混血少年連続殺人事件




【事件概要】

 1966年12月から67年1月にかけて、愛知、千葉、山梨で、女性が自宅で強姦されたうえ絞殺されるという事件が3件続いた。
 67年1月、目撃証言などから千葉県柏市で元自動車修理工・A(当時16歳)が逮捕された。Aは日本人の母親と、当時地元に駐留していた黒人兵の混血で、公判では動機について「(自分を見る)彼女らの視線が憎かった」と語った。


A


【3つの事件】

 66年12月13日、愛知県豊橋市の自宅で主婦・K子さん(24歳)が殺害されているのを夫(当時28歳)が見つけた。K子さんはまもなく臨月を迎えようとしている頃だったが、水のはられた浴槽にまっさかさまに頭を突っ込んだ形で死んでおり、胎内の子どももすでに死亡していた。部屋も荒らされており、現金2万円が紛失していたほか、K子さんには何度も犯された痕跡があった。
 解剖によると、K子さんが殺害されたのは白昼のことで、死因は絞殺とわかった。さるぐつわに使っていたとされるタオルには仙台市の旅館のネームが入っていた。


 それから2週間後の12月27日、今度は千葉県我孫子市の主婦・T子さん(28歳)が殺されているのを、やはり仕事から帰宅した都庁職員の夫(当時32歳)が発見した。部屋内は衣類が散乱しているなど荒らされており、T子さんは洋間で下半身裸の状態で、頭に布団をかけられ死んでいた。両手両足は縛られており、口はさるぐつわをした上から絆創膏が二重三重に貼られていて、首には紐で絞められた跡があった。胸も物指で指されいたが、発見された時、まだかすかに体温が残っていた。しかし、病院に運ばれる途中で亡くなった。隣室にいた生後3ヶ月の子どもは無事だったが、室内からは現金2万4千円が紛失していた。


 年が明けて67年1月16日、山梨県甲府市小河原町の、用事から帰った母親(当時65歳)が、留守番をしていた家事手伝いの末娘・W子さん(25歳)が襖の中でアイロンコードで首を吊って死んでいるのを見つけた。W子さんは生理中ということもあり、血まみれだった。畳の上にはなぜか血の付いたキュウリやソーセージも散乱していた。現場検証の結果、これらの食品は強姦の際に、局部に挿入されたらしいことがわかった。現金1万円が無くなっており、これが第3の強盗殺人となった。W子さんは見合いを前日に控えていたという。

 捜査の過程で注目されたのは異様に大きい足跡だった。これは千葉と山梨の事件の現場から検出されたもので、いずれも新興住宅地に家に1人でいた若い女性が同じような手口で襲われていたため、広域ではあるが同一人物による犯行ではないかと見られた。さらに目撃証言などからも「縮れ毛で肌が黒い大柄の少年」が浮上する。
 警視庁は、豊橋市の事件も含め、これらを広域重要事件106号と指定した。


 67年1月23日午前11時半頃、千葉県柏市名戸ヶ谷の警察官待機宿舎前を縮れ毛の大きい少年が通りすぎていったのを、ある巡査部長夫人が見かけ、通報した。
 少年は柏構内で、逮捕される。元自動車修理工のA(当時16歳)だった。


【好奇の視線と、それへの憎しみ】

 Aは仙台に駐留していた黒人の米国兵と、旧家の女学生X子さんとの間に生まれた。
 X子さんは敗戦当時、まだ小学校6年生だったが、母親が教師をやっていて英語が少しわかったため、自然に食べ物を持って米兵たちが訪問するようになっていった。その中の1人、ジョンソンは混血で、X子さん宅を1人で佇んでいるような無口な男だったが、47年頃、X子さんを妊娠させてしまう。家族は激怒し、X子さんは16歳でジョンソンと同棲を始め、50年6月に塩釜市の病院でAを産んだ。

 Aが産まれてすぐ、朝鮮戦争が勃発。ジョンソンは妻子を置いて戦地へ赴いた。ジョンソンが死んだとする手紙がX子さんの元に届いたのはその数ヶ月後のことだった。
 残されたX子さんとAには何の保障を与えられるでもなく、親類達は混血のAを忌まわしがり、X子さんを避けるようになった。やがてX子さんははAを捨て、白人兵と九州・別府で同棲を始めた。
 Aは祖母に育てられることになったのだが、「お母さんはお前を産む時に死んだ」と教らえ、父親はまだ20代だった伯父だと説明された。

 4歳の頃、Aは母親のいる別府に、祖母と伯父に連れられて行ったが、当然母親は明かされていない。X子さんはそれからしばらくして、夫と渡米していった。Aは祖母らに連れられて横浜港まで見送りに言ったが、X子さんは現れなかった。
 祖母はAを溺愛していたが、家族は行く末を案じて、仙台市内の白人兵夫妻に養子に出した。しかし家族間のちょっとしたトラブルがあり、すぐに破談となった。

 小学校入学したが、Aは否応にも目立つこととなった。「あいのこ」、「くろんぼ」とからかわれ、泣いて帰ってきたこともある。
 さらに2年生の時、自分を可愛がってくれた祖母が病死した。
「ばあちゃんが死んだら、俺も死ぬんだ」
 そう言っていたAは、裏山にある祖母の墓に行き、1人で遊んでいることが多くなった。

 3年生の頃になると学校を休むことが多くなった。伯父が優しく事情を聞いてみると、自身の容姿についての悩みを漏らした。髪や肌の色など、他の子ども達との違いが気になり始めたのである。
 ある時、Aは室内をかきまわしていると、毎年クリスマスに異国から届く手紙を見つけた。手紙には「養育費に」と少しのドル札が同封されていた。「私は悪い母親だ」という文面から、Aはなんとなく自分の出生の秘密がわかった気がした。

 その後のAは自転車で家出をしたり、家のことを仕切っていた叔母に買い食いの小遣いを要求して、叔母が渋るとナイフを持って暴れるといったことを繰り返した。自分に対して唯一優しかった伯父のことも煙たく感じるようになり、伯父が帰宅する頃になると姿を消した。
 家族は非行を繰り返すAのことについて相談し、カナダ人が経営する施設に預けようとしたが、黒人との混血という理由で断られた。

 中学2年の時、伯父から出生の秘密について聞かされる。
 それからしばらくして、Aは伯父に「施設に入りたい」と切り出した。伯父が「施設は非行少年の行く所だ」と説明すると、Aは鉄砲店から空気銃を万引して、教護施設に送られることとなった。
 その施設には50名ほどの非行少年がいたが、すでに体格の良かったAは実力でボス格となった。容姿についてからかわれたら、暴力を振るったが、それ以外はおとなしく過ごした。教護の先生に励まされて勉強も頑張り、成績も各段に上がった。

 中学卒業後、彼は西多賀にある自動車修理工場に勤め始めた。最初は真面目に働いていたのだが、3ヶ月目であっさり辞めてしまった。
 Aはこの後、空き巣を繰り返して金を集めていたが、何件目かで仙台少年鑑別所に送られることとなった。
 66年4月、Aは赤痢で病院に移された際に脱走した。一旦自宅に戻り、叔母に向かって「俺はこれから消えるよ」と言い残して、再び姿を消した。

 Aは関東方面に向かい、空き巣を繰り返した。自動車修理工場時代の給与は月10800円だったが、この頃はその十倍の金を手に入れることに成功していた。それからも新潟、山口、広島、愛知など全国を転々としている。
 そしてその年の暮れから年始にかけて、3件の強盗殺人を犯してしまうのだった。


【裁判】

 A、公判で「(自分を見る)彼女らの視線が憎かったから」と証言。

 72年9月9日、千葉地裁松戸支部、無期懲役判決。本来は死刑だが、少年法が適用されての判決だった。


リンク


≪参考文献≫

アスペクト 「実録 戦後殺人事件帳」
河出書房新社 「犯罪専科」 小沢信男
作品社 「犯罪の昭和史 3」 作品社・編
ジャパンミックス 「異常‐SEX‐殺人のカタログ50」 CIDO・プロ編
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
宝島社 「別冊宝島 身の毛もよだつ殺人読本 血と精液にまみれた殺人鬼たち」
筑摩書房 「犯罪者たち もう1つの同時代史」 井出孫六
ぶんか社 「警察庁広域重要指定事件完全ファイル」


事件録】 【Top