小平義雄事件




【事件概要】

 1946年8月、東京・芝区の増上寺境内で、女性の全裸死体が発見された。
 まもなく「職を世話する」と言って、この女性を呼び出していた小平義雄(当時42歳)が逮捕された。小平は前年から46年にかけて、何人もの女性を強姦・殺害していたことを自供した。


小平義雄


【笹やぶで】

 1946年8月17日午前11時頃、東京・芝区(現・港区)の増上寺の一角にある西向観音山の笹やぶで、死後約10日が経過した全裸の女性遺体があるのを伐採作業員が発見した。
 女性は首に細く引き裂いた布が巻きつけられており、強姦されたうえ殺害されたものと見られた。さらにこの遺体から20mほど離れた場所に、死後約1ヶ月の白骨化した女性の遺体があった。
 現場付近は「闇の銀座」と、当時デートコースとして知られていた。この2人の女性の人相などはすでにわからなかったが、服装などから若い女性と見られた。

 まもなく全裸で死んでいた女性の家族が「自分の娘ではないか」と名乗り出た。
 母親によると、娘・A子さん(17歳)が仕事を探しているのを知った「小平義雄」という男が、「クチを紹介してやる」と住所を交換し、8月4日に彼女の自宅を訪ねて一泊。母親とも会っている。
 話によると、進駐軍食品部で就職試験を受けさせるということだったが、母親は「あの男はくわせ者だから心を許してはいけない」と娘に言っている。
 6日朝、A子さんは目黒区の自宅を出たまま帰らなかった。このことから母親は男に会いに行ったが、「試験の日に来なかった」と言った。

 小平義雄(当時42歳)は自宅にいたところをあっさり発見された。小平は芝高浜町の米軍兵舎内洗濯所で働いており、渋谷区羽沢町に妻子と住んでいた。彼には殺人と窃盗の前科があり、同僚からは「女癖が悪い」との証言もあった。
 8月19日、小平は愛宕署に連行されると、小平はA子さん殺しを自供した。さらに10件の暴行・殺人を自供した。


【小平義雄】

 小平は1903年(明治36年)に栃木県都賀郡日光町大字細尾で生まれた。宿屋を営む両親の6番目の子どもだった。

 小学校卒業後、18年に上京。食料品店の店員、工員見習いなどをした。その後、地元に戻り、製鋼所に勤めた。

 19歳の時、志願して横須賀海兵団に入隊。6年間の軍隊生活をおくった。
 練習艦でオーストラリア、ヨーロッパ、旅順、上海を巡り、この間に娼婦を買うことを覚え、セックスを初体験している。また集団強姦をやったことや、上官にカミソリで切りつけたことが2度あることを告白した。しかし、監獄を出る頃にはなぜか三等機関兵曹として勲八等旭日賞を受けている。

 小平28歳の時に勤めていた工場長の姪(当時21歳)を紹介され結婚。しかし4ヶ月後に妻が田植えの手伝いに実家に戻ったきり帰らなかった。これは小平が18歳と21歳の娘と浮気をして、子どもを産ませていたことを妻の親が知り、離縁させようとしていたからだった。
 小平は妻の実家に押しかけ、義父を鉄棒で殺害、他の家族6人にも重傷を負わせた。小平28歳の頃の事件である。この事件で懲役15年を言い渡され服役した小平は、2度の恩赦もあって40年に仮出所した。
 
 その後、ボイラーマン、サイパンでの飛行場建設の仕事などをして、1944年に知人の紹介で知り合った女性と再婚した。もちろん前科のことは隠していた。

 1945年2月、長男誕生。子どものことはとてもかわいがっていたという。
 
 3月には空襲があって妻子を富山に疎開させた。
 この当時、小平は第一海軍衣糧廠(女子挺身隊「悟空林」の寮)でボイラーマンとして働いていたが、この女子寮には日本女子大、共立女専の女学生たちが多く寄宿していた。小平の下に5、6人の助手がいて、彼らからの評判は良くなかったが、女性には親切だったので、女性の副寮長などは「悪いことができない内気者」と彼のことを見ていた。
 この寮内で、下士官や将校が女性と性交するのを目にしていた。あくまで小平の供述によるもので本当かどうかは不明だが、隊員の女性がボイラー室にやって来て、小平に馬乗りになったということもあったという。

※女子勤労挺身隊・・・・1943年6月25日、政府は「学徒戦時動員体制確立要綱」を閣議決定し、9月には「国内必勝勤労対策」を決め、17業種に男子の就業を禁止し、代わりに女性を就業させた。これは戦時下の労働力不足を補うためのものだった。さらに44年9月、「女子挺身隊勤労令」が公布された。

 5月22日か23日、以前から目をつけていた生の女性M子さん(21歳)が、盲腸の手術で入浴できないため小平からお湯をもらって体を拭いた。小平はボイラー室を出て、扉の穴からこれを覗き見し、関係を持ちたいと考えた。
 
 5月25日昼、M子さんが「郷里に帰ります」という旨を伝えにボイラー室にやって来た。この当時、寮生たちの大部分は疎開していて、M子さんも一旦疎開したが手術のため上京した。寮内はがらんとしていた。
 小平は自室に戻ったM子さんを追いかけ、部屋に入ると、彼女は髪を梳かしていた。
「私の言うことを聞いてくれないか・・・・」 
 小平は情交を迫ったが、「おじさん、冗談を言わないでよ」と言って立ち去ろうとしたので、両手で首を絞めた。この時、小平は苦しむ女性の顔を見て、ひどく興奮したという。
 煙草をふかしてM子さんが意識を戻すのを待ち、しばらくして蘇生すると、M子さんは観念して衣服を脱いだ。そして関係を持ち、発覚を恐れた小平はまたも首を絞めて殺害した。女性の遺体は防空壕に隠した。
 その晩(25日)は東京大空襲があった。3月20日以来の空襲で、渋谷区の小平宅は罹災し、小平は妹夫妻と身の周りの荷物をリヤカーで運び、知人宅に避難した。この後、小平は妻の疎開先に向かったが、再び上京して遺体を遺棄した防空壕の様子を見に行ったりもしている。

 M子さんの遺体は6月に発見され、小平は呼び出されて聴取を受けるなどしたが、敗戦のうやむやで捜査は立ち消えとなった。小平はこの後も犯行を重ねた。


【小平義雄の犯罪】

 小平は「性欲旺盛な、野獣のような男」と言えるが、見た目は精悍で、わりと紳士的なところもあった。食糧、職を求めていた女性は次々と彼の毒牙にかかることになった。

(1)1945年5月25日、寮の女子隊員M子さん殺し。

(2)6月23日、東武鉄道新栃木駅で人妻(31歳)に「この近くに知り合いの農家がある。そこへ行けばいくらでも米が買える」と声をかけ、県内の山中に連れこんだ。途中、女性が不審に思い帰ろうとすると、ここで迫った。女性は「私は人妻だし、そんないやらしいことは絶対ダメです」と拒んだが、構わず強姦。小平は未明までに3度犯したのち絞殺。現金70円と腕時計を奪った。遺体は9月10日に発見された。

(3)7月12日、食料買い出しのために渋谷駅で乗車切符を買おうと並んでいた横浜市の会社事務員(22歳)を、「米を安く売ってくれる農家がある」と栃木県真名子村(現・西方町)の山林に誘い出し、強姦。済んだ後、女性は小刀のようなものを取り出し、小平につきつけたが、これを奪い取り、馬乗りになって絞殺。現金40円入りの財布と腕時計を奪った。

(4)7月15日、イモの買い出しに行くため武蔵野電車池袋駅で並んでいた女性会社員(21歳)に、「どちらに買い出しに行かれるのです。私も500円持って買い出しに行きたいのですが、初めてのところでは売って貰えないでしょう」「すぐ買える知り合いのところに連れて行ってあげます」などと声をかけた。小平は3日前の犯行発覚を恐れ、妻の疎開先の富山に向かう途中だった。この女性は胸を病んでおり、ガリガリに痩せていた。小平は武蔵野線清瀬駅(清瀬村)からしばらく歩いた雑木林に彼女を連れこみ強姦、絞殺。現金60円と下駄1足を奪った。遺体は11月5日に白骨死体となって見つかった。

(5)9月28日、食料買い出しで、先輩の女性を東京駅山手線ホームで待ち合わせしていた出版社会計係の女性に「清瀬方面へ行ったら懇意な農家がある。イモはいくらでも買えるから一緒に行こう」と声をかけ、清瀬村に連れこみ強姦・絞殺。現金300円と、物々交換のために持って来ていた縮緬洋服を奪った。この女性は兄が戦死していたため、先輩と靖国神社に行くはずだった。遺体は11月1日に発見された。

(6)11月1日。イモ買い出しのため渋谷駅で乗車券を買おうと並んでいた世田谷区の女性(17歳)に「暖かい場所に来なさい」と渋谷・東横デパート地下室に連れこみ、暴行・絞殺。現金20円余りを奪う。

(7)12月29日、東武線浅草雷門駅で同じく電車に乗りこんだ女性(21歳)に声をかけ、栃木県西方村の山中で強姦・絞殺。現金130円入りの財布とリュックを奪った。

(8)1946年6月9日、小平が時折パンやソーセージを与えていた顔見知りの国民学校高等科2年の少女(15歳)に「ビスケットをやる」と言って、運送会社の廃品自動車置場に連れこみ、菓子を与えてから情交を迫った。しかし嫌がられたため、強姦・絞殺。遺体をトラックの下に隠した。その4日後、トラックが燃え、少女の遺体が発見される。

(9)7月22日、知り合った女性に「銀座方面に遊びに行こう」と誘い、増上寺境内の観音山の雑木林で、暴行・絞殺。46年8月に見つかった白骨死体の事件。被害者の身元はついにわからなかった。

(10)6月18日、品川駅で友達と都電を待ち合わせていたA子さんに声をかけ、パンをあげた後に「就職を世話する」と誘い、6日に増上寺でおちあい、草むらで一緒に弁当を食べている時に乳房が見えたので欲情し、雑木林で強姦・絞殺。増上寺内で全裸で発見された事件。A子さんは銀座の喫茶店に勤めていたが、店は閉鎖することになっており、次の職探しに懸命だった。小平は声をかけた時に本名を名乗っており、逮捕につながった。


 このうち(6)(8)(9)の3件は、一審で証拠不充分により無罪とされた。似た手口の迷宮入り事件を小平に押しつけたという批判もあったらしい。ただ(9)については逮捕直後に被害者の服装などについて詳しく話すなど、彼が関与した可能性は極めて高い。また小平の手記によると、殺害した10人の他に30人ほど強姦したとされる。
 
 彼は自分の犯行について、次のように語っている。
「私が女たちを殺害した理由は、女の死に顔を見て喜ぶとか、死の苦しみを見て喜ぶといったことではないのです。第一には、女は殺さねばいうことをきかない。殺してからゆっくり楽しんでやろうと思うのです。第二には、女を絞めて弱らせると手足を伸ばしてしまいますが、そのとき両方の足を広げて下を見て、それから関係するのがいいのです。第三には、女が死んでから下を見ようという好奇心があったのです。陰部を見る楽しみはこんどの犯行以来です。M子以来です。普通のやり方より強姦のほうがいいです。自由になりますから。女を横にして下を見ながら関係しようとする瞬間が、なんともいえないのです。殺されてもいいと思う時があります。日本刀でうしろから首を斬られてもかまいません。そんなによいのです。100%以上です。死体でも同じことです」


【死刑】

 1947年6月18日、小平に東京地裁で死刑が言い渡された。その時、小平は顔を赤らめ裁判長におじぎをした。

 1948年2月27日、東京高裁、一審支持。さらに同年11月16日、最高裁で上告が棄却され、死刑が確定した。


 死刑執行の半年前、初めて面会に訪れた妻が小平にこう言った。 
「自分が疎開していたばかりに、あなたの世話ができず、このような結果を招いた。あなたの罪の責任は私にあります」
 それ以来、小平の日々は変わった。捨てバチな態度から、落ち着きを取り戻し、「死刑囚の子どもとして、いじけないように育ててほしい」と妻に頼んだ。

 1949年10月5日、死刑執行。享年44。
 小平はこの日、6時半に起床。朝食を食べた後、窓の外の秋雨を眺めて、中川玄昭教誨師(当時35歳)に「こういう落ち着いた日に死ねるのは幸福だ」と話した。そして刑務所長に宣告されると、マンジュウを食べ、煙草をふかした後、妻に遺言状を書いた。
「自分は荘厳な気持ですべてを清算し、静かな気持で死んで行きます。長い間、お世話になった人々によろしくお伝え下さい。家族の者もどうぞ天命を完うして下さい」

 また辞世の句も書いている。
亡きみ霊 赦し給へし過去の罪 今日の死を待ち 深く果てなん


リンク

増上寺
http://www.zojoji.or.jp/


≪参考文献≫

アスペクト 「実録 戦後殺人事件帳」
一声社 「昭和事件史」 加太こうじ 
河出書房新社 「サイコパスという名の怖い人々」 高橋紳吾
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
現代書館 「FOR BEGINNERS 死刑」 前坂俊之
現代評論社 「現代の眼 78年8月特大号 全特集・戦後犯罪史−怨恨と欲望の社会病理」
現代評論社 「あらゆる犯罪は革命的である」 平岡正明 
荒地出版社 「性倒錯の世界 異常性犯罪の研究」 沢登佳人 沢登俊雄
講談社 「昭和 二万日の全記録 第7巻 廃墟からの出発」
講談社 「戦後欲望史 混乱の四、五○年代篇」 赤塚行雄
講談社 「ビジュアル版・人間昭和史 昭和の事件簿」 扇谷正造監修
講談社 「原色の戦後史 戦後を日本人はどう生きたか」 大島幸夫
講談社 「犯罪の心理学 なぜ、こんな事件が起こるのか」 中村希明
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
ジャパンミックス 「猟奇殺人のカタログ50」 CIDOプロ・編
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲
思想の科学社 「思想の科学 6月臨時増刊号 犯罪事典」
小学館 「昭和世相史 記録と年表でつづる世相と事件」 原田勝正
新書館 「現代の犯罪」 作田明・福島章編
新書館 「犯罪ハンドブック」 福島章
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」 佐々木嘉信
新潮社 「日本の大量殺人総覧」 村野薫
新風舎 「激動昭和史 現場検証 戦後事件ファイル22」 合田一道 
清風書房 「死刑囚の記録 明治・大正・昭和・百年の犯罪史」 日本犯罪心理研究会・編
青林工藝社 「日本の殺人者」 蜂巣敦
綜合図書 「異常犯罪白書 恐怖の戦慄・凶悪20大事件」 島田清 
双立社 「猟奇ゼミナール No.3 情痴犯罪実話特集」
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 殺人百貨店 日本人はどういう理由で人を殺すのか?」 
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
宝島社 「別冊宝島 身の毛もよだつ殺人読本 血と精液にまみれた殺人鬼たち」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
宝島社 「戦後死刑囚列伝」 村野薫
筑摩書房 「犯罪紳士録」 小沢信男
東京法経学院出版 「犯罪調書 ●17の事件簿」 笠銀作
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
徳間書店 「殺人百科V」 佐木隆三
徳間書店 「人間臨終図鑑 上巻」 山田風太郎 
図書出版社 「増補版 事件百年史」 楳本捨三
日本文芸社 「現代読本 波乱怪奇!人と事件百年史 1月創刊号」 
日本文芸社 「歴史を動かした昭和史の真相200」 保阪正康
日本文芸社 「捜査四課元刑事が見た昭和事件史」 渡辺忠
パロル社 「ドキュメント連続少女殺人 孤高の鬼・吹上佐太郎」 蜂巣敦
批評社 「戦後ニッポン犯罪史」 礎川全次 
扶桑社 「日本猟奇・残酷事件簿」 合田一道+犯罪史研究会 
二見書房 「捜査一課 謎の殺人事件簿」 近藤昭二
みすず書房 「日本の精神鑑定」 内村祐之・吉益脩夫監修 
雷韻出版 「週刊猟奇殺人事件」 内藤久 
ワニマガジン社 「極悪人 世界悪漢列伝―脅威の悪人たち!」 


事件録】 【Top