加古川・7人殺害事件




【事件概要】

 04年8月2日午前3時半、兵庫県加古川市西神吉町大国で二家族が親類にあたる無職・藤城康孝(当時47歳)の襲撃を受け、7人が死亡するという事件が起こった。男は自宅にも火をつけ、逃走。自殺を図ろうとしたところを発見され逮捕された。


藤城康孝


【藤城について】
 
 1956年生まれ。父親は大手製鋼会社に勤めていた。
 地元の小中学校を卒業後、厳しい指導で知られる三重県の全寮制高校に入学。これは中学時代、日常的に暴力沙汰を起こしていたことで、両親の「矯正したい」という思いからのものだった。
 卒業後自宅に戻り、飲食店などで働くが長続きせず、職を転々とした。20代の頃には母親の工面した金で料理の勉強のため海外に渡るが、1ヶ月たらずで帰国。

 事件の4年前、自宅横のプレハブ小屋でパン製造を始め、できたパンは母親の勤務先の工場などで販売していた。しかし藤城は1年足らずでパン職人の夢を挫折、その後凶暴になっていった。

 父親は製鉄会社を退職後「このままでは息子に殺される」と言い残して、家を出ていったらしい。

 現場周辺の住民は3年前、藤城の暴力的な言動に関し、警察だけでなく、加古川保健所(同市)にも訪れ「言い掛かりをつけ石を投げる。受診や入院を(同居している)母親に勧めてほしい」と要請していた。しかし仕返しを恐れ、直後に要請を取り下げたという。加古川署には、近隣住民からの相談が4件あったという。また藤城は数年前からガソリンを少しずつ購入し、アルミ缶で保管していた。このガソリンは後に放火に使われた。
 
 靴下工場でアルバイトをして生計をたてていた藤城の母親は、息子が何か問題を起こすたびに「堪忍してな、堪忍してな」と頭を下げた。
 藤城が以前に人命救助で表彰された時には「あの子にもええとこあるねん」とうれしそうに話していた。


【殺害】

 04年8月2日午前3時半、藤城は自宅の隣にある伯母宅に侵入、藤城とし子さん(80歳)、従兄弟にあたる勝則さん(55歳)、義久さん(46歳)の3人を包丁で刺し殺し、勝則さんの妻・明美さん(当時50歳)にも重傷を負わせた。最初の通報は勝則さんによる「母が頭から血を流している」と言うものだった。
 続いて、自宅の斜め向かいにある遠縁の藤城利彦さん(64歳)宅も襲撃、利彦さん、妻の澄子さん(64歳)、長男・伸一さん(27歳)、長女の緑さん(26歳)の一家全員を殺した。7人を殺害した藤城はその後自宅に戻り、母屋にガソリンを撒いて火をつけた。同居していた母親(当時73歳)はすぐに警察に駆け込み難を逃れていた。

 藤城は車を出し、実弟の家に行き「母親のことを頼む。わしは死ぬ」と言った。妹宅にも電話で同じことを伝えている。藤城はその後、加古川バイパス西インター付近で灯油缶を積んだ車を信号柱にぶつけ自殺を図るが、炎上したところを発見されて事情を聞いた捜査員に「あれは俺がやった」と話し、身柄をおさえられた。藤城は右腕に火傷を負っていた。
 藤城はその後、やけどの治療のため神戸市内の病院に入院、回復を待って、8月31日、退院と同時に逮捕された。

供述
「人生、清算したかった」
「自分も死のうと思ったが、その前に自分が生活した痕跡や過去を消し去りたかった」

同じように親族を7人殺した事件としては80年に起きた三重・一族7人殺し事件がある。この事件の被害者も殺害後、猟銃自殺した。親類がすぐ近くに住んでいるということは、藤城のような無職の身にとってはおもしろくなかったのだろうか。


【裁判】

 06年10月12日、公判で藤城を「妄想性障害」とする精神鑑定書が証拠採用された。これは藤城の責任能力を限定的に認めるものである。

 藤城は法廷での質問に対して「黙秘します」とだけ答え、事件については何も口にしないという。


リンク

神戸新聞 特集
http://www.kobe-np.co.jp/news_now/040802kk16502300.html


≪参考文献≫

新潮社 「週刊新潮 04年8月12・19日号」 →38P 「無視された『7人惨殺』の前兆」
新潮社 「新潮45 05年3月号」 →「復讐という名のもとに」新井省吾
ミリオン出版 「殺人現場を歩く2」 蜂巣敦・著 山本真人・写真
読売新聞社 「読売ウィークリー 07年6月10日号」



事件録】 【Top