三菱銀行北畠支店猟銃強盗殺人事件





【事件概要】

 1979年1月26日、大阪府住吉区万代東の三菱銀行北畠支店に猟銃を持った男が侵入、現金を要求した。


梅川昭美


【支店の午後3時】

「伏せろ!金を出せ!出さんと撃つぞ!10数えるあいだに5000万円出せ!」

 1979年1月26日午後2時30分頃、大阪府住吉区万代東の三菱銀行北畠支店に、黒いチロル帽、白マスクとサングラスをつけた男が北側入口から侵入した。男ははゴルフバッグから2つ折りの猟銃を取りだし、天井に向けて3発発射。ナップザックをカウンター内に投げ込んで、金を要求した。事件当時、1階には34名の行員と17人の客がいた。

 男の名は梅川昭美(当時30歳)。彼の名前が判明するのは翌日のことである。

 この時、梅川は窓口係のHさん(20歳)が非常電話で2階に110番通報を要請しようとしているのを見つけ、2発発射。1発はHさんに命中し、即死(第一の犠牲者)。もう1発は傍にいた貸付係・Yさん(当時26歳)の後頭部に当たって加療約8ヶ月の重傷、さらに跳弾が女性行員にもあたり負傷。
 この間に1人の客と2人の行員が脱出している。そこへ偶然住吉署警ら係・楠本正己警部補(52歳)が自転車で通りかかった。楠本警部補は逃げてきた主婦から事件を知らされ、店内に飛びこんだ。
 
 その時、店内では梅川がカウンターの上に乗って、現金を集めているところだった。営業課長代理が梅川の投げたザックに現金約283万を詰めて差し出したが、梅川はそれに不満げな様子で、カウンター上にあった現金12万円をポケットに入れるとさらに現金を要求していた。

「銃を捨てろ」
 支店内に突入した楠本警部補に対して、梅川は「撃てるもんなら撃ってみろ」と言い返す。楠本警部補の威嚇射撃はそれ、逆に梅川の撃った弾が胸に命中して、楠本警部補は「110番…」と叫んで絶命した(第二の犠牲者)。

 午後2時36分、通報を受けて阿部署警ら二係・前畠和明巡査(29歳)、永田幹生巡査長(34歳)がパトカーで駆けつけた。前畠巡査は店内に入ったところを、カウンター内にいた梅川に一発撃たれ、殉職した(第三の犠牲者)。

 午後2時40分、阿部署警ら二係・東康正巡査部長、能登原芳夫巡査が自転車で同支店に到着。一方、永田巡査長は北出入り口から入ろうとしたところ、近くにいた梅川に発砲されるが、よける。
 東巡査部長と能登原巡査は東出入口から入る。梅川が散弾を込めている間に、東巡査部長が一発発射したが、弾がそれる。

 支店の外に警察車両が集まり出したのを確認した梅川は、相談窓口係・Sさん(47歳)にシャッターを閉めるように指示。東、北出入口のシャッターが降り始めるが、東巡査部長が東出口から外に出て自転車や看板をシャッターの下にかませる。北出口のシャッターも行員がスイッチを押すのを止めたため少し開いたままになっていた。

 梅川は人質たちを脅してカウンター内に入れ、横一列に並ばせた。梅川は女子行員に命じて、死亡した楠本警部補の拳銃を持ってくるように命じると、女子行員は泣きながら拳銃を手にとって梅川に手渡した。

 午後2時50分、梅川は2人の泣きじゃくる男の子を抱きかかえる客の主婦を見つけると、「ぼく立てや」と呼びかけ、3人を解放した。
「こんな男にも優しさがあるのか」
 人質たちがそう思った直後、梅川は行員をカウンター内に横一列に並ばせ、「責任者は誰や」と尋ねる。
「私です」
 そう言った森岡忠司支店長(47歳)が前に出ると、梅川は「金を出さんかったのは、お前の責任や」と腹に向けて発射、森岡支店長は即死した(第四の犠牲者)。


【ソドムの市】
 
 銀行内は梅川の侵入した北出入口、楠本警部補らが突入した東出入口のほか、西側に職員通用口がある。通用口わきには2階と地階を結ぶ階段とエレベーターがあった。人質のうち4人は梅川に気づかれずに地階などに隠れていた。

 梅川は男子行員に2階へ通じる階段とエレベーターの前にスチール製机でバリケードを築かせた。なだらかなU字型のカウンター内部にも扇形に机などを並べ、その上に行員を正座させ、さらにその内側にも人質を立たせた。梅川は3ヶ所の出入り口からもっとも遠いカウンター内の一番奥・支店長席に移り、二重の盾により狙撃を防ごうとした。そしてそれぞれの出入り口付近にも見張りの行員を立たせた。

 この頃、警官隊が非常階段から2階に入ることに成功した。ある警官が1階に降り、バリケードを築く行員に合図をしたが、「警官の姿が見えたら殺される」と追い返された。この後、何度か警官隊が西通用口から突入する動きがあったが、人質の言葉に突入することができなかった。

 梅川、人質を並ばせて番号を連呼させたところ、「37」で止まった。「病人はおるか?」という問いかけに、妊娠中の主婦が申し出て、この主婦は解放された。

 午後3時10分頃、行内のバリケードがまだ充分ではなく、人質もばらけていたため、非常階段から支店2階 斎藤署長らは突入を計画するが、刑事部長が無線で呼びかけたため中止となった。

 午後3時半、支店2階の支店長質に特別捜査本部が置かれ、さらに付近の交通も封鎖された。支店を取り囲むのは警官数百人、100台を上回る警察車両だった。

 午後4時46分、梅川は自分で110番。
「俺は犯人や。責任者と代われ」
「もう4人死んどる。警官が入ってくると人質を殺すぞ」。

 午後4時50分、梅川はSさんに金のありかや構造を聞いたが、はっきり答えなかったため「生意気や」と発泡、Sさんは右肩を浴び、倒れた。そして激痛に耐えながら、死んだふりをしていた。
 だが梅川は持っていたナイフを別の男子行員に渡し、「首を突いて、とどめを刺せ」と指示。男子行員は機転をきかせて「もう死んでいます」と言うと、梅川は「お前ら『ソドムの市』を知っているか」とうす笑いをはじめ、
「死人の耳を切る。あの儀式をするんや。恐怖の極致をお前らに見せてやる」
 と言ってSさんの左耳半分を切り落とさせた。
 Sさんは事件後救助され、耳を切った同僚に対して「恨みはない。彼も辛かっただろう」とコメントした。

 梅川の言う「ソドムの市」とは、事件の2年3ヶ月前に封切られたパゾリーニ監督によるイタリア映画である。連合国に降伏したイタリアのファシスト数名が、美少年と美少女を館に集めて変態行為、拷問をするという作品である。この映画には現代社会の痛烈な批判が込められている。

 午後5時56分、梅川、女子行員に衣服を脱がせる。トイレも大便の時のみ使用させ、小便の時はカウンターの陰でさせた。

 午後7時頃、梅川の要求により、サーロインステーキとぶどう酒が差し入れられる。深夜にはラジオ、ビタミン剤、人質の食事、酒などを要求した。


【狂犬、銃弾浴びて】

 1月27日午前0時前後、警官隊突入が計画されるが、「無理」と判断。

 午前2時ごろ、ふるえている人質を見て、「寒かったら、その辺にころがってる死体に灯油をかけて火をつけたらどうや」と薄笑いを浮べて言う。

 午前2時40分、人質の男性に年齢を尋ねて、76歳とわかると、「帰ってもええ。ごくろうさん、長生きせえよ」と解放。

 午前3時53分、ラジオが届かないことに腹をたてた梅川が発砲。ロッカーにはねかえった散弾が庶務係・Mさん(当時54歳)の顔に当たり、Mさんはそのまま死を装う。

 午前4時45分、「ビールのお返しや」と、客の女性(当時24歳)を解放。

 午前7時40分、ラジオ差し入れの見返りに客の女性(当時41歳)を解放。客は全員解放された。行員には「最後は皆殺しや」と怒鳴る。

 この日、岐阜県内である男が交番の前をうろついていて逮捕された。男は梅川の小学校時代の同級生で、彼の犯行のために車を盗難していた。これにより梅川の名が明らかとなった。梅川はラジオで事件報道を聞き、「俺の名前はアキミでなくアキヨシや。よう覚えとけ」と警察に電話している。

 午前9時前、梅川は特捜本部に電話し、車に積んである映写機を友人に返して欲しいと依頼、さらに行きつけの飲み屋などに次々と電話し、「もう会えんやろ」「金を返す」などと伝えていた。

 午前10時頃、大阪府警のヘリで香川県から梅川の母親(当時73歳)が現場に到着。母親が説得に来ていると告げられた梅川は「そらあかん」と電話を切った。

 捜査員は母の手紙を階下に差し入れた。


昭美 お母さんが来ていますのよ 
朝のてれび見て知ったのですが、おまえどうしたことをしたのです。
いま、でんわをかけてもらったけれど、なんですぐ、きってしまったのか 
いまそこにいるおかたを、わけをはなして、母上のたのみですから、
ゆるしてあげてください 母上のたのみです 母より



 同じ頃、梅川は人質に着衣を許可している。


「サラ金にようけ借金があるんや」

 梅川は何度もこう口走った。実際に借金があり、自分の逮捕後にそのツケが母親にまわることをおそれて、法律的に問題が残らないかたちで何とか借金を処理できないかと思って行員らに何度も質問した。行員らが知恵を出し合うと、梅川は結論を出した。
 まず梅川名義の預金口座をつくり、そこへ一部の人質解放を条件に要求している500万円を振り込ませる、あるいは自分で預け入れる。そしてすぐに全額払い戻しを受ける。その金は人質の行員を使い走りにして、サラ金各社に返済に行かせるというものだった。すぐさまその手続きがされた。梅川は残高ゼロの通帳を見て、「ほう、これでええわけや」と呟いた。

 引き出した金を持って返済の使いに出た行員は10ヶ所ほどの借入先をまわり、梅川との約束どおりに銀行に戻った。深夜のことである。この帰還に梅川は喜んだが、この行員は警察の突入時の合図役としての任務を承っていた。なお、500万の金も事件後、警察によって回収されている。
 
 午後3時頃、ある行員が梅川に負傷者の解放を願い出た。その時、死んだふりを続けていた行員も「出したってくれ」と叫んだ。梅川は「おまえ、生きとったんか」と銃を向けるが、やがて「出したれ」と3人の負傷者を解放。

 夕方、梅川はローストビーフと高級ワインを注文。警官の手招きで、何人かの客が店外に脱出。さらに梅川は発熱した女子行員を解放。残った人質は行員のみの男性7人、女性18人となった。

 1月28日午前2時半頃、遺体の腐敗臭から、4遺体を非常階段から運び出す。

 午前7時、朝食と朝刊の差し入れがあり、梅川は銃を机に置いて新聞を読んでいた。密命を受けていた行員には梅川に隙があるように見えた。酒を飲み続けているし、眠ってもいないから実際に疲労もあったのだろう。行員はトイレに行き、西通用口の捜査員に突入の合図をした。7時半のことである。

 しかし午前8時、梅川はある男性行員に自分の衣服を着せ、弾を抜いた猟銃を持たせたうえで、自分は行員の衣服を着て拳銃を持ち、カウンター内の人質の盾にまぎれこんだ。梅川が何かを察したのかもしれないが、この作戦に突入はまたダメになった。ところが梅川はなぜかまた着衣を行員と交換し、元の支店長席に座った。

 午前8時40分、指揮官の合図のもと、狙撃手6人が2人1組で分散してバリケードの隙間から突入し、梅川に向かって一斉に発射。気づいた梅川は銃を手にとろうとしたが、弾丸を受けて椅子から崩れ落ちた。放たれた8発のうち3発が梅川の頭、首、胸に命中していた。
 42時間にも及ぶ長い籠城事件が終わり、梅川は病院に搬送されたが、その日の午後5時43分頃に死亡した。


【悪の美学】

 梅川昭美は1948年3月1日、広島大竹市で生まれている。父親46歳、母親42歳の時の子どもである。兄弟はない。
 父親が病気で働けなくなったのを機に両親は離婚、梅川は父の故郷・香川県大川町に移るが、父との生活もわずか半年で小学5年から母親と一緒に大竹市で暮らした。梅川はもともと少年時代から粗暴な性格だったが、両親の離婚を機に非行化は早まった。中学入学後は、唯一の肉親である母親に暴力をふるいはじめた。

 中学を卒業した梅川は、工業高校に入ったが1学期で中退。母親は息子のために復縁したが、梅川は家を飛び出した。
 その後、大竹市内の土建会社で作業員として働いていた。その間、バイクを盗んだりしたため会社を辞める。
 その直後、辞めた会社の社長宅に侵入し、留守番していた社長の義妹(21歳)をナイフで殺害、現金、預金通帳などを奪った。この時梅川はまだ15歳、1963年12月の事件である。逮捕後、「他の奴らはぬくぬくと暮らし、なんで俺だけが貧乏して苦しまないかん」と供述した。逮捕時、梅川は16歳未満だったが、犯行の残虐さから中等少年院に送られた。

 広島少年鑑別所は「同情、あわれみ、良心などの情性が欠如し、行動は反社会的、非論理的で罪に対する改悛の情が薄い。社会に放任することは極めて危険で、すでに病質的人格は根強く形成されており、容易には矯正できない」という鑑別結果を出したが、1年余で仮退院となっている。

 この後、梅川は父親の遠縁を頼って大阪へ行き、バーテン、飲食代取り立て人などをしながら暮らしていた。この時から三菱銀行を襲うまでの15年間、梅川は警察沙汰は起こしていない。
 19歳の時には父親が亡くなった。父親は生前、「はよう死なんと、いまにアイツにひどい目に遭わされるわ」と知人に嘆いていたという。梅川は父親の葬儀には出席しなかった。

 梅川は右腕に「牡丹」、左肩に「龍」の刺青を入れ、27歳の時に7年交際した女性と別れた後、大藪春彦のハードボイルド小説に熱中し、ボディービルに励み、猟銃の練習を続けながら、かっこいい男の生き方を模索していた。フロイトやニーチェなどの思想書や、ヒトラーの伝記にも手を出している。読書家で、月々の本代もかなりのものだった。自分を磨く努力には惜しみがなかったようだ。
 なお梅川と交際していた女性は、ベラミ事件の鳴海清とも付き合っていたことがあるらしいという噂があるが、真偽は定かでない。
 
 30歳の誕生日を前にして、仲間に「オレもおふくろを心配させたらあかん齢や」と漏らす。

 1977年2月、数少ない友人の1人に「どうしても5000万円ほど欲しい。銀行強盗やるから手伝え」と持ちかける。

 1978年2月、勤め先だったクラブが閉店になり失業する。4月頃から贈答品セールス業を始めるが、うまくいかず、母親への仕送りもできなくなった。

「15で殺しをやった。あれから15年目の30歳だ。ここらで一発でかいことをやらんとあかん」
 梅川は具体的に三菱銀行北畠支店を狙うことに決めた。計画では支店からは盗難車で逃走し、500mほどの場所にエンジンキーを刺したまま停めておいた愛車マツダ・コスモに乗り換えるというもの。愛車の灰皿にはアリバイ用に口紅のついた吸殻を入れておき、銃撃戦も想定して、2つの車両には大量の散弾も積んだ。
 ワゴン車は1月12日夜、三重県四日市市で友人に盗ませたものだった。25日、この強盗をもちかけられた友人は、協力を拒否し、梅川は「水くさいぞ。もう付き合わん」と捨て台詞を吐いた。

 事件直前、梅川は2年ぶりに母を訪ね、数日間の親孝行をした。近所の人に高価なカズノコを手土産に手渡した。出世して羽振りの良い自分を見てもらいたい、見栄をはりたかった。

 そして当日の午前11時頃、近所の理髪店でパーマをかけてアフロヘアにした。
 計画では3分以内には現金を奪って乗り付けた車で逃走するつもりだった。車に大量の散弾を積んでおいたのも逃走の際の銃撃戦を想定してのことだった。しかし支店に入ってやった威嚇発射のせいで行員がカウンター内に伏せてしまい、また外へ逃げ出した人もいて、警察への発覚が思いの外早かった。何せ梅川が支店に入ってわずか1分後には偶然通りかかった警官がやって来た。現金が詰め込まれたバッグが梅川に差し出される頃には、彼の計画に狂いが生じ始めていた。

 通りかかった警官を射殺してから、通報を受けたパトカーが到着するまで、4分の空白がある。梅川が現場から逃げられるとすれば、この4分の間に限られるが、なぜか彼はその場に居続けた。たった一人の篭城戦というのは先の見えている犯罪である。なぜ逃げなかったのか、という疑問については、「300万に満たない金では借金がどうにもならなかった」「警官がやって来たのを見て、支店の外にはもう警官隊が集結しつつあると錯覚した」というようなことが考えられるという。(「犯罪の同時代史」 松本健一 高崎通浩)
 
 彼の興じようとした「ソドムの市」は計画的なものでなく、計画的であったのは銀行強盗の方で、この狂乱は計画狂いの行き着いた先に起こった。もちろん梅川が「ソドムの市」にかなり影響を受けていたことも関係している。

 梅川からは銀行員に対する不満や憎しみといった感情が見え隠れする。若い女性の人質もいたが、全裸にされたのは女子行員だけであった。女子行員が差し入れのラーメンを配っていた時などは「お客さんから先にせんかい!」と怒鳴っている。
 行員以外の人質に対しては比較的親切に扱っていたとされ、またある時には行員に対して「片親のもんはいるか?」と尋ね、手を上げた女子行員に「お前は脱がんでええ」と言っている。後にその女子行員に対して「自分みたいな子を持ったら、母親としてどうするか?」と加えて尋ね、女子行員が「叱ります」と答えると、「それがええ!」と嬉しそうな表情をした。
 梅川の母親に対しての感情は複雑なものがあったようで、「世の中が一番悪いんや。その次にこんなオレを生んだ母親や」と言ったかと思うと、「オフクロがかわいそうや」と言うこともあった。

 
 事件から3人後の1月31日、母親と叔父の2人だけで、梅川の葬儀が執り行われた。
 また2月3日には殺害された2人の行員の三菱銀行葬があり、約2000人が参列した。

 これほどの凶悪事件、人質となった人々は一生記憶の消えることのない悪夢のような体験をした。その一方で時代は移り、銀行は合併を重ねて、現場となった三菱銀行北畠支店は三菱東京UFJ銀行北畠支店とその名を変えた。しかし完全に風化しているわけではない。事件を教訓に、この梅川事件さながらの防犯訓練が今でも行われている。


リンク


≪参考文献≫

アストラ 「あの事件を追いかけて」 大畑太郎 宮崎太郎
学習研究社 「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
河出書房新社  「現代殺人事件史」 福田洋・著 石川保昌・編
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
幻冬社 「破滅 梅川昭美の三十年」 毎日新聞社社会部・編
コアマガジン 「実録戦後タブー犯罪史 弱者を餌食にした卑劣な殺人鬼たち」
講談社 「ビジュアル版・人間昭和史 昭和の事件簿」 扇谷正造監修
作品社 「犯罪の昭和史 3」 作品社・編
三省堂 「死刑の考現学」 勢藤修三
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「週刊新潮 07年1月4・11日号」
新潮社 「封印されていた文書」 麻生幾
新潮社 「『週刊新潮』が報じたスキャンダル戦後史」 新潮社編
新潮社 「日本の大量殺人総覧」 村野薫
新風舎 「三菱銀行事件の42時間」 読売新聞大阪社会部
水声社 「犯罪地獄変」 犯罪地獄変編集部編
清流出版 「殺人者のカルテ 精神鑑定医が読み解く現在の犯罪」 福島章
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
筑摩書房 「犯罪紳士録」 小沢信男
東方出版 「大阪の20世紀」 産経新聞大阪本社社会部
徳間書店 「殺人百科 part2 陰の隣人としての犯罪者たち」 佐木隆三
日本文芸社 「殺しのカルテ」 宮崎学
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
平凡社 「『犯罪』の同時代史」 松本健一・高崎通浩
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 かい人21面相の時代 山口百恵の経験 1976-1988」
毎日新聞社 「20世紀事件史 歴史の現場」 毎日新聞社・編
ミリオン出版 「別冊ナックルズ 昭和三大事件」 



事件録】 【Top