永山則夫連続射殺事件





【事件概要】

 1968年10月から11月にかけて、東京、京都、北海道、名古屋でガードマンやタクシー運転手ら4人が射殺されるという事件が起こった。同じ22口径の拳銃によるもので、警視庁は広域108号に指定。
 翌年4月、東京の英語学校で金品を物色していた男が警備員に見つかり、拳銃を発射したが当たらず駆けつけた警官に逮捕された。男の名は永山則夫(当時19歳)。前年に起こった連続射殺事件についても自供した。




永山則夫


【北海道〜京都の連続射殺魔】

 1968年10月11日午前0時50分頃、東京芝の東京プリンスホテルの敷地を巡回中の綜合警備保障・中村公紀さん(27歳)が何者かに撃たれ、搬送された病院で死亡した。警備中のガードマンが殺されたのは初めてのことだった。

 10月14日午前1時35分頃、今度は京都の八坂神社本殿付近でも警備員・勝見留次郎さん(69歳)が胸などを4発撃たれる。勝見さんは「17、8の男にやられた」と話し、搬送先の病院で死亡した。
 現場付近にはナイフとハンカチが落ちており、いずれも国内では手に入らないものだとわかった。

 東京での事件も、京都の事件も、同じ型の22口径の回転式拳銃によるもので、捜査本部は同一人物による犯行と断定した。
 また八坂神社に残されていたハンカチには多量の鼻汁が付着しており、蓄膿症の少年ではないかと見られていた。
 この警備員殺しの犯人は、続いて北海道、名古屋でも犯行を重ねる。しかも、タクシー強盗にその性質を変えていった。

 10月26日夜、北海道函館市郊外の七飯町で、後部座席から帝三函館タクシー運転手・斎藤哲彦さん(31歳)を射殺され、売上金が強奪される。斎藤さんは26日午前8時から乗務しており、「函館市大門町から女性を乗せ、弥生町方向に行く」と無線連絡したあと行方がわからなくなっていた。

 11月5日午前1時30分頃、名古屋市内で八千代タクシー運転手・伊藤正明さん(22歳)が血まみれで倒れているのが発見された。伊藤さんは午前6時25分頃、出血多量で死亡。150m離れた路上にタクシーがあり、現金と腕時計が強奪されていた。やはり22口径の拳銃だった。

 警視庁は同じ22口径の拳銃によるこの連続射殺事件を広域108号に指定。入手の難しい拳銃を使い、また現場も港に近い所だったため、外国人、もしくは船乗りによる犯行と見られた。
 しかし、名古屋での事件の後、犯行はぴたりと止まる。何人かの容疑者が調べられたが、シロ。犯人の情報にも乏しく、迷宮入りするかとも思われた。


 翌1969年4月7日午前1時40分頃、東京・千駄ヶ谷の英語学校「一橋スクール・オブ・ビズネス」で、若い男が金品を物色しているところを警備員(当時22歳)が見つけ、男は持っていた拳銃を発射してきたが命中せず逃走。明治神宮北参道口で駆けつけた警官に逮捕された。
 男は網走出身の飲食店従業員・永山則夫(当時19歳)。前年から起こっていた4件の射殺事件についても自供した。


【金の卵の流浪の少年】

 永山は1949年6月に北海道網走市で8人兄弟の7番目として生まれた。父親は熟練したりんご剪定師だったが、飲酒と博打癖から家出し、たまに帰ると家から米を持ち去ったりした。父はのち行路病者として死亡している。
 そして長兄はガールフレンドを妊娠させ姿をくらます。その子どもは母親が引き取った。長姉も精神に異常をきたし、精神病院に入院した。

 1954年、母親は永山がまだ5歳の時、極貧の生活に耐えきれず、4人の子供を北海道に残して実家の青森県北津軽郡板柳町に出奔し、魚の行商で生計をたてた。
 一方、父母のいないなかで、兄弟たちは飢餓に近い生活を送っていたが、55年になって見かねた隣人が福祉事務所に通報。そのからいで兄弟たちは入院中の長姉を残して、母のいる青森へ移った。

 小学2年の時、兄弟の中でただ1人優しかった網走の病院の長姉に会いに行こうと家出をし、青函連絡船に乗ったが、函館に着いたところで保護される。

 中学時代の永山は「何か大きいことをしたい」と話す反面、「自殺したい」と漏らすことがあった。あまり学校にも来ないため、親しい友人はいなかった。
 彼が唯一脚光を浴びたのが、駅伝大会である。アンカーとして、北柳中学を優勝に導いた。

 中学卒業後、集団就職で上京。渋谷の「西村フルーツパーラー」の店員となる。研修で「給料は誰からもらうか」という質問に、同僚は「会社」「社長」と答えるなか1人だけ「お客様からです」と言って誉められる。だが、これは研修テキストに書かれていたことだった。
 
 ある日、寮の部屋長(当時28歳)が掃除をさぼったことについて強く叱ると、永山は「辞める」と言いだし、一旦はおさまるが、翌日も掃除をしなかったため叱ると、本当に出ていった。

 永山は横浜から貨物船に乗りこんで香港に密航を企てるが見つかり、デンマークの貨物船「ハーターマスク号」で強制送還、出入国管理令違反で横浜地検に書類送検された。

 その後、栃木県に向かい、宇都宮の「協立自動車会社」に入社。ところが給料が出た2週間で姿を消した。

 11月8日、宇都宮市の食肉店で窃盗事件を起こし捕まる。
 11月22日、宇都宮家裁で不処分。
 永山の身柄は自動車工場の社長が引きとってくれたが、のちにボーナスのことで諍いとなり、出ていった。

 1966年1月、大阪の宿で知り合った商人のつてで、永山は大阪府守口市の米屋「米福」の店員として働き始める。給料をもらうと、親元へ毎月5000円ずつかかさず送っていた。
 この頃、主人に言われて戸籍謄本を取り寄せたら、本籍が網走呼人番外地になっているのでショックを受けた。「網走刑務所生まれだと誤解を受けるから、番地をつけてくれ」と町役場に懇願したが、聞き入れられなかった。

 6月下旬、「米福」を辞めて再び上京。戸籍謄本が同僚たちに見つかり、からかわれたらしい。

 7月18日、羽田空港内の「東京エアターミナルホテル」にベルボーイとして働き始める。しかしすぐに辞め、テキヤ見習い、沖仲士などに仕事を変える。

 9月6日、横須賀基地に侵入。米ドルなどを盗んで捕まる。横浜家裁横須賀支部で保護監察処分、青森から母親が迎えに来た。
 保護司の紹介で、川崎市丸子東の「村富屋クリーニング」に勤める。だが、態度や言葉づかいの悪さから店主はクビを通告。永山は「ああ、そうですか」と出ていった。

 1967年1月13日、新聞広告に求人が載っていた中野区本町の「原島牛乳店」に採用される。永山は「夜学に通いたいから勤めさせてくれ」と言っていた。

 6月19日、牛乳店を辞める。誰にも言わずに突然姿を消したが、1週間後、給料の残り分と机や布団を引き取りに来た。

 8月下旬、自衛隊入隊を希望し、第1次試験に通るが、保護観察中であることがわかり、不採用となる。

 1968年1月9日、神戸港からフランス貨物船に乗り込んででアフリカ西海岸を目指すが失敗、横浜海上保安部に捕まった。発見された永山は自殺を図り、テーブルに縛りつけられる。永山は横浜家裁から横浜少年鑑別所に送られた。

 2月2日、東京家裁へ移送。

 2月10日、横須賀基地に侵入、ピストル、50発分の弾丸、「M」のイニシャル入りのハンカチ、ジャックナイフを盗み出した。それらは海軍M・タンパワン一等兵曹のもので、盗難に気づいていたが未登録のものだったので、処罰を恐れて届け出をしなかった。
 永山は三笠公園遊覧船乗り場で10発ほど試射している。

 10月11日午前0時50分頃、東京芝の東京プリンスホテルの敷地を徘徊中の警備員(27歳)に「どこに行くんだ」と見咎められる。襟首を捕まれ、連れていかれそうになったため射殺した。
 永山は次兄の家に寄ってから、京都に向かった。

 10月14日午前1時35分頃、野宿をしようと京都府東山区の八坂神社内をうろついていたところ、「ぼん、どこに行くのや」と警備員に声をかけられる。ナイフで脅したが、「そんなことしてもあかん。警察へ行こう」と言われたため射殺した。銃声を聞きつけて警官2人が走ってきたので、咄嗟に逃げ出した。

 10月19日、豊島区に住む兄の家を訪れ犯行を打ち明ける。兄は信用しなかったが、ピストルを見せられたため、自首をすすめた。それでも永山は「これから北海道に行って自殺するから構わないでくれ」と出ていった。

 永山は北海道に向かった。網走に行きたかったが、所持金が少なかったため電車に乗れず函館までしか来れなかった。
 10月26日、タクシーを拾い函館近郊の郊外で停車させ、午後11時13分頃、後部座席から運転手の頭部を射殺し、ポケットに入っていた8000円を強奪する。その後、市内の映画館で「西部戦線異常なし」を観た。
 この後、永山はなぜか網走には向かわず、東京を経由して、名古屋を目指した。

 11月5日、名古屋市内の材木置場で寝ていた永山はバスで名古屋駅に向かった。港が好きで、港に行くと心が癒されると思い、そこを目指して歩いていたところ、タクシーの運転手に声をかけられ車に乗った。午前1時20分頃、名古屋市内でやはりタクシー運転手(22歳)を射殺、現金7000円を強奪する。

 12月上旬、永山は中野区若宮町にアパートを借り、歌舞伎町の「スカイコンパ」と、ジャズ喫茶「ビレッジバンガード」に勤めた。当時、「ビレッジ〜」には勤務時間は重ならなかったが、ビートたけし氏も働いていた。永山は職場では寡黙だったようで、たけし氏は「暗い」という印象しか持たず、名前も事件後に初めて知ったという。ちなみにこの店には作家・村上春樹氏も客として訪れていた。村上氏のエッセイによると、住んでいたところも近くだったらしい(西武線・都立家政駅)。村上氏は当時、早稲田大生で、作家デビューの前はジャズ喫茶を経営していた。

 1969年3月中頃、永山は青森の母に「東京で友達の車を壊してしまった」と1万円を要求する手紙を送った。母は5000円を送る。

 逮捕の3日前、「ビレッジバンガード」を辞める。仕事の後にパチンコをするようになり、睡眠不足になったからである。

 4月7日午前1時40分頃、東京・千駄ヶ谷の英語学校「一橋スクール・オブ・ビズネス」に侵入するが、見つかり逮捕、代々木署に連行された。逮捕時、永山は
盗品のローレックスの時計、偽造した明治学院大生の学生証を所持していた。
 翌日、永山のアパートが家宅捜索される。発見された辞典に遺書めいた走り書きがあった。これは京都事件を起こした後に書かれたものだった。


私の故郷で消える覚悟で帰ったが、死ねずに函館行きの鈍行に乗る。
最悪の罪を犯しても、残された日々を満たされなかった金で生きると決めた。
母よ、私の兄弟、兄、姉、妹よ、許してと。
問わぬが私は生きる。
北国の最後を、最後と思われる短い秋で、私はそう決める。


【裁判】

◆1969年12月22日 東京地裁 第6回公判
「うるさい!何が真実だ。とにかく、あれは俺がやったんだ。4人とも・・・・。今日はやめてくれ、やめて下さい!」

◆1970年2月25日 第7回公判
(証人訊問調書が朗読されている最中に)
「そんなことは聞きたくない。人を殺したのだから殺されるのが当然だ。こんな裁判しまえ」

 公判での永山はヒステリックにわめいたり、おどおどした様子だったが、70年半ば頃から彼は変わり始める。

◆1970年6月30日 第11回公判.
永山 「あんた、俺のような男をどう思う?」
裁判長 「どう思うって?」
永山 「4人も殺してここに立っているこの男だよ。あんたに個人として聞きたいんだ」
裁判長 「裁判所は審理の途中で意見は言えないことになっている」
永山 「あんたたちのやろうとしていることも、わかんないことはないんだ。だけど俺には関係ないんだ。覚悟は出来ているんだ」こんな時間があるなら俺はずっと勉強していたいんだ。トウコウで」
裁判長 「東工大で?」
永山 「僕がどこに入っているか、あんたも知っているでしょう。こういう事件が起きたのは、あのころ、おれが無知だから起こったことだ。貧乏だから、無知だったんだ。東拘で勉強してからわかった。俺がここにいるのは何もかも貧乏だから起きたんだ。俺はそれが憎い。憎いからやったんだ」
裁判長 「憎いって誰をなんだね?」
永山 「(机を叩いて)何もかも憎い!みんなだ!」

 永山が変わったのは2月末のことだった。護送バスに乗り合わせた学生事件の被告2人に話しかけたことをきっかけとして、哲学、経済学、心理学の専門書を読むようになった。そうしたなかで、自分の罪は「貧乏」が最大の原因であると考えるようになった。
「資本主義が貧乏な奴をつくるから、オレはここにいるんだ!」
 永山は法廷でそう叫び、ウィリアム・ボンガーの「犯罪と経済状態」の一節を永山は英語で暗唱している。

 1971年6月18日、死刑求刑。最終弁論は24日に予定されていたが、永山は3人の弁護士を解任。あらたに山本博弁護士を選任したため、公判は延期となった。

 1979年、東京地裁・堀江一夫裁判長はは永山に死刑を言い渡す。

 1981年8月、東京高裁・船田三男裁判長は、永山が著作の印税を被害者の遺族に贈ったことなどの情状を考慮し、無期懲役に減刑。当時は死刑廃止運動の最盛期だった。しかし、この判断を下した船田裁判長には批難の声が集中、東京高検も「高裁判決は判例違反」として異例の上告をした。
 この高裁判決には当然遺族からの不満の声もあった。
「生い立ちが不幸だったから人を殺しても良いなんてことはない」
「遺族の気持ちは遺族にしか分からないのだと感じている」


 1983年7月8日、最高裁・大橋進裁判長は原判決破棄、差し戻しとした。これはこの事件を機に盛り上がっていた死刑廃止論議を一蹴し、その理由について次のように語った。
「被告人同様の環境的負因を負う他の兄弟らが必ずしも被告人のような軌跡をたどることもなく立派に成人していることを考え合わせると、環境的負因を特に重視することには疑問がある。(中略)被告人が結婚したことや、被害弁償したことを過大に評価することも当を得ないものである」


 1985年7月17日、東京高裁刑事三部は名古屋地裁豊橋支部に出張し、三兄(当時40歳)に証言を求めた。この兄は定時制高校を卒業後、私立大の法学部(二部)に合格しながら学費が工面できず、法令関係の出版社にセールスマンとして働いていたが、この一か月前に20年勤めた会社を辞めていた。兄は幼かった時代のことを、つぎのように証言している。
「母親に置き去りにされたとき、正直いって私は、則夫が一緒だったかどうかさえも、まったく覚えていないのです。その一冬を、子どもだけで必死に生きたことを、忘れるように努めて生きてきました」

「弟の則夫が、4人をあやめてしまったことは、当時19歳だったとはいえ、罪の償いは避けようがないです。今こうやって証人席にいますが、『則夫を助けてやって下さい』とは、口が裂けても言えません。ただ、家庭環境がこのように暗くて、同じ19歳の少年でも、19歳の精神年齢にあったかどうかを、わかって頂きたいと思います」


 1987年3月18日、差し戻し審で東京高裁は一審の死刑判決を支持し、1990年4月17日に最高裁は被告人の上告を棄却し、永山の死刑は確定した。


【無知の涙】

 永山が獄中で記した「読書ノート」は、作家・井上光晴が主催する雑誌「辺境」に掲載され、71年3月に「無知の涙」として出版された。大学ノート10冊分の散文や詩をまとめられた同書は3ヶ月間に7万部を売るベストセラーになり、永山の生い立ちに対して同情的な見方をする人も現れたりした。
 アメリカ・ネブラスカ州在住のK子さん(当時25歳)もその1人だった。K子さんは会社での人間関係に疲れて沖縄の実家に帰る途中、たまたま隣りになった人が「無知の涙」を読んでおり、貸してもらって感銘を受けた。その後、獄中の永山と30通に及ぶ文通があった。

 1980年12月12日、永山は拘置所の面会室で、K子さんと結婚。
 K子さんは翌年名古屋事件の被害者の遺族のもとを訪ね、謝罪している。

 1983年発表した「木橋」は新日本文学賞を受賞している。

 1985年、K子さんと協議離婚。

 1997年8月1日、東京拘置所内で死刑執行。永山のこの時期の死刑執行には、同じ年に起こった「神戸連続児童殺傷事件」が関係していると言われる。犯行時、未成年であっても極刑は下されるという「示し」があった。

 K子さんは生前の遺言の通り、彼の遺骨をオホーツク海に返した。


【トピックス 大道寺将司の手紙】

 三菱重工爆破事件の大道寺将司は、獄中からの書簡集「死刑確定中」(太田出版)のなかで、次のように書いている。

「(1997年)8月1日朝、9時ごろだったか、隣の舎棟から絶叫が聞こえました。抗議の声のようだったとしかわかりませんが、外国語ではありませんでした。そして、その声はすぐにくぐもったものになって聞こえなくなったので、まさか処刑場に引き立てられた人が上げた声ではないだろうなと案じていました」

「懸念を深めるばかりで、8月2日(土)を迎えました。午前中の新聞の交付がいつもより遅くなり、ぼくの分は別扱いにされて看守が持ってきました。折り畳まれたものを開くと、『朝日』の8月2日付朝刊の一面左上が大きく黒く塗りつぶされていました。前日、誰かが、東京拘置所で処刑されたのでしょう」

 処刑されたのは永山則夫である。永山は大道寺の隣の棟に収容されていた。大道寺の聞いた声は、ほぼ間違いなく永山の声である。永山が最後になんと叫んでいたのかを知りたい。


リンク


≪参考文献≫

愛知県警察本部 「愛知県警察史 第3巻」
インパクト出版界 「年報・死刑廃止98 犯罪被害者と死刑制度」 
大空社 「ドキュメント戦後の日本 第11巻 戦後日本の精神病理」 国立国会図書館・編 
太田出版 「死刑確定中」 大道寺将司 
学習研究社 「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
角川書店 「57人の死刑囚」 大塚公子
河出書房新社 「サイコパスという名の怖い人々」 高橋紳吾
河出書房新社 「文藝別冊98年3月号 完全特集 永山則夫」
河出書房新社 「無知の涙 増補新版」 永山則夫
河出書房新社 「人民をわすれたカナリアたち 続・無知の涙」 永山則夫
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
河出書房新社 「永山則夫 ある表現者の使命」 細見和之
河出書房新社 「常識として知っておきたい昭和の重大事件」 歴史の謎を探る会・編
共同通信社 「涙の射殺魔・永山則夫と六〇年代」 朝倉喬司
近代文芸社 「平成を撃つ ニュースらいだー’89〜’94」 黒田清
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
原生林 「隠語で綴る事件簿 犯罪手帳」 高田重夫
現代書館 「FOR BEGINNERS 死刑」 前坂俊之
講談社 「昭和 二万日の全記録 第14巻 揺れる昭和元禄」
講談社 「戦後欲望史 黄金の六○年代篇」 赤塚行雄
講談社 「死刑囚 永山則夫」 佐木隆三
作品社 「犯罪の昭和史 3」 作品社・編
三一書房 「殺人者の意思 列車爆破狂と連続射殺魔」 鎌田忠良
三省堂 「死刑の考現学」 勢藤修三
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
社会批評社 「怪物弁護士・遠藤誠の事件簿 人権を守る弁護氏の仕事」 遠藤誠
社会批評社 「交遊革命 好漢たちとの出会い」 遠藤誠
社会批評社 「腐蝕せる警察 警視庁元警視正の告白」 来栖三郎
自由国民社 「死刑に処す 現代死刑囚ファイル」 佐久間哲
秀英書房 「犯罪風土記」 朝倉喬司
寿郎社 「北海道の重大事件史」 山田幸一
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲
新書館 「現代の犯罪」 作田明・福島章編
新人物往来社 「別冊歴史読本 反逆者とテロリストの群像 謎と真相」
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 戦後事件史データファイル」
新潮社 「死刑の理由」 井上薫
新風舎 「昭和史の闇<1960−80年代>現場検証 戦後事件ファイル22」 合田一道
青春出版社 「人が人を裁くということ 罪と人間のはざまにある”心”の記録を追って」 佐木隆三 
専修大学出版局 「かれらはなぜ犯罪を犯したか 8人の鑑定ノートと危機理論」 森武夫
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 殺人百貨店 日本人はどういう理由で人を殺すのか?」 
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
竹書房 「迷宮!逆転!意外! 衝撃犯罪解決の真相」 犯罪追跡科学研究班・編
筑摩書房 「私は『悪者』に味方する」 遠藤誠 
筑摩書房 「犯罪紳士録」 小沢信男
中央公論新社 「犯罪精神医学入門」 福島章
創出版社 「創 97年10月号」
伝統と現代社 「伝統と現代 総特集・死刑」
東京書籍 「少年犯罪の風景 『親子の法廷』で考えたこと」 佐木隆三 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
同朋舎出版 「TRUE CRIME JAPAN 連続殺人事件」 池上正樹
批評社 「戦後ニッポン犯罪史」 礎川全次
二見書房 「誰も知らない死刑の裏側」 近藤昭二
ぶんか社 「警察庁広域重要指定事件完全ファイル」
文藝春秋 「偽善系 やつらはヘンだ!」 日垣隆
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 1968年 グラフィティ バリケードの中の青春」
有斐閣 「法学教室 2009年11月号」
悠々社 「死刑事件弁護人 永山則夫とともに」 大谷恭子
洋泉社 「極刑を恐れし汝の名は 昭和の生贄にされた死刑囚たち」 原裕司



事件録】 【Top