサイドビジネスで家庭用品販売をしており、午後1時50分頃に近くの主婦が子連れでX子さん方を訪れ、脱臭剤を購入している。
 午後3時頃、X子さんは階下の駐車場までこの主婦を送っていったが、この間カギをかけずに出ていた。犯人はこれをどこからか見ており、家に侵入、自宅に戻ってきたX子さんと鉢合わせになったという見方もある。訪問した主婦は手みやげにイチゴを持って来ており、一緒に食べたが、発見された時はその食器がコタツの上に置かれたままだった。と言う事は、食器を片付ける間もなく襲われたのではないのか。
 また主婦の脱臭剤支払い代金として、X子さんは2000円ほどを受け取っていたが、そのお金を入れた財布は紛失していた。だが、それ以外の金目の物は不思議と手をつけられていなかった。

 疑いの目はまず第1発見者であるYさんに向けられた。臨月のX子さんがいないというのにスーツを着替えていたことや、記者会見で「家内はワインが好きだったから、ワインを注がせてください」と言って、グラスに赤ワインをそそぎ、霊前に備えていたからだった。報道陣はこれを芝居がかったパフォーマンスとも受け取った。
 だがYさんは殺害が行なわれていた頃は会社でデスクワークをしていたため、当然疑いもすぐ消えた。

 残酷な犯行のため、命の尊さを知らない少年の犯行ではないかとも見られたが、犯人はYさん宅に土足であがりこんでおり、靴跡は子どもの大きさではなかったという。しかし、高校生くらいになると、足の大きさは大人とさほど変わりはない。

 不審な人物の情報もあった。
 階下に住む主婦によると、当日の午後3時10分から20分頃の間に、自宅玄関のドアノブを何者かにガチャガチャ回される音がしたという。そしてチャイムを鳴らされたため、出てみると、30前後くらいのサラリーマン風の小柄な男がおり、「ナカムラさんのところを知りませんか?」と聞いてきたという。主婦は気味が悪いので、すぐに「知りません」と言ってドアを閉めた。この男は現場付近で何人かの人に目撃されていた。近鉄戸田駅方面からアパートやマンションを一軒一軒うかがうようにして歩いていたという。警察はこの男の行方を追ったが、足取りはつかめていない。

 結局、それ以降の有力な情報もなく、2003年3月18日、時効を迎えた。


【トピックス 「28年前の事件」】

 28年前に本件に酷似した事件が起こっていた。1960年7月に起こった「高知・女子中学生十文字切り事件」である。
 この事件では殺害された女子中学生が、腹を十文字に切り裂かれ、中に下着類を詰めこまれている。この中学生を家から誘い出した人物として顔見知りの漁師A(24歳)が浮上したが、彼も事件現場近くで自殺死体として発見された。

 腹を切って、中に物を詰めこむというのは常人には理解できない発想だが、両事件には何か共通した犯人の心理が存在するのかもしれない。


リンク


≪参考文献≫

河出書房新社 「青木雄二のニ十世紀事件簿 犯罪・社会編」 青木雄二
廣済堂出版 「未解決殺人事件ファイル」 田宮榮一・監修 桐島卓 塩見拓也・編著
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
ジャパンミックス 「猟奇殺人のカタログ50」 CIDOプロ・編
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新潮社 「殺人者はそこにいる」 新潮45編集部・編
水声社 「犯罪地獄変」 犯罪地獄変編集部編 
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 殺人百貨店 日本人はどういう理由で人を殺すのか?
宝島社 「別冊宝島 戦後未解決事件史 ―犯行の全貌と『真犯人X』―」

宝島社 「日本の『未解決事件』100」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
ワニマガジン社 「消えた殺人者たち 誰が彼、彼女を殺したか?」


事件録】 【Top