名古屋アベック殺人事件




【事件概要】

 1988年2月23日未明、名古屋市緑区の県営大高緑地公園駐車場で、デート中の理容師・Xさん(19歳)と理容師見習い・Y子さん(20歳)が、車2台に分乗してきた男女のグループに突然襲われ、現金を奪われて車を破壊された。グループの男達はY子さんを集団レイプ。挙句の果てに2人とも殺害した。


A
B
C
D
E子
F子



【大高緑地にて】

 1988年2月23日午前4時半頃、名古屋市緑区の県営大高緑地公園駐車場で、デート中で車の中にいた理容師・Xさん(19歳)と同僚の理容師見習い・Y子さん(20歳)が、車2台に分乗してきた男女に突然襲われた。
 男たちは木刀や鉄パイプを持ってXさんの車を取り囲み、バールなどでフロントガラスを割り、Xさんを引っ張り出して木刀でメッタ打ちにした。
 女たちははY子さんを車から引きずり下ろし、「裸になれ」と命じ、上半身裸にさせたうえで木刀で殴りつけた。

 この後、男達はY子さんを藪の中へ連れこみ、集団でレイプした。その間、女は車内を荒らし、Y子さんの所持品であるぬいぐるみを奪っている。

 再び、駐車場に連れ戻されたY子さんは男女らにタバコの火を全身に押しつけられた。Y子さんが許しを請うと、女は「ばかやろう。ぶりっ子するんじゃない」と殴った。

「警察に行かれると困るので、連れて行こう」
 午前6時ごろになって、車の通行も目立ち始めたため、1人の男がそう提案した。XさんとY子さんを車に乗せ拉致した。

 翌24日午前4時30分頃、愛知郡長久手町の公園墓地で降ろされたXさんは正座させられ、洗濯用ロープを首に巻きつけられ殺害された。男達はふざけながら、「タバコを吸い終わるまで」と綱引きのように両方から絞めたのである。
 
 一味はXさんの遺体を車のトランクに積みこんだ後もY子さんを連れまわし、名古屋埠頭に来た。ここでY子さんが「外に出たい」と言ったので、見張られながら下車したが、海に飛び込んで死のうとしたところを掴まり、車に連れ戻された。
 その夜は男のアパートに戻り、ここでも男がY子さんを強姦する。

 25日午前2時ごろ、Y子さんを乗せた車は三重県大山田村に到着。男達は遺体を埋めるための穴を掘り始めた。そしてY子さんは、Xさんと同じように殺害された。


【噴水族】

 23日早朝早朝、緑地公園を散歩をしていた人が、車体がボコボコになり、フロントガラスや窓ガラスが粉々に割られた乗用車を発見。周辺には女性の下着や、ガラス片、血痕などが散乱していた。やがて、この車の所有者が知多郡東浦町のXさんのものとわかる。交際相手であるY子さんも行方不明となっていたことから、警察の捜査が始まる。
 27日、愛知県警は目撃情報などから、とび職・A(当時19歳)をリーダーとしたグループ6人が逮捕した。証言から山中に捨てられた2人の遺体を発見。

A(当時19歳) とび職。元暴力団組員。
B(当時20歳) 暴力団構成員
C(当時17歳) とび職。元暴力団組員。
D(当時18歳)
E子(当時17歳)
F子(当時17歳) 美容師見習い

 グループはシンナーを常習しており、深夜に暴走行為、名古屋市中区栄のテレビ塔噴水付近にいつもたむろしていたため「噴水族」と呼ばれていた。
 事件当夜もやはりここに集結しており、そのうち誰かが「バツカン(アベックを襲い、金を奪うこと)しよう」と言い出した。6人は2台の車に分乗して名古屋埠頭へ向かった。ここで2組のアベックを襲い、計8万6千円を手に入れているが、彼らはそれで満足はしなかった。続いて、アベックがいるだろうと踏んだ大高緑地公園に向かった。


【少年らの半生】

−A−
 父親は市職員。Aは二男として生まれ、妹が2人。
 中学入学してから、厳格な父親に反発して非行が進み、2度のバイク窃盗事件を起こしている。
 中学卒業後、愛知総合職業訓練校に入学。だが暴行事件を起こして退学。その後は飲食店、内装業などを転々とする。
 86年11月、Aの弟が交通事故を起こして、山口組系の暴力団とトラブルになった。この時、Aは度胸を買われ、弟釈放を条件として組員となった。
 まもなく窃盗未遂で、保護処分。友人宅に忍び込んで現金を奪って試験観察処分を付される。
 トラック運転手として働き始めるが、観察が不処分となってすぐ、再び組に出入し始めた。この頃、組の後輩・B、Cと知り合っている。
 やがて、Bの交際相手だったF子と情交を結び、2人で行方をくらませた。Aはとび職の仕事を始め、CもAを頼って同じ会社で働き始めた。


−B−
 鹿児島県薩摩郡東郷町出身。1歳の時に両親が離婚し、愛知県一宮市に住む父方の祖母に預けられた。
 小学校3年頃から万引などで補導され、半田市の情緒障害児短期治療施設に送られる。その後、一宮市内の養護施設に移された。
 中学卒業後、製鋼会社に就職。まもなく実母がBの所を姉を連れて訪れ、義父と一緒に暮らすことになった。Bは義父とは折り合いが悪く、母親はアルコールに溺れていたため家出した。
 86年1月、勤めていた布団販売会社の仕事で栃木県に出張中、ひったくり事件を起こし、試験観察処分を受ける。母親は引き取りを拒否した。
 その後、職を転々としてから暴力団組員となる。F子は当時彼の情婦だった。


−C−
 小学校時代、父親の事業が不振に陥り、父親は酒浸りの生活を送る。Cは給食費の払いが遅れるなどして、「貧乏人」「乞食」などと言われ、よくいじめられていたという。
 中学時代から、仲間とつるみ、シンナーをやり始める。父親は相変わらずで、母親1人が家計を支えた。
 中学卒業後、鉄工所、土工などを転々としたのち、Aのいた暴力団組員となった。
 行方をくらませたAの後を追って、同じ会社で働き始める。


−D−
 6歳の時に両親が離婚。弟2人とともに用務員を務める母親に女手ひとつで育てられる。色白でやせ型、どちらかと言えば女性的な風貌だった。
 中学時代から不良仲間とつるむようになり、喫煙、シンナーをやり始める。
 83年6月、バッティングセンターに侵入し、金品を物色していたところを検挙される。同年9月にも小学生を恐喝して財布を奪い、名古屋家裁に送られる。
 85年3月、中学卒業後、理容店、寿司店などを転々とする。87年4月頃からは自動車学校で知り合った仲間に誘われ、暴走族「栄噴水族」のメンバーになった。その後、A、B、C、F子らと知り合う。

 犯行に加わったグループにおいて、Dは他の従属的なメンバーと違いAとは対等な立場にあった。


−E子−
 父は持病で寝こみ、母親が働きに出ていたため、E子はほとんど構われずに育つ。
 中学卒業後、名古屋市の調理師専門学校に入学。
 86年10月、母親と口論して家出し、仲間らとシンナー吸引を始める。
 その後、Dと出会い、別の暴力団組員と同棲生活を始める。その組員と結婚したいと親に相談したが、反対されたため家出。Dに貸した1000円の回収に出向き、そのまま犯行に加わった。


−F子−
 名古屋市千種区で生まれる。母親は妹を出産してから情緒不安定となり、毎日酒を飲み、パチンコ通いするようになった。また外出しては、何日も帰らないこともあった。さらに幻聴など、精神的異常もあり、明らかにアルコール中毒だった。このため小学校低学年のF子は弟や妹の面倒を見る。
 10歳の時に両親が離婚。F子は父親に、母親について「あんなんならいらない」と言う。

 中学1年の時、父親がF子と5歳しか変わらない17歳の少女を妊娠させ再婚。5人で暮らし始める。しかし、義母とは反りが合わず、F子は祖父に引き取られて、転校。その後、弟妹らとともに全寮制施設に移った。
 中学卒業後は美容師見習いとなり、住みこみで働き始めたが、人間関係がうまくいかず、店をいくつか変える。そしてBの情婦となる。


【裁判】

 公判中、Aは「少年なので死刑判決は受けない」とうそぶく。

 89年6月28日、名古屋地裁、裁判長は「その冷血非情さには、一片の情状酌量の余地もない」とAに死刑を言い渡す。永山則夫以来10年ぶりの少年への死刑判決だった。また他のメンバーも無期懲役、懲役5〜17年の判決。AとBは控訴。

 96年12月26日、名古屋高裁、一審を破棄。Aに無期懲役を言い渡し、Bも懲役17年から同13年に減刑。刑は確定した。


リンク


≪参考文献≫

朝日新聞社 「少年事件を考える 女・子供の視点から」 兼松左知子 福島瑞穂 若穂井透
学習研究社 「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
現代書館 「少年『犯罪』シンドローム」 小笠原和彦
講談社 「犯罪学入門」  鮎川潤
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「新潮45」 03年10月号 → 中尾幸司 『少年少女達のそれから』
新潮社 「罪と罰、だが償いはどこに?」 中嶋博行
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
晩成書房 「浮遊する殺意 消費社会の家族と犯罪」 岸田秀×山崎哲」


事件録】 【Top