自殺サイト連続殺人事件




【事件概要】

 2005年8月、大阪府堺市の派遣社員・前上博(当時36歳)が、3人の男女を殺害していたことが発覚。被害者とはいずれも自殺サイトで知り合い、「ネット心中をしよう」ともちかけて落ち合った。前上は人が窒息する表情を見て興奮するという特殊な性癖の持ち主で、自殺をする気などはなく、自身が満足するためだけに被害者を襲っていた。


前上博


【自殺志願者殺し】

 2005年2月23日、若い女性の遺体が大阪府河内長野市加賀田川の砂防ダム付近で見つかった。遺体は下着姿で、豊中市の無職・M子さん(25歳)と判明。M子さんは2月19日から行方がわからなくなっていた。


 同年8月5日、同府堺市の人材派遣会社員の前上博(当時36歳)が殺人・死体遺棄の容疑で逮捕された。
 M子さんとはある自殺サイトで知り合い、2004年12月から20回近くメールのやりとりをしていたのだという。そして「練炭で自殺しよう」とM子さんを誘い、2月19日夜に合流。その際、証拠隠滅のためM子さんにやりとりしていたメールを削除するように求めていた。
 レンタカーのライトバンの後部座席でM子さんの手足を縛ったうえで、シンナーを嗅がせたり、鼻と口を手で押さえて数回にわたって苦しませた末、殺害した。


「男でも女でも、口をふさいで苦しむ姿に性的興奮を覚えた。苦しむ顔が見たかった。自分は自殺するつもりはなかった」
 自宅からは、女性を縛った上で口や鼻を圧迫して窒息させる映像が映った市販のわいせつビデオが多数押収された

 前上はさらに「自殺サイトで知り合い、5月中旬に中学生、6月上旬に若い男性も殺した」と供述。「大阪府南部の和歌山県境付近の2ヶ所で崖から落とした」と話した

 6日夕、和歌山県との境に近い和泉市の山中で捜索が行われ、神戸市北区の中学3年・X君(14歳)の遺体が発見された。
 X君は5月21日に家出、行方がわからなくなっていた。同月4日にも置手紙を残して家出をしており、岡山県内で保護されていた。2度目の家出の直前には、「自殺サイトで知り合った大阪の男性と会うことになっている」と携帯メールを友人に送信している。

 7日午前には河内長野市加賀田の林道斜面で、近畿大3年の男子学生・Yさん(21歳)の白骨化した遺体が発見される。
 Yさんは三重県出身で、東大阪市で1人暮らしをしていたが、6月初め頃にアパートから姿を消して、家族から捜索願が出されていた。

 X君とYさんとはやはり同じ自殺サイトで知り合ったのだという。X君は手足を縛られながらも抵抗し、命乞いをしたが、失神と覚醒を繰り返させて殺害した。

 すべての犯行を自供し終えると、前上はこう語った。
「もう、すべて終わらせたい。自分で自分の欲望を止められないのなら、死刑になって、幕引きしたかった」


【あの小説の挿絵のように】

 前上は1968年生まれ。4人家族の長男で、父親は元警察官。大阪府堺市の高校から石川県の金沢工業大学に進んだ(1年で中退)。性格はおとなしく、近所の人は「目立たなかった」と口をそろえる。大学生のころ「眠れない」と病院に通ったことがあるという。
 地元に戻った前上はタクシー運転手などの職を転々とし、人材派遣会社に就職。04年5月からはカメラ製造会社に派遣されていた。ここでの評価も「おとなしい」「真面目」といったものだった。

 前上が異常な性癖に目覚めたのは幼稚園の頃である。郵便局員のかぶった白いヘルメットに性的興奮を覚えた。(このことは法廷では話さず、面会した東海女子大教授・長谷川博一氏に語った)
 前上は中学生の頃、推理小説の挿絵に子供が口を押さえられる様子が描かれているのを見て興奮した。やがてそうした絵を見て自慰するようになった。
 以後、高校を卒業するまでに、薬品を染み込ませたガーゼで近所の児童らの口を押さえ、窒息させるという犯行を何度も繰り返した。
 さらに2001年3月から6月にかけて、堺市の路上で通りがかりの女性ら2人にベンジンを染み込ませたタオルを押し当てるという事件を起こし、懲役1年執行猶予3年の有罪判決を受ける。翌年の4月にも男子中学生の口をふさぐなどして、傷害・暴行罪で懲役10か月の実刑判決を受けた。警察官だった父親は退職金を慰謝料に充てた。

 前上は窒息の表情だけでなく、白いソックスにも異常な執着を示した。中学生の時、教育実習生がはいていた白いスクールソックスに興奮したのが目覚めだという。
 郵便局で働いていた頃(1995年)、白ソックスを履いていた同僚男性に劣情を催し、スタンガンで襲って逮捕された。この事件では起訴猶予となる。元警官の父親が一千万円近い示談金を払っていた。
 白ソックスについては後に殺害した3人の男女にも履かせていた。性の対象は高齢者でなければ、男女どちらでも良かったという。


 前上は2001年頃から自身のホームページを開設。主人公が人を窒息死させるという内容の自作の小説を掲載する。それは偽装工作をして迷宮入りにするものだった。自身をブログで「窒息王」と名乗っていた。

「直美はうめき声を上げながら、必死に首を左右にふろうとして抵抗する。その苦しんでいる姿を眼に焼き付けながら、俺は満足感に浸っていた」(小説より)

 前上は任意聴取の時は否定していたが、復元されたこのサイトをつきつけられると他の2人の殺害を認めたという。

 前上は自宅向かいの白いプレハブ小屋で生活をしていた。ここには大量のビデオテープを保管されており、「観賞部屋」にしていた。
 事件発覚直後、「遺体をカメラなどで撮影し、観賞するため画像を保存していた」との供述通り、パソコンには被害者が苦しむ様子を記録した画像や音声が「実行記録」として保存されていた。
 なお、Yさんを殺害した後もネットカフェで4人目の標的を探して、自殺サイトで知り合った数人とメール交換していた。


【私の分析を】

 2006年3月、精神鑑定開始。

 同年12月22日、大阪地裁・水島和男裁判長は、事件当時の前上の責任能力について認めた慶応大医学部の作田勉専任講師(司法精神医学)作成の精神鑑定書を証拠採用した。鑑定書では「性的サディズムや(特定の物にこだわる)フェティシズム、人格障害の混合状態での犯行だった」と指摘、出廷した作田講師は、「性的衝動による犯行で、行動制御能力はあった」と述べた。

 2007年2月20日、検察側は「犯罪史上例をみない凶悪非道な犯行で、極刑がやむを得ないのは火を見るより明らか」と死刑を求刑。

 同年3月28日、大阪地裁・水島和男裁判長は「犯行は冷酷で残虐非道。わずか4か月間に3人を殺害するなど結果はあまりに重大。特異な性癖は根深く、改善の可能性は乏しい」として、求刑通り死刑を言い渡した。

 同年7月5日、前上は控訴を取り下げ。死刑が確定した。
 同日、前上と接見を続けていた東海学院大教授(臨床心理学)・長谷川博一氏が記者会見し、「被告から『私を分析して社会に役立てて』と言われた。犯罪を防ぐため、経験を世に伝えるべきだとも考えているようだ」と話した。
 また長谷川教授に託された手紙は「私の犯した罪は死をもって償うしかない」などと書き、年内の執行を求めていた。

 そして2009年7月28日、大阪拘置所において、前上の死刑が執行された。享年40。


リンク


≪参考文献≫

文藝春秋 「週刊文春 05年8月25日号」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「週刊新潮 05年12月22日号」
ミリオン出版 「別冊ナックルズ 昭和三大事件」 
ミリオン出版 「死刑囚のすべて」
ミリオン出版 「殺人現場を歩く2」 蜂巣敦・著 山本真人・写真


事件録】 【Top