ドクターキリコ事件




【事件概要】

 1998年12月15日、3日前に毒物を飲んだ東京・杉並区の無職女性(24歳)が死亡した。女性はインターネットを通して毒物を購入し、ある男の口座のその代金を振り込んでいたこともわかった。同年8月にも同様の自殺があり、やはりこの男の口座に金が振りこまれていた。
 まもなく札幌市内の男(27歳)も15日に自殺していたことがわかり、この男が女性らに毒物を郵送していたことがわかった。


―――――――――


【絶望は僕の相棒】

 1998年12月12日、東京・杉並区の無職X子さん(24歳)が薬物を飲み自殺するということがあった。毒物は青酸で、10日前後に宅配便で届けられており、送り主は札幌市の「草壁竜次」なる人物だった。

 X子さんが搬送された杏林大学病院の担当医師は、すぐさま伝票に書かれたPHSに連絡した。
「まさか。あれを本当に飲んでしまったんじゃないでしょうね。あれは純度の高い青酸カリですよ。その人(杉並の主婦)が死んだら、私も死にます」
 男はそう言って電話を切った。このため病院は警察と相談して、女性がまだ生きていることにしておこう、とした。

「女性から頼まれて青酸カリを送った。カプセルで6錠だ。普通は5万円だが、無職で金がないということだったので、3万円にしてやった」
 「草壁」は偽名で判明したが、男はそう話した。男はさらに7人に青酸カリを売ったことを認めたが、X子さんが死亡した15日から連絡がつかなくなっていた。

 自殺したX子さんは、2年前から精神的に不安定になり、自殺未遂を数回図っていた。3日、X子さんは「草壁」の銀行口座に3万円を振り込んでいる。「草壁」は7日に入金を確認し、引き出している。残金は数百円だった。12日午後、宅配便を受け取った母親にその中身について尋ねられると、X子さんはこう答えている。
「私のくすりよ」

 X子さんに青酸毒物を送りつけたのは誰なのか――。
 銀行口座開設の時に使用した健康保険証も偽物だった。X子さんの交友関係にも「草壁」という男は見当たらない。インターネットなどで知り合ったものかとも見られたが、彼女自身がそういうことに詳しいわけではなかった。
 まもなく関係を仲介した人物が判明する。練馬区の主婦A子(当時29歳)、彼女もまた死にたい1人で、「自殺ネットワーク」というホームページを運営していた。X子さんとA子は病院で知り合い、「草壁」を紹介した。

 さらに同年7月3日に、足立区の主婦(21歳)が、杉並区の女性と同じようなケ―スで自殺していたことも判明。「草壁」が不特定多数の人に、毒物を送っていたことがわかったのである。

 15日未明、札幌市北区の塾講師の男性H(27歳)が自殺した。家族が悲鳴を聞き、救急車を呼んで病院に運ばれた時にはすでに死亡していた。男性はぜんそくの持病があったので、発作により亡くなったものと当初見られたが、25日になって毒物の送り主である可能性が出てきたため、血液を調べたところ、高濃度の青酸カリが検出された。警視庁は被疑者死亡のまま、男性を「草壁」と断定、自殺幇助の容疑で書類送検した。
 26日と27日、男性宅を家宅捜索。毒物は発見されなかったが、壊れたパソコンなどが押収された。パソコンは男性の父親が、自殺の理由を知りたいと思い、開いたところ壊れたのだという。


【ドクターキリコの診察室】

「安楽に逝くために。無駄なく、苦しみ味わうことなく、安楽に、そして確実に逝きたい。誰もが願うことでしょう」
 このメッセージは「ドクターキリコの診察室」というホームページのイントロ部分である。

 「ドクターキリコの診察室」とは、ハンドルネーム「美智子交合」なるA子のホームページ「安楽死狂会」の掲示板として開設されたものである。
 A子とHは6月頃にネット上で知り合い、膨大な量のメールを交換していた。HはA子から「(ホームページの)専属のドクターになって」と頼まれて、ここでは「草壁竜次」と名乗った。

 「ドクターキリコ」とは手塚治虫の漫画「ブラックジャック」に出てくるキャラクターで、助かる見通しのない重病患者の安楽死を請け負う医師である。なんとかして患者の命を救おうとするブラックジャックとは真逆のスタンスにいる。
「生きる望みをたたれた人間はむしろ楽に死なせてやった方がいい」
 草壁もこうした考えを持つようになったのだろうか。

 A子によると、死にたい人には誰でもかれでも毒物を送ったわけではないという。失恋や受験失敗などの一過性の自殺念慮については送らず、カウンセリングをしてどうにもならない症状の人にだけ送ったらしい。
 A子自身も、8月上旬にHから青酸カリ6錠を3万円で購入し、お守りがわりに持ち歩いていたが、「いつでも死ねるんだから、もう少し頑張って生きてみよう」と思うようになり、それを電話でHに伝えると、
「だろう?そういうものなんだよ。アレは僕にとっても本当に不思議な”お守り”なんだよ。僕はこれまで何人かの人にお守りを渡したけれど、誰も飲んだりしていない。だから美智子さん(B子)にもきっと”お守り”になると思っていたよ」
 と答えた。
 つまり、死なせてあげるためではなく、生きてもらうために毒物を送ったというのである。

 このホームページを通じて、毒物の郵送をHに要求したのは、確認されただけでこの8人である。

・杉並区の女性X子(24歳) 死亡
・足立区の主婦(21歳)    死亡
・練馬区の女性(21歳)
・愛知県内の女性(31歳)
・埼玉県内の男性(25歳)
・練馬区の主婦A子(29歳)
・茨城県内の男性(24歳)
・千葉市の男子大学生(22歳)

※千葉市の学生は6月末に3万円を振り込むが、毒物は受け取っていない。
※茨城県内の男性は他の人とは別の口座に入金しており、自宅に白い結晶の入った毒物が届いていたが、母親が不審に思って渡さなかった。これは後に青酸カリと判明している。



【草壁竜次】

 Hは私立大学の化学科を卒業すると、札幌市の医薬品検査会社に就職。しかし、朝礼でボーナスに関する不満を上司にぶつけ、「改善しなければ会社を辞める」と言って本当に辞めた。
 96年には薬局に就職。しかし4ヶ月ほどで辞めた後は学習塾の講師の仕事をしていた。

 97年2月頃、薬品検査会社時代の取引相手であった薬品卸会社に「青酸カリを売ってくれ」と電話。担当者は断ったが、しつこく頼み込み、「湖沼の水のカリウム検査のため」と説明してなんとか入手した。その量は5g、660円ほどだった。

 Hは薬学の専門家ではなかったが、薬学部に進みたいと考えていたこともあって、地道に勉強していたようだ。
 「(量は)これくらいで死ねますか?」という質問に、「その10倍は必要です」などと丁寧に教えている。薬のことについて勉強するために高価な専門書を購入するなど、なかなか熱心であり、「無理をなさらないで」という内容の投稿もあり、悩める人々から慕われていた。もちろんネット上での相談であるから、誰もHとは会ったことはない。会うことを望む人もいなかった。
 11月には自分のPHSの番号も掲示板上に公開している。

 ちなみに彼は毒物を郵送する時、伝票の品名欄に「EC」と書いている。「エマージェンシー(緊急)・カプセル」という意味だった。


【識者よ黙れ】

 事件がワイドショーなどで取り上げられると、次のような書きこみがあった。

「マスコミの扱いは偽善に満ちていた、特にフジテレビ。殺人者扱いじゃないか。カレーに毒盛ったわけじゃないし」(12月26日)

「いざとなったら草壁さんっておもっていたから生きて来れたのかもしれない。(中略)草壁さんいないならまたクスリ溜めなくちゃ」(同日)

「すばらしい希望にみちあふれた世界へ旅立たれたキリコ先生のご冥福をお祈りします。(中略)自殺が悪のように報道されていますが、どうしていけないの?死ぬよりもつらい苦しみを強いることがどうして善なのでしょう?最後の逃げ場まで強制的に奪い上げてさらにつらい苦しみ=いきていく事をおしつける。そんな偽善者に満ちた社会に生きていたいと思いますか?」(同日)

「識者たち黙れ、キリコ先生の冥福をお祈りします。残された私たちは、いろいろなものを奪われましたね。自殺を語るだけで悪のように扱われている。ネットの世界ですら居場所を奪うのか。ただ静かに、安楽に逝きたかっただけなのに・・・・」(12月27日)

 なお、掲示板は同日中に閉鎖されている。


【トピックス ネットと事件、自殺】

 この事件はインターネットの闇の部分が問題となった。
 その後も自殺志願者達は、自殺サイトや掲示板を訪れ、同じ目的を持った人と一緒に死ぬ「ネット心中」が社会問題となる。
 現実社会では、死にたいという気持ちがあっても、なかなかそれを口に出したりするのは憚られる。だがネットの世界では、顔も知らない人相手だから、死にたい理由などを話しているうちに同情しあったり、お互い込み入った話はしないであくまで「一緒に死んでくれる人を探す」というドライな関係を構築しやすい。また一緒に死ぬ理由も、「寂しい」「1人で死ぬのは嫌だ」とかではなく、「確実に死にたい」「自分で車両や練炭、七輪を用意するのが面倒だから」というケースもあり、――使い古された言葉だが――人間関係の希薄さが浮かび上がる。

 05年には人の苦しむ表情に性的興奮を覚える男が、そうしたネット心中を呼びかけ、会った男女を殺害する、いわゆる「自殺サイト連続殺人事件」が起こった。
 また出会い系サイトで知り合った男女の痴情をめぐる殺人事件が起こり、親友と仲違いした小学生の女児が自身のホームページを攻撃し合い、果てに学校内で殺害するという「佐世保・小6女児の同級生殺害事件」もあった。05年12月には長野県内の男が実の父親殺害をネット掲示板で知り合った男に依頼するという「ネット依頼殺人」も起こっている。

 インターネットは世界じゅうの人とコミュニケ―ションをとることを可能にした。だがどんな世界であっても、人間関係を築くうえで嫉妬、愛憎、勘違いなどはつきものである。これはつまり、本当は出会うはずのなかった人を、犯罪の被害者、または加害者にしてしまう可能性を生み出したということなのかもしれない。


リンク

GATE21 「草壁事件関連の詳しい資料」
http://www.box.kpu-m.ac.jp/~yas/index.htm


≪参考文献≫

NHK出版 「ネット心中」 渋井哲也
角川書店 「ニッポン列島毒殺事件簿」 植松黎
河出書房新社 「Dr.キリコの贈り物」 矢幡洋
現代書館 「電子・少女・犯罪」 朝倉喬司
小学館 「少女はなぜ逃げなかったか 続出する特異事件の心理学」 碓井真史
宝島社 「別冊宝島 自殺したい人びと」
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」
創出版社 「創 99年8月号」 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」
日本文芸社 「『命』の値段 自殺から殺人、事故死、過労死まで―――死の経済学」 内藤満・監修


事件録】 【Top