ポルノ男優の児玉誉士夫邸セスナ機自爆事件




【事件概要】

 1976年3月23日朝、東京・世田谷区等々力の児玉誉士夫宅に、セスナ機が突っ込み爆発した。児玉氏は無事だったが、お手伝いさんが負傷した。セスナ機を運転していたのはポルノ男優・前野光保(29歳)だった。

※児玉誉士夫・・・・1911年、福島県生まれ。京城商業専門学校を卒業後、工場勤務。その後、右翼運動に加わり、3度投獄された。41年、大西滝次郎中将の依頼で「児玉機関」を設立、海軍航空本部の物資調達や宣撫工作を行なった。戦後、逮捕されたが、GHQにより釈放された。その後は右翼運動の指導者として、「右翼の大物」、「フィクサー」として知られた。84年1月、没。享年72歳。


前野光保


【小型飛行機の襲来】

 1976年3月23日午前9時50分頃、東京・世田谷区等々力の児玉誉士夫(当時65歳)宅に、セスナ機が突っ込み爆発した。児玉邸の2階一部が焼けただけで、別室で寝ていた児玉は無事だったが、お手伝いさんが負傷した。
 庭先にはセスナ機の残骸と、黒焦げになった操縦士の遺体があった。その青年は、ポルノ映画などで活躍していた俳優・前野光保(29歳)だった。

 警視庁は「背後関係はなく、前野の単独犯行」と同日中に断定している。


【最後の特攻隊】

 前野は東京・世田谷区に生まれた。実家は布団店である。
 小学校高学年の時に劇団ひまわりに入り、子役として活躍。吉永早百合主演の「潮騒」にも出演した。 
 真面目な性格で、特に英会話の勉強に熱心だった前野は明星学園から法政大学に進学したが、なぜか1年で中退している。
 女優・黒澤のり子さんと結婚したのは67年7月。しかし、俳優として大成するために、2年間米・カルフォルニア大学に留学し、演技を学んだ。帰国した後は日活の「ニューアクション」シリーズなどに出演していた。

 71年頃からポルノに転向した前野は「前野霜一郎」という芸名で20本ほどの映画に出演。「東京エマニュエル夫人 個人教授」では飛行機を操縦するシーンもあった。
 72年、アメリカ人女性と再婚して、女の子をもうけたが、75年に離婚している。
 

 前野が右翼の大物とされる児玉を狙ったのは、彼が左翼思想を持っていたからではない。彼は70年11月に市ヶ谷駐屯地で自害した三島由紀夫に心酔しており、普段から「俺はサムライだ。三島こそサムライ」と周囲に語っていた。
 また親しい友人には「飛行機で児玉の家に突っ込んだら面白いだろうな」と漏らし、実際に車で児玉邸を見に行ったりした。

 75年2月25日、陸上単発機の免許を取得。

 76年2月、前野は新潟県のスキー場で離婚を苦に服毒自殺を図っている。警察の事情聴取に対して、「自分でシナリオを書くために、死を体験する必要があった」と供述した。

「児玉はけしからん。そのうち俺が成敗してやる」
 3月13日、児玉氏はロッキード事件で資金を受け取ったとされ、起訴された。前野はそんな児玉を許すことはできなかった。児玉について「利権屋」と断じた。

 3月23日、前野は前日に日活の衣装部屋から持ち出した神風特攻隊の制服を着、「七生報国」と書かれたハチマキを巻いて、調布飛行場に姿を現した。飛び立つ前には乗りこみ口でポーズを決めて記念撮影も行なっている。
 セスナ機は東に向かい、等々力の児玉邸上空を低空で旋廻した後、そのまま突撃した。その時、彼は無線機に向かって、次のように叫んでいる。
「天皇陛下バンザーイ!」


 この事件は海外で「最後のカミカゼ」と報じられたりしたが、国内では特に大きな波紋を残すことはなかった。


リンク

ウィキペディア 「児玉誉士夫」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E8%AA%89%E5%A3%AB%E5%A4%AB


≪参考文献≫

朝日新聞社 「朝日新聞一○○年の記事に見る(6)奇談珍談巷談 下」 朝日新聞社編
幻冬舎 「自殺者 現代日本の118人」 若一光司
講談社 「戦後欲望史 転換の七、八〇年代篇」 赤塚行雄 
宝島社 「別冊宝島 昭和・平成 日本テロ事件史」 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
批評社 「戦後ニッポン犯罪史」 礎川全次
毎日新聞社 「児玉番日記」 毎日新聞社会部編


事件録】 【Top