名古屋・女子大生誘拐殺人事件




【事件概要】

 名古屋市内在住の元寿司店経営の木村修治(当時30歳)は、愛人への仕送り等で多額の借金を抱え、その返済のために競輪と競馬に手を出してさらに借金を抱えて誘拐を計画した。
 1980年12月2日、「英語の家庭教師をお願いしたい」と金城学院大学3年の女性(当時22)を誘い、自宅近くで誘拐した。映画『天国と地獄』をヒントに誘拐直後に殺害、遺体はビニルシートでくるみ、木曽川へ捨てた。女性の家族に3000万円の身代金を要求したが、受け取りに失敗。翌年1月20日、逮捕。


木村修治


【天国と地獄】

 1980年12月2日、名古屋市港区に住む金城学院大学英文科3年生・戸谷早百合さん(22歳)が、自宅近くの近鉄戸田駅前から行方がわからなくなった。
 早百合さんは家庭教師をやる旨を「中日新聞」の告知板に投稿しており、1日夜にそれを見た男から依頼の電話があり、駅前で待ち合わせていたらしい。

 同日午後8時15分頃、戸谷家に「娘さんを預かっている、これは冗談じゃないぞ」と男の声で電話があった。当時両親は不在で、電話を受けたのは早百合さんの弟・N君だった。

 午後9時23分、2度目の電話、父親に「明日3時までに3000万円用意しろ。警察に言うと生きて帰れないぞ」と、逆探知を恐れて手短に身代金の金額と日時を指定してきた。
 父親はすぐに警察へ通報するが、犯人はその後20回以上にわたって電話をかけ続けてきた。

 翌3日午後、
「午後6時までに3000万円を持って蟹江インター近くの喫茶店『師崎』に来い」
と犯人からの指示。

 1000万円をカバンに詰めた父親と捜査員が「師崎」で待っていると、そこに再び電話がかかってきた。
「そこを出て、蟹江インターから東名阪高速道路に入り、桑名方面に向かって2つ目の非常電話ボックスに行け」

 父親はこの時、「非常電話ボックス」と「電話ボックス」を間違えてしまった。「非常電話ボックス」の中には「ココカラカネヲ シタヘオトセ ゴザイショサービスエリア マデイケ サユリイク」と書かれたメモが入っていたのだが、当然父親がこれに気づくことはなく、犯人との接触はできなかった。

 同日午後10時10分、犯人からの電話。
「金を持って名古屋市中川区のレストラン『ダック』へN君が1人で金を持参すること」
 今度は早百合さんの弟・N君が金を持って「ダック」に向かったが、犯人からの連絡はなかった。

 5日午後4時過ぎ、25回目の電話。
「愛知県春日井市の中央線春日井駅まで来れば早百合さんを見せる」
 父親と捜査員が指定場所に向かうが、早百合さんはいなかった。

 6日午後6時23分、28回目の電話。
「今日は車が故障したので段取りがつかなかった」
 これが犯人からの最後の連絡となった。


 12月26日、捜査本部は公開捜査に切り換えると、各メディアが一斉に事件を報道し、犯人の声も公開された。たまたまテレビを見ていた人の通報により、声がそっくりな愛知県内の元寿司職人・木村修治(当時30歳)が浮上する。
 木村は当初頑なに否定していたが、声紋鑑定が決め手となり、年があけた1月20日に任意同行を求められ、早百合さん殺害を自供した。

 早百合さんの遺体はなかなか見つからず、木曽川で見つかったのは5月5日のことである。


【木村修治】

 木村は1950年2月5日、名古屋市で生まれた。被差別部落に生まれたのだが、木村がそのことを知ったのは後のことである。

 地元の中学卒業後、定時制高校を中退。一宮市内の寿司店で住みこみで働き始め、22歳の時蟹江町の別の店に移った。そこの店で、主人に見こまれ、その娘と結婚して店を任されるようになった。木村は真面目に仕事に励み、子どもも2人生まれるなど幸せな生活を築きつつあった。
 ところが1977、8年ごろから、木村は競馬、競輪に入れこむようになった。ギャンブルは、妻に頭があがらず生き抜きに覚えたというが、次第に仕事をさぼって繰り出すようになる。借金は3000万円にも膨れ上がっていた。さらにこの頃、愛人を作り、毎月20万円もの生活費を渡していた。

 不相応な生活から金銭的にも行き詰まっていた木村はやがて誘拐を計画する。そこで早百合さんが投稿していた中日新聞の告知板が目をつけた。金城学院大学と言えば、お嬢さん学校として知られており、親は金を持っているはずだと考えた。ヒントにしたのは11月7日に東海テレビの「ゴールデン洋画劇場」でやっていた「天国と地獄」だった。

※「天国と地獄」・・・・原作・エド・マクベイン「キングの身代金」。監督・黒澤明。主演・三船敏郎 仲代達矢 山崎努。


 12月2日午後6時15分頃、近鉄戸田駅前で待ち合わせて、車に乗りこんだ早百合さんを縛り上げ、猿ぐつわをしたうえで、しばらく隠しておく場所を探して車を2時間ほど車を走らせたが、適当な場所が見つからず、そのまま戸谷家に最初の脅迫電話をかけた。 
 その後、車に戻ると、早百合さんは「許してください。もう許してください」と泣きながら懇願してきた。木村はこの時には自分の犯行が恐ろしくなっており、「俺のこと誰にも言わないか?」と早百合さんを解放することを考えていた。縛っていたロープもはずしている。
 しばらくして、木村は名古屋市中川区内の区画整理中の農道で早百合さんを降ろし、「俺が車で行ってから帰りなさい」と言ったところ、木村が車に乗りこむより先に早百合さんは走り出した。木村は慌てて後ろから早百合さんを押さえつけると、早百合さんは大声で助けを求めた。木村は車に押し戻す様にしたが、激しく抵抗されたため首を絞めて殺害したという。
 翌3日、木村は遺体を三重県との県境に近い東名阪高速道路の木曽川鉄橋にかかる尾張大橋の河川敷からビニールシートで包んだ遺体を遺棄している。

 殺害後、木村は戸谷家に身代金を要求する電話をかけつづける。
 要求した金は借金と同額の3000万円。ところが脅迫電話をかけ続けていた頃、親族が借金を全額肩代わりしてくれたため、木村が身代金を要求する理由はなくなった。誘拐を企てたことはもちろん、早百合さんを殺害してしまったことをかなり後悔しただろう。


 事件後、木村の母親は、遺体が発見された所に地蔵を建てて、祥月命日のたびに供養に来ていたという。


【裁判】

 1982年3月23日、名古屋地裁、死刑判決
 1983年1月26日、名古屋高裁、控訴棄却 死刑判決
 1987年7月9日、最高裁、上告棄却 死刑確定


 1995年12月21日、死刑執行。木村、享年45。恩赦出願の決定を通知されないまま執行された。

 被差別部落に生まれた木村は、大きな隠し事を持って生きなければならない辛さを身にしみて感じていた。また父親のいない寂しさを抱えて育った。
 せめて自分の子供たちにはそうした想いをさせたくないと考えていた木村だが、彼の子供たちもまた父親と同じ気持ち、いやそれ以上の悲しさと隠し事を抱えて生きていくことになった。
 この罪深い父親は、生前獄中から2人の子供に向けて最初で最後の手紙を書いていた。

私のような人間を父親にもったことはあなたたちにとってどれほど大きな不幸か。
まさに千載の痛恨事というべきことでしょう。
子供には親を選ぶことなどできません。
父親が殺人犯であり、死刑囚であるという動かし得ない決定的事実。
いくら呪おうと、いくら悲嘆にくれようと自分が殺人犯・死刑囚の子供であるという事実。
これほど残酷な事実を背負わされた人生が他にあるだろうか、と・・・・。

しかし、○○君、□□君。
これはとても難しいことかも知れませんが、誰をも怨まずに生きてほしい、とお父さんは思うのです。

あなたたちに怨まれるのが嫌だから、というのではありません。
怨まざるをえないような人生を与えたのだから、お父さんはいくら怨まれても構わないのです。

お父さんを怨むことによって、あなたたちが強く生きられるのであれば、お父さんはむしろ嬉しい位です。

お父さんが誰をも怨まずに生きてほしい、とあなたたちに言うのは、怨まれる人のことなんかより、人を怨んで生きなければならない、そのことが人間にとって何にも増して不幸なことだからです。



リンク


≪参考文献≫

インパクト出版会 「死刑囚からあなたへ 国には殺されたくない」 日本死刑囚会議・麦の会
角川書店 「57人の死刑囚」 大塚公子
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」 (2005)
新潮社 「死刑の理由」 井上薫
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編 
同朋舎出版 「TRUE CRIME JAPAN 誘拐殺人事件」 斎藤充功 
徳間書店 「音の犯罪捜査官 声紋鑑定の事件簿」 鈴木松美
日本文芸社 「『命』の値段 自殺から殺人、事故死、過労死まで―――死の経済学」 内藤満・監修


事件録】 【Top