神戸高塚高校校門圧死事件




【事件概要】

 1990年7月6日朝、兵庫県にある県立神戸高塚高等学校で、遅刻にされるのを恐れて校門に駆け込んだ同校1年生・石田遼子さん(15歳)が、同校教師・H(当時39歳)の押す門扉に頭部を挟まれ死亡した。


H



【校門前で】

 1990年7月6日、神戸市西区にある県立神戸高塚高校で、H(当時39歳)は他の2人の教師とともに、通用門で遅刻チェックをしていた。教師は拡声器で「10、9、8・・・」とカウントダウンしていき、この時30人近くが校門に殺到してきた。

 午前8時、チャイムの音と同時に、Hは通用門の内側からスライド式の門扉(高さ1.5m、長さ6m、重量230kg)を後部から押し始めた。この時、10数人の生徒と共に列となって登校していた1年生・石田遼子さん(15歳)が門扉と門柱の間に頭を挟まれていた。Hは、石田さんが挟まれた後も、門扉を押しつづけていた。石田さんの後ろにいた男子生徒が門扉を押し戻したところ、石田さんが耳や口から血を流して倒れていた。生徒が「女の子がたおれている」と声を上げ、Hは初めて事故に気づいた。Hは血を流している石田さんの頭を手で支え、一緒に登校してきた先生やその場にいた教師に、保険の先生を呼びに行くように指示した。
 
 石田さんは頭蓋骨粉砕骨折などで死亡した。

 同校には遅刻をすると、グラウンドを走らせる制裁があった。

 その後、県が遺族に6000万円を支払い和解し、Hは事故から20日目の同年7月26日に懲戒免職処分となった。


【裁判】

 1993年2月10日  神戸地裁は業務上の過失を認定し、Hに禁固1年、猶予3年を言い渡した。


リンク

兵庫県立・高塚高等学校         
http://www.hyogo-c.ed.jp/~takatsuka-hs/



≪参考文献≫

河出書房新社 「青木雄二のニ十世紀事件簿 犯罪・社会編」 青木雄二
近代文芸社 「平成を撃つ ニュースらいだー’89〜’94」 黒田清
コアマガジン 「実録戦後タブー犯罪史 弱者を餌食にした卑劣な殺人鬼たち」
駒草出版 「校門を閉めたのは教師か 神戸高塚高校校門圧殺事件」 外山恒一 はやしたけし 
春秋社 「平成『事件』ブック」 山崎哲
草思社 「校門の時計だけが知っている」 細井敏彦
長征社 「少女・15歳 神戸高塚高校校門圧死事件」 朝日新聞神戸支局編
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大辞典」 事件・犯罪研究会・編
批評社 「学校の中の事件と犯罪」  柿沼昌芳 永野恒雄
リーベル出版 「教育の日 女子高生校門圧死事件」 熊坂崇 
労働教育センター 「先生、その門を閉めないで 告発●兵庫県神戸高塚高校圧死事件」 保坂展人&トーキング・キッズ


 

事件録】 【Top