名古屋・立てこもり爆破事件




【事件概要】

 2003年9月16日午前10時過ぎ、運送業・別府昇(52歳が)が名古屋市東区のビル4階にある運送業「軽急便名古屋支店」に押し入り、ガソリンをまき8人を人質にして立てこもった。
 同日午後1時10分、爆発。別府と、人質として残った吉川邦男支店長(41歳)、説得の現場にいた愛知県警機動捜査隊の村瀬達哉巡査長(31歳)の3人が死亡。ほかに警察官や消防隊員ら10数人と、通行人やマスコミ関係者ら計41人が負傷した。(うち5人は重傷)


別府昇



【別府について】

 大阪市内の中学を66年に卒業後、建具製作会社に就職。81年に退社後、4社の運送会社に勤めたという。この時の運送会社関係者の同僚は「同僚と酒を飲みに行くことはあまりなく、常に一人だった」と振り返った。
 別府について近所の人の印象は「まじめそう」「おとなしそう」「無口そう」というものばかり。つまり別府は近所での付き合いというものほとんどなかった。

 2003年1月、運輸会社4社を渡り歩いた別府は「自分で仕事を始める」と軽急便の新規運転手として契約する。

 3月、軽急便で仕事を始める。

 別府容疑者は9月初め、会社が紹介した荷物の配送を期日までに終えられず、黙って自宅に持ち帰った。客からの苦情で会社側が面談に出向き、理由を問いただしたが返事はなかったという。

 軽急便関係者は事件後、別府について、「割のいい荷物だけ運ぼうとしていた」「よく『道を知らない』など顧客からクレームがあった」「『日曜の仕事は眠い』などと仕事を受け付けないことがあった」と話している。一方で別の軽急便関係者は、別府について、「超まじめ。顧客や社とのトラブルも聞かなかった」と話す。


 9月11日、別府、会社に「辞める」と話す。


【篭城、爆破】

 2003年9月16日午前8時40分頃、別府は名古屋市内のガソリンスタンドでガソリンを大量に購入。新しいポリ容器を2缶出してガソリンを入れたあと、「まだ使い道がある」と言って、ポリタンク6缶にガソリンを入れた。全部で144リットル購入している。この時、別府は店員に「機械の部品を洗うのに使う」などと説明。クレジットカードで支払いを済ませた。その後、軽急便の配達に使っていた軽トラックで、JR大曽根駅の北東側にある「軽急便名古屋支部」に向かった。

 午前10時過ぎ、台車に1.8lのガソリン入りポリ容器2個のポリタンクを乗せ、自身は「刃渡り25cmのサバイバルナイフ、ボウガン、出刃包丁、火炎瓶などを持ち、ビルに到着。軽急便の営業所内に入った別府はガソリンを撒き始める。当時、営業所内には33人の社員らがいた。男性社員の1人が制止しようとしたが左手首を切りつけられ、切り傷を負った。まもなく別府は怪我をした社員を含む25名を解放した。

 別府、ソファ、カウンターなどを動かして出入り口を塞ぎ、篭城始める。まもなく入り口付近のドアの外から警察官が説得を始める。別府は立てこもった後、吉川支店長に本社に電話をかけさせ、「7、8、9(月分)の給与を振り込め」と委託運送代金の振り込みを要求した。同社は要求に応じ、同日昼ごろ別府容疑者の口座に振り込んだ。同社によると、契約料は2カ月後に支払う約束で、同容疑者には7月分を9月29日に支払う予定だったという。

 正午すぎ、要求に応じて指定口座に25万円を振り込むと態度を軟化。

 午後1時ごろ、警察が説得を続けていたが、「警察官を一人でもみたら火をつけるぞ」とガソリンをまいた。その後、吉川さんを除く社員7名を解放した。吉川さんは別府とは面識がなかった。人質になったが解放された人によると「容疑者はすごく落ち着いていた。殺気だったものは感じず、かえって不気味だった」とのこと。直後、別府はふたたびガソリンを撒きだし、爆発が起きる。別府、吉川さん、説得にあたっていた機動隊・村瀬巡査長の3名が死亡。消防隊員、警察官、マスコミ関係者、通行人など41名が重軽傷を負った。


【事件後】

 軽急便は会見で「世間に迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝するとともに、「別府容疑者は客からのクレームが多く、今月で仕事を辞める予定だった」と説明した。

 軽急便は個人事業者を会員とするかたちで契約し、荷物輸送を委託。会員は登録料7万円、指導料7万円を支払う。また自家用車の持ちこみは禁止されており、100万円前後の専用車両を購入しなければならない。別府容疑者は1月に契約して3月から荷物の配達を開始。会員は月に40万〜50万円の収入が可能とされるが、別府容疑者の売り上げは7月から9月までで約25万円にとどまっていた。さらに売り上げから16―20%を手数料として支払い、保険料や燃料代は自分で負担しなければならなかった。

 関係者の話によると、軽急便では軽貨物の運賃について「1個あたり約450円」と説明しているが、現在の軽貨物におけるドライバーの取り分は、「1個あたり100円強だが、中には90円や80円の時もある」というのが現状のようで、求人広告などに明記されている「30万円以上の収入可能」というのは、実際には「20人に1人いるか、いないか」という状況であるという。

 こうした苦しい条件のもと、別府は挫折し始める。しかし、業績が上がらなくて辞めようにも2年間は解約できず、退会するのにも違約金がとられた。

 同社は「収入は完全出来高制で、本人次第。紹介した客に働きぶりが気に入られれば、次から指名されるようになる。最低保障がないことは、契約時に説明している」と強調する。

 別府が所属した軽急便・名古屋南営業所は、所長1人で約160人の運転手を抱えている。募集広告で「万全サポート体制」とうたっており、和田憲治常務は、「重大な事件が起きたという結果から見れば、もっと密にコミュニケーションをとっていれば良かったとの反省はある」と漏らした。


リンク

軽急便株式会社            
http://www.kkb1.co.jp/    

中部・読売インサイド         
http://chubu.yomiuri.co.jp/news/inside030924.html


≪参考文献≫

イカロス出版 「放火犯が笑ってる」 木下慎次
メディアファクトリー 「火災鑑定 放火犯は自宅に火を放つ!」 小林良夫


事件録】 【Top