怪文書

                              【1枚目】                               

ミゆキサンにツイテ
   
ミユキ カアイソウ カアイソウ

おっカアモアカアイソウ お父もカアイソウ

コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ

トオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ

シュンガノオモテノハンタイノ、

パーラポウニツトめた

イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ

裏口ニ立ツヨウニナッタ

イまハー ケータショーノチカクデ

四ツアシヲアヤツツテイル

***

ツギニ

ス丶”カケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ

アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ

ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ

アサヤントオもう。

ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく

ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイ

タ。 モウ股割レハ人ヲコえて 一匹のメス

にナッテイタ。

感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い



【2枚目】

タ。 ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム

チャッカノハクセツノ冷タサニシラズニ、ケッカハ

ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル

モウ春、三回迎エタコトニナル

サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ

トオモウ

ダッタン海キョウヲ テフがコエタ、コンナ

平和希求トハチガウ

ミユキノハ丶ガカ弱イハネヲバタバタ

ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い

ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

股割れは平気なそぶり

時ニハ駅のカンバンニ眼ヲナガス

コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ

カンズルニヂカイナイ

ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル

オスヲ探しツヅケルマイニチ



【3枚目】

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田で生レタ

コトハマチガイナイ

キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト

事件ガ大キイノデ、決シテ

イソグテバナイトオモウ。

 ヤツザキニモシテヤリタイ

股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ

 我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ

コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番

トホトイトキダ

文章の特徴

・わざと下手な字で書いた。(左手で書いたような字)
・漢字とカタカナメインでひらがなはたまに使う
・意味不明だが全く難解でもない、40%ほど意味がわかる内容
・えんぴつの上からボールペンでなぞり書き
・簡単な言葉で書いているが二枚目の「平和希求」と、ここだけでやや難しい言葉を使っている。「平和希求」という言葉は一般的な会話でそうそう使う言葉ではなく、政党や宗教団体など、それも戦争に関わる物事、戦争体験者が使いそうな言葉である。


登場人物

・ミユキ(ゆき)
・股割レ   →(股割れはSEXの動作を示していて、”男にだらしのない女”という意味を含んでいるのか)
・アサヤン →(ニックネームだと思われる。朝倉、浅田、浅井などの名字の人物か)


不明用語の解析(予想)


・ミゆキ→ゆきちゃん?  ・トミダノ股割レ→四日市市冨田の股割れ(女性?)  ・シュンガ→不明。春画?

・パーラポウ→不明。パーラー?  ・ケータショー→不明。警察署?  ・四ツアシ→自動車?動物?

・ス丶”カケのケヲ蹴落シテ→鈴鹿?  ・アヤメ一ッパイノ部ヤ→アヤメいっぱいの部屋?

・ユキチ→福沢諭吉。一万円札? ・アサヤン→男性?  ・テルホ→ホテル

・ハッカンジゴク→八寒地獄?   ・サカイ→国境?堺市? ・ダッタン海キョウ→モンゴル付近の旧名称


 参考にした書籍、「公開捜査 消えた子供たちを捜して!」の著者・近藤昭二氏はこの手紙の送り主は「股割れ」本人であり、アサヤンとは愛人関係で、彼に利用されてゆきちゃんを外国へ人身売買で売り飛ばして、そのことで良心の呵責に苦み、自分を八つ裂きにしてやりたい思っているという内容だと推理している。


事件録】 【Top