小松川高校殺人事件




【事件概要】

 1958年8月、新聞社に若い男から「高校で女を殺した」という内容の電話があった。
 まもなく警察が現場を調べたところ、同校のY子さん(16歳)の遺体が発見される。男はその後も警察署や新聞社に電話しつづけ、逮捕された。男は同校夜間部の李珍宇(当時18歳)。さらにもう1件の女性殺しを自供した。


李珍宇(イチヌ)


【自己顕示】

 1958年8月20日午前10時15分、読売新聞社社会部に1本の電話が入った。
「特ダネを提供するよ!おれが女を絞殺したんだ。死体は小松川高校にある。被害者はね・・・・江戸川区平井のY子さんっていうんだ。小松川高校のアナに投げ込んできた」
 声の主はシワがれ声の25歳前後の男だった。同社はすぐ小松川署に通報したが、「いたずら電話だ」とされて、すぐには捜査を開始しなかった。

 21日午前7時15分、今度は小松川署にやはり若い男からの電話が入る
「俺が女を絞め殺して小松川高校の屋上の穴に捨てた。女は江戸川区の平井2丁目に住んでいるY子さんだよ!」
 この電話で捜査員が同校を訪れ調べてみると、屋上の南側手すりのスチーム管の覆いの中からY子さん(16歳)の遺体発見。服装は行方不明当時のものと同じだったが、所持していた現金150円と手提げのカバンがなくなっていた。

 Y子さんは男の話通り、江戸川区平井の体温計会社常務方の四女で、中央区銀座東の明石中学校事務員補助をしていた。
 17日午後1時頃、「友人宅に行く」と言って家を出て、同区本一色町の同級生宅を訪問。ところがこの同級生は不在で、午後4時頃同家を出た。その後、小松川高校に経ちより6時頃まで校庭で野球を見物していたが、それから消息が途絶えていた。
 当時、小松川高校はソフトボール部とサッカー部が合宿をしていたが、屋上は使われておらず、また通用門から学生以外の人も午後8時頃までは出入りしていた。

 22日午後5時、再び読売新聞社に電話。社会部直通でかかってきた。
「太田のクシを持っているから送り返した。俺はウブじゃない。前にも1度人を殺したことがある。結婚に破れて―」
 これは読売新聞夕刊で、松本清張が「この犯人は気が小さな自首も自殺できない男」と批判していたものに反論したものだった。電話での予告どおり、24日朝、葬儀中の太田家にクシが配達される。

 25日午後7時頃、読売新聞社に電話。
「今日7時半ごろ、小岩郵便局から寺本捜査一課長あてに手紙を出した。そのなかにはY子さんの鏡と写真3枚、それに寺本課長宛ての書面を入れてある」
 社会部は2度の犯人からの電話を受けて、電話にテープレコーダーをつないでいたが、これが犯人の声を録音した最初の電話だった。このテープは捜査本部に提供された。
 通報を受けた捜査員は小岩郵便局を調べ、男の言っていた封書を発見した。

 28日午前7時34分、最後の電話。通話時間は32分にも及ぶ。電話の最中、記者が「君は声が違うよ。偽者だろう?」と決めつけると、男はムキになって犯行を詳しく語り始めた。
「俺はねえ、これを考え出したのが夏休みに入る前さ。夏休みは7月20日からだよ。殺人決行を決めたのは、1週間前だ。おれは被害者の紙まで1枚も残さずまとめて持って帰った。指紋を残さないためさ。それくらい冷静だった。完全犯罪だよ。これで2度目の完全犯罪だよ。もう危ないからやらないつもりだけど3度目は予告するよ」
 日本電電公社(現NTT)は、電話が江戸川区小松川公会堂前の公衆電話からであることを明かにし、電話が切れてから2分後にパトカーが現場に駆けつけたが、犯人らしい男の姿はなかった。

 その後、ラジオで犯人の肉声が公開され、多数の情報が入った。声は未成年特有の若若しさがあり、「シュ」と「ス」の発音が鮮明に出ておらず、べらんめえ口調ではあるが、純粋なものではなかった。このため「下町に育った朝鮮人の少年ではないか」と疑われた。また「小松川高校をよく知る者」という線でも調べられ、まもなく江戸川区堤に住む小松川高校夜間部の李珍宇(当時18歳)が有力容疑者として浮上。また電話の内容から「文学好きの男」という線で図書館を調べたところ、世界文学全集46冊が盗まれていることがわかり、その犯人も李と判明した。
 そして公衆電話で長電話しているのを少女3人が目撃しており、3人はいずれも李の写真を見て、「この男に間違いない」と証言した。

 9月1日午前5時、李を逮捕。李は笑って「とうとうやって来ましたね。やはり完全犯罪は敗れましたよ。後に残る両親や兄弟が本国へ送還されるようなことのないよう考えてくれ」と捜査員に話した。
 李はさらに江戸川区の工場賄婦・S子さん(23歳)を自宅近くで殺害したことも自供した。この犯行は4月20日夕方頃に行われたが、証拠が乏しく迷宮入りになりかけていた。
 

【李珍宇】

 李珍宇は1940年2月28日、東京都城東区亀戸の朝鮮人部落で生まれた。46年に家は空襲で焼け出され、江戸川区上篠崎に移り住んでいる。三男三女の次男で、日本名は金子鎮宇といった。
 
 父親は酒好きで窃盗の前科があり、母親は半聾唖だった。同居するおじも前科8犯のスリだった。
 父親は1918年(大正7年)に日本に渡ってきた。「造船所で働いてくれ」と言われたのに、実際に送られたのは炭坑だった。戦後、日雇い労働者として働きながら、何度か窃盗をはたらいた。事件当時にはすっかりアルコール中毒になっており、稼ぐ金はほとんど酒代となり、家族から文句を言われていた。

 李が5歳の時に戦災に焼き出され、江戸川区にトタンぶきのバラックを建てて引っ越した。一家の生活は、朝鮮人部落のなかでも貧しいものだった。李の供述によれば、「きつねうどん以上のごちそうを食べたことがなかった」らしい。

 小学5年くらいの時、友人に誘われて、近所の2つほど年上の少女と関係を持った。それが初体験である。

 篠崎中学校では生徒会長を務め、抜群の秀才だった。極貧のため教科書が買えないため、筆写して勉強に励んでいたという。理数系の成績は良くはなかったが、特に国語、社会が得意だった。弁論大会にも出場したこともある。読書意欲も旺盛で、なかでもドストエフスキーなどを愛読していたが、ある日図書館から外国文学書計53冊を盗み、東京家裁で保護観察処分を受ける。また修学旅行に行けない腹いせに担任教諭の腕時計と長靴を盗むという事件も起こしている。

 その後、日立製作所、精工舎などに就職を望むが、韓国籍のため不況下の町工場を転々とした。月収5000円はすべて家に入れていたという。ある工場では、同僚の女性に後ろから抱き付いて叱られたこともあった。
 事件当時は自転車のベルを作る工場に勤めながら、小松川高校の夜間学部に通っていた。

 1958年1月、図書館での盗みが発覚。自宅の本棚から発見されたのはゲーテ「ウィルヘルム・マイスターの徒弟時代」、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」、トルストイ「復活」、メルヴィル「白鯨」。ほとんどが外国文学だった。

 4月20日午後7時15分頃、李は銭湯から帰る途中、自宅近くの江戸川区鹿骨町前潟橋付近の路上で、自転車に乗ったS子さんを発見。S子さんは男性のような格好をしていたというが、これが想像力をかきたてるかたちのなり、気になって後を追いかけた。そして篠崎町の浅間道路上で追いつき、道路脇の田んぼに押し倒して馬乗りになり、首を絞めた。S子さんが気を失うと姦淫したが、遂げる前に意識をもどしたので再び首を絞めて殺害したという。

 8月17日。日曜日であり、暇を持て余していた李は、「学校に行けば誰かに会えるだろう。それでキャッチボールでもやろう」と午後4時頃に自転車で高校に出かけた。李は夏休み中でひっそりしていた自分の教室である1年南組に入り、黒板にいたずら書きなどをしていたが、それにも飽きて屋上に昇った。
 屋上の水槽手前では、Y子さんが石の上に座って本を読んでいた。李はY子さんのことは知らなかったが、屋上をうろうろしているうちに、「この娘と関係を持ちたい」と思った。
 Y子さんの傍で「やろうか、やるまいか」とうろうろしているうちに、Y子さんは不審に思って立ちあがった。李はポケットからナイフを出し、Y子さんお腕を引っ張って、時計台の方へ連れて行った。当然Y子さんは大声を出して嫌がり、李は押し倒し両手で首を絞めて殺害した。遺体は横穴の方まで引きずって行き、その中に隠した。李はもみ合いの途中に自分のナイフで指を切ったので、これを見られないように暗くなるのを待って立ち去った。またY子さんの所持品も李の指紋が付着していたので奪った。(以前逮捕された時に指紋をとられていた)

 逮捕された時、押収された日記には次のように書かれていた。
「屋上から見える空。雲も月も星も全部が注視している。見よ!この偉大なる力。すばらしい勝利。輝くひとみ。赤い顔」


【「悪い奴」】

 李逮捕の際、署員が部屋を捜索すると、日記「随筆」の中に、妙な文章が綴られているのを発見した。それは読売新聞が公募した「第5回短篇小説賞」に応募した作品の下書きであることが、自供によりわかった。題名は「悪い奴」。しかし、これは予備審査も通過せず、原稿は同社文化部のロッカーの中に積み重ねられていた。

 「悪い奴」は小説というよりは、ほぼ李の自伝に近いものだった。
 主人公は貧しい家に育ち、アルコール中毒の父親を憎んでいた。李によると、S子さん殺しの体験をもとに書いたというが、主人公が殺害したのは女性ではなく、「山田」という名の同窓生だった。「山田」が中学時代にクラス費を盗んだことを、会社に密告して解雇を言い渡され、彼を殺害することを決める。その首を絞める場面は生々しいものだった。


【裁判】

 1959年2月27日、東京地裁は「少年の各所為は、いずれの点からみても、天人ともに許さざる凶悪非道なものである。よって少年に対しては、刑事処分が相当と認める・・・」と死刑を言い渡す。犯行時は17歳ながら、少年法の適用外とされた。戦後20人目の少年死刑囚だった。

 同年12月28日、東京高裁、控訴棄却。李は「死刑は当然だ。早く死の償いをしたい」と上告を拒否したが、両親たちが上告した。

 1961年8月17日、最高裁、上告棄却。Y子さんの命日であるこの日に死刑が確定した。

 獄中での彼はカソリックに帰依し宗教書を熱心に読んだ。

 1962年、東京拘置所から宮城刑務所に移される。
 同年1月26日午前10時、死刑執行。享年22。

私は”鎮宇”として生きるよりも、チヌ(ハングル文字)として死ぬ自分を誇りに思う。・・・・・姉さん、朝鮮語を勉強するための本を何か送ってください


リンク

都立小松川高校 定時制課程
http://www.komatsugawa-h.metro.tokyo.jp/teijisei/index_frame.htm


≪参考文献≫

アスペクト 「実録 戦後殺人事件帳」
鏡浦書房 「鑑識捜査」 遠藤徳貞
學藝書林 「ドキュメント日本人5 棄民」 谷川健一・鶴見俊輔・村上一郎責任編集
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
原生林 「隠語で綴る事件簿 犯罪手帳」 高田重夫
現代評論社 「現代の眼 78年8月特大号 全特集・戦後犯罪史−怨恨と欲望の社会病理」
グリーンアロー出版社 「事件記者スクープにかけた30年」 佐々木武雄
荒地出版社 「性倒錯の世界 異常性犯罪の研究」 沢登佳人 沢登俊雄
講談社 「戦後欲望史 混乱の四、五○年代篇」 赤塚行雄
講談社 「生きている死者 死刑囚は訴える」 太田博也
恒友出版 「そして死刑は執行された」 合田士郎
作品社 「犯罪の昭和史 2」 作品社・編 
思想の科学社 「思想の科学 6月臨時増刊号 犯罪事典」
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
ジャパンミックス 「異常‐SEX‐殺人のカタログ50」 CIDO・プロ編
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新人物往来社 「李珍宇全書簡集」 朴壽南・編
新潮社 「新潮45 06年3月号」
新風舎 「激動昭和史 現場検証 戦後事件ファイル22」 合田一道
清風書房 「死刑囚の記録 明治・大正・昭和・百年の犯罪史」 日本犯罪心理研究会・編
青林工藝社 「日本の殺人者」 蜂巣敦
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
立花書房 「凶悪犯罪とその捜査 本部事件係検事覚え書」 村上久
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」
筑摩書房 「その時この人がいた もうひとつの昭和史」 井出孫六 
筑摩書房 「犯罪紳士録」 小沢信男
筑摩書房 「犯罪百話 昭和篇」 小沢信男・編
中央公論社 「検事の現場検証」 村上久
潮文社 「完全犯罪 ある捜査官の記録」 成智英雄
東京法経学院出版 「犯罪調書 ●17の事件簿」 笠銀作
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
桃源社 「追跡・兇悪犯 実録事件記者」 伊豆悦老
徳間書店 「実録・大物死刑囚たち さらばわが友」 カービン銃ギャング事件主犯・元死刑囚=K・O
図書出版社 「増補版 事件百年史」 楳本捨三
日本文芸社 「捜査四課元刑事が見た昭和事件史」 渡辺忠
批評社 「学校の中の事件と犯罪 1」 柿沼昌芳・永野恒夫 編著
批評社 「戦後ニッポン犯罪史」 礎川全次
扶桑社 「日本猟奇・残酷事件簿」 合田一道+犯罪史研究会 
毎日新聞社 「事件の裏窓」 毎日新聞社会部編 


事件録】 【Top