山口・光高校爆発事件




【事件概要】

 2005年6月、山口県光市の県立光高校校舎2階の3年1組教室に、何者かが爆弾のようなものを投げ入れ爆発させる。まもなく3年2組のA(当時18歳)が取り押さえられた。犯行の動機は「いじめの仕返し」だったという。


A


【報復爆弾】

 その日の朝、山口県立光高校で、それまで無遅刻無欠席だった3年生の生徒が初めて授業前のホームルームに遅刻した。生徒はそのまま1時間目に授業に出たが、2時間目の英語を欠席。教諭は気になったが、授業があるので捜しに行くことは出来なかった。その時、生徒はトイレに行き、「何か」をバッグから取り出していたのだ。

 2005年6月10日午前10時頃、校舎2階の3年1組の教室では数学の授業が行なわれていたが、この時何者かが廊下側のドアからガラス瓶を投げ入れた。
 ガラス瓶は教壇側中央の机に当たった後、ベランダ側に転がって2秒ほどして突然爆発した。窓ガラスは割れ、生徒らは負傷し、ショックのなか逃げ惑った。
 投擲の直後、数学の女性教師がある生徒の名を挙げ、「待ちなさい」と追いかけている。生徒は隣りの2組のA(当時18歳)という男子生徒だった。Aは2階の渡り廊下から1階に飛び降り、校庭に逃げたところを養護教諭に取り押さえられた。傍にはモデルガンが置かれ、爆弾がうまく爆発しなかった場合、これを使用するつもりだったのかもしれない。
 結局、この爆発事件で、1組や隣りのクラスの生徒を含む58人が病院に搬送され、男子生徒1人が重傷、他の生徒は軽傷を負った。

「1組の生徒に恨みがあった。爆発物は自分で作った」
 逮捕直後、Aはそう語った。「いじめ」の存在を匂わせたが、担任教諭は「いじめはなかった」としていた。


【A】

 家族は両親と大学生の姉、高校1年の弟がいる。

 小学校2年のとき、衛生検査で「歯をみがきましたか」「頭を洗いましたか」というような質問がされたが、Aはこのときに「毎日、頭洗うてない」と答え、友人から不潔をからわかれ「A菌」と呼ばれるようになった。
 また「Aから蚊取り線香の匂いがする」とある1人言い出して、商品名から「チョ―ル」というあだ名がつけられた。

 中学時代は友人と6人でサバイバルゲームに明け暮れた。
 また学業の方では理科と数学ができ、成績は中の上。第1志望校である地元の進学校、県立光高校に進学した。

 Aが変わったのは高校入学からだった。それまでは友人がいたが、高校では友達ができないようで、教師やクラスメイトが話しかけても、なぜかろくに返事もしなかった。そのうちにこういった態度にイライラしたクラスメイトからは無視され始める。悪循環で、「暗い、暗い」と言われて余計に塞ぎこむことになったのだろう。中学時代の友人にAは「高校では友人づくりに失敗した」と漏らしている。

 2年時になると、「(Aを)笑わせようじゃないか隊」が結成される。休み時間に机に座ってぼんやりしているAのまわりを囲んで、無意味に名前を連呼したり、顔をのぞきこむ、小学校時代のあだ名「チョ―ル」と呼ぶ、またある時はAの頭に香水をふりかけるなどした。こういったいじめに対してAは睨みつけたり、カッターナイフを取り出すなど怒りの感情を見せたという。

「仕返しをしてやる」
 犯行の1週間前、Aは中学の友人にそう話している。相手はもちろん、いじめの首謀者であった3年1組のX君であった。
 Aはインターネットや書籍から爆弾の作り方を学んだ。花火から火薬を取り出して、威力を高めるために鉛の粒や釘と一緒にジュースのガラス瓶に詰めた。事件直前には自宅近くの海岸で爆発実験をしたという。予想以上の威力だったが、Aの決意は変わらなかった。

 6月10日、1時間目終了後、Aはバッグを持ち教室を出る。その足でトイレに行き爆弾を取り出して1組へ爆弾投擲。ターゲットだったX君の方にはいかず、彼は尻に擦り傷を負った程度だった。


【いじめはあったか】

 事件後、県教委が派遣した臨床心理士や同校教諭によると、1組やAと同じ2組の生徒がいじめの事実を証言していたという。また複数の教職員は授業中にAが質問に答えられないでいると、クラスから苦笑がおこったということもあった。
 教師や他の生徒にとっては一見何げないことだったかもしれないが、おとなしい、静かでいたいAにとって、これは「いじめ」以外の何者でもなかったのかもしれない。

 06年1月30日、同校は県教委に事件の最終取りまとめとなる「第2次学校事故報告書」を送った。そのなかで、「カメラ付き携帯電話で写真を撮るなどのいじめと、加害生徒の個人的特性が重なり合い、誘発されたもの」と結論づけた。

 一方、Aは事件後、取調べを受けた際に、「黙っていることを悪く言われるのは学校と一緒だ」と漏らしたという。


 同様のいじめの復讐からの爆弾事件は、03年7月に起こった「福井・手製爆弾爆発事件」がある。この事件は当時33歳の男性が長年の恨みを晴らす為に爆弾を持って元同級生宅訪れたが、誤って自身が大怪我を負い逮捕、懲役12年を言い渡されている。


リンク

光市の位置
http://map.yahoo.co.jp/address/35/index.html

山口県立光高等学校
http://www.hikari-h.ysn21.jp/kyouiku/

Yahoo!トピックス 「山口県立光高校爆発事件」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/hikari_high_school/?1118933070


≪参考文献≫

新潮社 「週刊新潮 05年6月23日号」
批評社 「学校の中の事件と犯罪 3」 柿沼昌芳・永野恒夫 編著



事件録】 【Top