元警察官の連続強盗殺人事件




【事件概要】

 1984年9月4日午後1時、京都市内でパトロール中の警察官が何者かに襲われナイフで刺殺されるという事件が起こった。さらにその4時間後、大阪市内でサラ金「ローンズタカラ京橋店」の店員がカウンターに現れた男にピストルをつきつけられ、「冗談でしょう」と言った直後に射殺された。男はその場を逃走したが、翌日になって千葉県内で逮捕されたのは元警官・広田雅晴(当時41歳)だった。


広田雅晴


【「冗談でしょう?」】

 1984年9月4日午後1時ごろ、京都府北区の船岡山公園山上付近で、京都府警西陣署十二坊派出所・鹿野人詩巡査(30歳)が血まみれで死んでいるのが見つかった。鹿野巡査が携帯していた拳銃がなくなっており、鹿野巡査は腕や肩など16ヶ所を刺されており、奪われた銃で背中を撃たれていた。
 白いシャツを着た男が逃げていくのが目撃されており、この男が犯行に関係していると見て行方を追った。

 その3時間後、今度は大阪府都島区東野田町のサラ金「ローンズ・タカラ京橋店」に赤いポロシャツを着た男が来店し、店員・鈴木隆さん(23歳)にピストルをつきつけ金を要求した。鈴木さんが「冗談でしょう」と言った直後、男は拳銃を発射し殺害、別の従業員から73万円を奪い逃走した。

 サラ金強盗殺人事件は京都の事件で奪われていた「ニューナンブ38口径」が使われており、同一人物による犯行の可能性が濃厚だった。
 事件はあまりに短時間で行なわれており、銃の扱いに慣れた者の犯行だったがめ、暴力団組員や元警察官の素行不良な者という見方がされた。

 この2つの強盗殺人事件を報道する新聞記事に、「6年前にも短銃事件」という小さな見出しあり、78年に起きた郵便局強盗事件が紹介されていた。この郵便局強盗は元警察官による犯行だったが、捜査本部は検出された指紋などから京都、大阪の事件はこの刑務所を出所したこの元警察官・広田雅晴(当時41歳)による犯行と断定、その行方を追った。
 
 5日、広田は千葉県成東町にある実家に戻ったところを逮捕された。


【広田雅晴】

 広田は1943年、千葉県成東町で生まれた。早くに父を亡くし、兄の後ろをついて歩くおとなしい子供だったという。
 家が貧しかったため、5人兄弟で高校に進んだのは広田だけで、学年で4、5位という優秀な成績だった。

 高校卒業後に、造船会社で溶接工として働いていたが、高所恐怖症のため退職した。その後は司法書士事務所の助手などを経て、警察官試験に合格、京都府警で15年間務めた。この間、京都市内の家の養子となり、3人の子供をもうけている。

 1978年3月、広田が35歳になったある日、彼は西陣署勤務から派出所勤務に異動通知を受けた。これは屈辱的な左遷という風に広田は受けとめた。以後、西陣署長をいつまでも恨むようになる。この頃から自暴自棄になった広田はギャンブルにはまり、サラ金に多額の借金をつくった。

 7月17日、夜勤明けで非番となった午前8時30分頃、広田は西陣署に自分のピストルを返しに行った。拳銃の出し入れは外勤幹部から保管庫の鍵を受け取り、幹部立会いのもとでする規則だが、広田は1人で入り、同僚のピストルを盗み、皮ケースだけ元の場所に戻した。
 広田は京都市下京区の路上で一発試し撃ちし、たまたま通りかかった銀行員(当時32歳)のバイクに当てた。プラスチック製の風防に穴を開けている。
 そしてその銃を使って郵便局強盗をやるが失敗。動機について「直属の上司が私の病気休暇について悪口を言っており、ピストルを盗めば困るだろうと思い、やった」と供述した。
 公判では犯行を否認し続け、二審で懲役7年を言い渡された。

 6年間の加古川刑務所での暮らしを経ても、広田の考えは変わらなかった。同房者に「出所したら警察に仕返ししてやる」と漏らし、獄中から新左翼系の「人民新聞」に手記を発表している。その手記は自分の無実を訴えるもので、「警察に復讐してやる。このままでは死にきれない」とあった。

 加古川刑務所を仮出所したのは84年8月31日のことだった。彼は復讐心に燃えていた。
 
 事件当日、広田は鹿野巡査を船岡山公園に呼び出して持っていたナイフで刺した後、拳銃を奪って、背中にとどめの一発を撃って逃走した。実は事件前日にも広田は嘘の電話で同所の警官を呼び出してみたが、2人が出ていったため、断念していた。
 その後、大阪に向かい、喫茶店でかき氷を食べ休憩した後、「ローンズ・タカラ京橋店」に向かい店員を射殺、逃走した。
 その夜、広田はピンクサロンやソープランドで遊んでおり、従業員に着替えを買ってこさせて捜査の目をくぐりぬけようとした。

 翌日午前7時48分頃、広田は西陣所に電話を入れている。
「署長を出せ。お前らが探してる広田や」
「どちらの広田さんですか?」
「バカもの。仮出所までしてお前らに捕まるか。俺を探しているんやろ。京都にはおらん、千葉におるんや」

 上京した広田は千葉県成東町の母親に「俺だ、元気にしているか」と電話している。逆探知の結果、千葉市内にいることが判り、実家を訪れたところを張り込んでいた警官に逮捕された。
 千葉から京都へ新幹線で護送される途中、広田は「なぜあっさり捕まるように 」報道陣の質問に次のように答えた。
「京都府警にヘタ売らせても、千葉県警にヘタ売らすわけにはいかんのや」

 広田は「(6年前に)デッチ上げられたから、何を聞かれても言えない」とまた完全黙秘を貫き通した。結局、起訴される時になっても、凶器の短銃と奪った金の行方はわからなかった。


【裁判】

 1988年10月25日、大阪地裁は「犯行は計画的で、残虐かつ冷酷。反省、悔悟の情が全く見られない」と死刑を言い渡した。

 1997年12月19日、最高裁で死刑が確定している。


リンク

人民新聞
http://www.jimmin.com/index.html


≪参考文献≫

朝日新聞社 「グリコ森永事件」 朝日新聞社大阪社会部
インパクト出版会 「命の灯を消さないで 死刑囚からあなたへ」
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
秀英書房 「続 犯罪風土記」 朝倉喬司
宝島社 「別冊宝島 死刑囚 最後の1時間」
ぶんか社 「警察庁広域重要指定事件完全ファイル」
平凡社 「犯罪者たち 罪にいたる病」 福島章
ミリオン出版 「死刑囚のすべて」
洋泉社 「実録この殺人はすごい!」 柳下毅一郎監修


事件録】 【Top