川崎・浪人生金属バット親殺し




【事件概要】

 1980年11月29日、川崎市高津区の住宅で、一柳幹夫さん(46歳)と妻の千恵子さん(46歳)が血まみれで死んでいるのが発見された。翌日になって、犯行を自供し始めたのは一柳さんの次男で浪人生の展也(当時20歳)だった。キャッシュカードから金を引き出したことと、酒をくらっていたことで父親に「出て行け」と言われて、金属バットで両親を殴り殺したという。


一柳展也


【一柳家の人々】

 一柳展也は、父親が東大、兄が早稲田大学理工学部、母親は短大卒というエリート一家に生まれる。家は川崎市高津区にあり、東急田園都市線・宮前平駅から北へ300mほどの高級住宅街の一帯にあった。
 さらにそのルーツをたどっても、父方の祖父は東京商大(現・一橋大)卒で、三菱銀行に入り、都内の支店長を務め、その息子達は東大(展也の父親)、東京教育大(現・筑波大)、慶應大をそれぞれ卒業している。

 父親は東大を出た後、旭硝子に入り、79年には同社東京支店建材担当支店長になっていた。
 妻とは1955年に見合い結婚。だが家庭人としてはわがままなところがあり、小料理屋に通いつめ、月給を使いこんでしまったり、妻に向かって、自分は東大、長男は早大出であることをひけらかし「展也が二浪しているのは、頭の構造が短大しか出ていないお前に似たんだ」と当り散らしたこともあったらしい。

 展也は兄と比べると、やや活発な子どもだった。
 当時は社宅が渋谷区にあったので、区立渋谷小学校、区立青山中学校に進んだ。中学の卒業文集には「いったい3年間、おれは何をしたのだろうか・・・」と書いていた。

 中学時代、展也は母親の財布から1万円を盗んだことがあった。母はこれにすぐ気がつき、息子の目の前で取り上げた1万円札を燃やしたという。
 展也学校の成績は中ぐらい。来たるべき高校受験に向けて、家庭教師を3人つけていた。
「これだけやって早稲田か慶応に入れなかったら、参っちゃうよなあ」
 展也は受験前に友人にそう話していた。しかし早稲田高等学院、慶応高校両方に失敗。合格した東京の私立海城高校、神奈川の桐蔭学園のうち海城高校に進学した。学校での成績は「クラスで5番以内」、「中の上」、「中の下」と進学ごとに下降していった。この年に父親は川崎市宮前平に家を買い、一家は社宅から引っ越している。

 私立海城学園高校1年の時、中間試験の成績が悪いことで父母から勉強態度を叱られた。叱られたことで展也は親を困らせてやろうと1週間ほど家出。都内の祖母のアパートで終日テレビや漫画本を見ていた。帰宅後、反省の色はなく、そのころから次第に無口、無気力になり、学業も怠け始めた。その一方、父や兄のように一流と言われる大学に進学したいという願望も持っていた。


【失敗】

 現役合格はならなかったが、展也は「1浪くらいは・・・」という気持ちでこの1年間の勉強にも真剣さが欠けていた。

 1980年3月、またも受験に失敗した。
「こんな大学を落ちてどうするんだ。大学だけが人生ではないから就職を考えたらどうか」と父に言われた。展也はこの件で父親がエリート意識を持っていることや、父の母への態度などに反発、反抗心を強めていった。

※展也が受験した大学
現役時・・・・早稲田(法・商)、上智、成城、明治学院、中央
1浪後・・・・・早稲田(法・商)、明治、立教、法政

 一浪の時はろくに勉強していなかったのに、なぜか現役時よりも志望大学のレベルを上げていた。これは父の言う”大学”が、それ以外の大学を許さなかったからかもしれない。母親は「受験をあきらめて就職してもいい」、父親は「他にも人生はいろいろある。大学はもうあきらめた方がいいのではないか」と一見ものわかりの良いことを言ったことがあるが、展也は両親の本音を知っていた。

 その後母親が「もう1度チャンスをあげたい」と勧め、ようやく父の許しを得て2浪したが、友人との接触が少なくなって、孤独感に陥り、ついに大学受験に耐えきれず、自信も喪失、劣等感や焦燥感にもかられるようになった。

 1980年、事件のあった年の夏、展也は一人で両親の故郷である山口県・屋代島を訪れている。顔見知りの年下の少年が板前になうと言ってるのを聞いて、帰途、大阪に寄って、うどん屋を見学したりしているが、やはり自分は職人などにはなれないと思いなおし、帰京した。


【爆発】

 1980年11月28日、父親は午前12時前に帰宅した。父親は母と展也を応接間に呼ぶと、キャッシュカードがなくなっていると言い出した。
「キャッシュカードがなくなった。お前だろう。サイフから金がちょくちょくなくなっているが、それもお前だろう」
 父親は声を荒げた。
 展也は父のカードで金を引き出していたので、素直に謝った。だが現金は盗んでいない。それを砦に防戦に努めたが、いつも味方してくれる母も「あんたってダメね」と、その夜は耳をかさず、展也が予備校を休んだことなどを責めたてた。

 父親の怒りは展也が自室に引き上げていったあとも静まらず、もっと厳しく叱っておこうと2階の展也の部屋へあがっていった。ドアを開けると、展也はウイスキーをラッパ飲みしていた。父は逆上して展也を足蹴りし怒鳴りつけた。
「大学も行けないくせに、酒をくらいやがって。お前のようなドロボーを養っておくわけにはいかん。明日にでも、この家を出て行け」

 この時、展也は本当に明日追い出されると思ったという。この不安と怒りが彼に凶行へと向かわせた。父親が部屋を出ていった後もウイスキーを飲みつづけた。父親の方も展也を叱責した後、行きつけの飲み屋で荒れた様子で焼酎のボトルを半分空けて「畜生!あの野郎!」と連発していた。「あの野郎」が展也を指すのかどうか定かではないが、おそらくそうだろう。父親にもかなりの苦悩があったのではないかと思われる。

 日付がかわり29日午前3時、ウイスキーを半分以上あけた展也は金属バットを手に取った。そして寝ていた両親の頭だけを狙って金属バットを5、6回振り下ろした。血しぶきは天井にまで達するほどだったという。

 展也は犯行後、金属バットを風呂場で洗い返り血を浴びた服を着替え、室内を荒らして強盗殺人に見せかけるべく第一発見者を装った。

 自首後、現場検証に立ち会った展也は、凶器の金属バットを探して天井を入りこむ刑事を見上げて、「手袋はしなくていいんですか?」と他人事のように尋ねた。また殺害を再現する時にも、無表情でダミーの頭部に金属バットを振り下ろした。
 展也は留置中、同房の若い窃盗犯と談笑したり、漫画を読んだりして、泣き崩れることは一度もなかったという。

 展也を犯行に駆り立てたのは出来の良い兄と比較される苦しみと、親に見離される悲しみだったと思われる。だが、この家庭内で最も苦しんだのは展也でも父親でもなく母親だったのではないか。事件後、母親が家計簿にしたためたメモには、夫から「お前の育て方が悪い」となじられ続けること、「夫は一言も口を聞いてくれない。壁のよう・・・」「家庭は冷え冷えとしている」「それもこれも私の責任」と自責の念を綴っていたことがわかった。
 子供はかわいい。大学進学に失敗しても、子供はかわいいものである。だからこそ母親は展也をかばい続けた。展也の聞いた母の「あんたってダメね」は、長い間の我慢が一瞬ゆるんで出た言葉だったのではないだろうか。


【裁判】

 1984年1月の検察側の論告求刑によると、展也は次のような日記を綴っていた。

「父母のことを思い出すと、何ともやりきれない思いがする。自分でやったことだからしょうがないと言えばしょうがないが、何とも苦しい。この苦しみからは永遠にのがれることができないのだろうか」

「戦前戦後の苦しい時期に子供時代を過ごし、苦労して子供を育て、マイホームを手に入れ、そしてその子供に殺された。これほど悲惨なことはない。全くおれはどうしようもない」

 同年2月、展也は最終弁論で、「世間を騒がせて申し訳ない。兄や親類には僕と血がつながっていることで絶望的な苦しみを与えた。死んでおわびできるならそうしたい」と涙声で述べた。

 同年4月25日、横浜地裁川崎支部は懲役13年(求刑同18年)の判決を下した。展也は控訴せず、確定した。


リンク


≪参考文献≫

アストラ 「あの事件を追いかけて」 大畑太郎 宮崎太郎
アスペクト 「実録 戦後殺人事件帳」
王国社 「東京の事件 都・市・型・犯・罪・の・ゆ・く・え」 朝倉喬司
河出書房新社 「教育読本 子供たちの反乱」
河出書房新社 「現代殺人事件史」 福田洋・著 石川保昌・編
幻冬舎 「ニッポンの犯罪12選 日本史言論犯罪史編」 爆笑問題
講談社 「週刊 日録20世紀 1980」
講談社 「戦後欲望史 転換の七、八〇年代篇」 赤塚行雄
講談社 「ビジュアル版・人間昭和史 昭和の事件簿」 扇谷正造監修
ザ・マサダ 「囚人狂時代 My Sweet-home Prison」 見沢知廉
三省堂 「別役実の犯罪症候群」 別役実
思潮社 「子供の領分 山崎哲戯曲集」 山崎哲
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
集英社 「うちの子だから危ない 犯罪学博士の教育論」 藤本哲也 
春秋社 「子どもの犯罪と死」 山崎哲 芹沢俊介
情報センター出版局 「子供をゆがませる間取り」 横山彰人
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲 
清流出版 「殺人者のカルテ 精神鑑定医が読み解く現在の犯罪」 福島章
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 殺人百貨店 日本人はどういう理由で人を殺すのか?」 
太郎次郎社 「醒めない夢 金属バット事件から女子高生監禁殺人事件へ」 青木信人
太郎次郎社 「死角からの報告 子どもが『人間』を殺した」 斎藤茂男・編著
筑摩書房 「犯罪百話 昭和篇」 小沢信男・編
東京法経学院出版 「事件・犯罪大事典」 事件犯罪研究会・編
批評社 「戦後ニッポン犯罪史」
文藝春秋 「週刊文春 05年8月11日・18日夏の特大号」
平凡社 「『犯罪』の同時代史」 松本健一・高崎通浩
ミリオン出版 「別冊ナックルズ 昭和三大事件」 
洋泉社 「犯罪の向う側へ 80年代を代表する事件を読む」 朝倉喬司VS山崎哲



事件録】 【Top