警視総監公舎爆破未遂事件




【事件概要】

 1971年8月7日午前2時頃、千代田区一番町にある警視総監公舎玄関脇に、爆発物らしき物がしかけられているのを警備の巡査が発見、犯人らしき男ともみ合いとなったが、逃げられてしまった。
 この事件で、日大闘争などで闘ったメンバーが、車の盗難事件の別件で逮捕され、爆発物取締罰則で起訴されたが、全員の無罪が確定。


―――――――


【警視総監公舎爆破未遂】

 1971年8月7日午前2時頃、千代田区一番町にある警視総監公舎の赤外線装置が突然作動、宿直の巡査が駆けつけたところ、玄関脇に爆発物らしき物がしかけられているのを発見した。
 巡査は犯人と見られる若い男と格闘になり、いったん捕まえたが、後ろ向きのまま鉄扉の間をすり抜け、待機させていた車で逃げられてしまった。
 後の鑑定でわかったことだが、この爆発物は2mmのベニヤ板も損壊できない「爆弾もどき」「仕掛け花火」にすぎないものであった。

 直後の2時15分、公舎から近い新宿区坂町の靖国通りに、車種とナンバーから犯行に使われたと見られる普通乗用車「コロナ」が放置されているのを警官が見つけた。
 車は須藤正(当時23歳)名義のもので、警察はすぐに須藤宅に電話をかけたが、応対した父親が「まだ帰宅していない」と答えた。

 須藤は日大闘争を闘った人物である。
 当日の夕方から、新宿の喫茶店で日大闘争時代の友人・桐野敏博(当時23歳)、二瓶一雄(当時23歳)、伊藤博司、後藤国雄と会って話しこんでおり、最終的には女性2人も合流して二瓶宅に行き、午前1時過ぎて解散した。
 須藤は自分の車「フローリアン・バン」で桐野を送った後、伊藤の家に行った。同行の後藤はそこに泊まったが、須藤は午前2時頃伊藤方を出て、20分後に自宅に戻った。父親が警察からの電話に出ていたのはちょうどその時だった。

 問題のコロナは、たまたま桐野が二瓶とともに10日ほどまえに入手していた3万円のポンコツ車だった。それを当時、週刊現代の記者をしていた福富弘美(当時37歳)に貸してあったのである。
 福富は当初、「車は前日に盗まれた」と嘘の供述をしたが、後に車の所有者は京大全共闘のMら2人で、須藤は名義を貸し、車を預かっていただけということがわかった。その知人から「車を返してくれ」と言われて、前日新宿駅前で渡していた。

 当日午前5時頃、須藤と福富は、車を確認してもらうという名目で、麹町署に連行された。そこで須藤は二瓶宅に夜遅くまでいたこと、福富は夜10時に帰宅してそれからは一歩も外出していないと説明した。
 この時、同時に面通しも行われていた。靖国通り上で車を乗り捨て、曙橋方面に逃げて行った2人の若い男の目撃者であった女性は、須藤・福富は別人であること証言した。また車内にあったタオルとハンカチと、2人の着衣を警察犬に嗅がせてみたが「反応なし」だった。


【犯行メンバー、続々と・・・】

 須藤は前述したように日大全共闘に属していた。そして桐野、二瓶らと成田・三里塚闘争に取組んでいた。総監公舎爆破事件と同じ頃、成田署で同種の爆弾による爆破事件があり、疑惑を深めることとなった。

 事件は迷宮入りかに思われた11月6日、福富と二瓶は交通事故にからむ窃盗事件で別件逮捕される。
 公舎爆破未遂事件の数ヶ月前、麹町署管内で車の三重衝突事故があり、間にはさまった車両が20日前に小金井市内で盗難されたものだった。この車に乗っていた2人の男は現場から逃げ出していたが、1人は背が高くヒゲを生やしていた。
 福富もヒゲを生やしており、背格好も似ていた。警察はこれに気づき、公舎事件と結びつけることを思いついたとされる。この交通事故の2人の運転手を訪問、福富の写真を見せ、同一人物か尋ねた。事故の男は顔全体にヒゲがあったが、福富は鼻ヒゲだけで、運転手も「同じ男かは断言できない」としたが、警察は「事故の男は福富でもう1人は二瓶である」という供述調書を作成した。

 翌17日に須藤、23日に桐野、25日に岩淵英樹、外狩直和(当時29歳)と次々別件逮捕された。

 11月27日、福富は釈放されたが、二瓶は窃盗罪で起訴され、他の人物も起訴されていった。

 12月12日、二瓶が自供、15日には福富を含むこの6名は爆発物取締罰則違反で再逮捕。そして72年1月5日、実家にいてアリバイが成立していた外狩をのぞいた5名が爆発物取締罰則で起訴。さらに共犯として佐藤憲一が全国指名手配された。

 1月9日、爆弾を提供したとして飯田真司逮捕。だが31日、起訴できずに釈放される。結局、爆弾の出所は不明のまま。


 警視庁の描く事件像は次のようなものだった。

(1)5月7日、三里塚闘争の「足」にするため、桐野、須藤、岩淵、外狩、二瓶の5人は、小金井市で乗用車1台を盗む。

(2)外狩をのぞく5人は、警視総監公舎に爆弾を仕掛けることを計画。

(3)8月上旬、桐野と須藤が、京都から爆弾を調達。

(4)8月7日、福富の運転する車で総監公舎に乗りつけ、二瓶が玄関前に爆弾を仕掛けた。


【裁判】

 72年4月5日、二瓶の分離公判で懲役2年の実刑判決。取り調べの時に「認めないと実刑になる」と言われていたが、実刑となった。二瓶は初めて騙されたことに気づき、自白を撤回、控訴した。

 83年3月9日、東京地裁は5被告に無罪を言い渡す。公舎爆破未遂事件はもとより、自動車窃盗事件についても犯行の証明がないことを指摘した。22日には検察側も控訴を断念し、無罪が確定した。

 4月1日、無罪確定を受けて、指名手配されていた佐藤が11年3ヶ月ぶりに姿をあらわし、記者会見。

 12月15日、控訴審判決で二瓶にも無罪。

 71年という年は、真岡猟銃奪取事件(2月)、明治公園爆弾投てき事件(6月)、朝霞自衛官刺殺事件(8月)、日石ビル地下郵便局爆破事件(10月)、土田邸爆弾事件(12月)、新宿クリスマスツリー爆弾事件(12月)などの左翼による事件、または爆弾事件が頻発していた。ほかに交番、機動隊宿舎爆破(未遂含)なども相次いでいた。
 そんななか「御膝元」で起こった総監公舎爆破未遂事件は、警察の威信にかけて、なんとしてでも犯人を早期に捕まえる必要があった。この焦りがデッチあげを呼んだものと見られる。5人が爆発物取締罰則で起訴される際、地検と警視庁で意見の相違があったともされる。

 97年1月14日、福富らのおこした国家賠償請求で、東京地裁は「警察官による違法な取り調べがあった」として、都に300万円の賠償命令、だが「起訴に違法はなかった」として国や個人への請求は退ける。双方控訴。


リンク

国賠ネットワーク 「総監公舎国賠」
http://www.jca.apc.org/kokubai/soukan.html


≪参考文献≫

三一書房 「無実 冤罪事件に関する12章」 後藤昌次郎・編
三一書房 「過激派壊滅作戦 公安記者日記」 滝川洋
社会批評社 「公安警察の犯罪 新左翼『壊滅作戦』の検証」 小西誠 野枝栄
状況出版社 「状況 74年10月号 虚構と作為 70年代フレームアップの構造」 
神泉社 「爆弾事件の系譜 加波山事件から80年代まで」 荻原晋太郎
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
土曜美術社 「新左翼三十年史」 高木正幸
日本評論社 「法学セミナー増刊 日本の冤罪 シリーズ[新・権利のための闘争〕」 
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 連合赤軍”狼”たちの時代 1969−1975 なごり雪の季節」


事件録】 【Top