別府・3億円保険金殺人事件




【事件概要】

 1974年11月17日夜、大分県別府市の国際観光港第三埠頭で、走ってきた車が海面に落ち、乗っていた不動産業・荒木虎美(当時47歳)は救助されたが、彼の妻子3人が溺死するという事件が起こった。死亡した3人はいずれも高額の保険金がかけられていたため、保険金搾取目的の殺人事件ではないかと見られた。 
 12月11日、荒木はワイドショー番組に出演して身の潔白を主張、だがその直後に逮捕された。


荒木虎美


【海の中へ】

 1974年11月17日夜、大分県別府市の国際観光港第三埠頭付近は日曜日ということもあって、雨が降っていたが数人の夜釣りをする人がいた。
 
 午後10時頃、そこに時速40kmほどで走ってきた日産サニーがそのまま海面に転落した。車はすぐに海中に消え、まもなく男が「助けてくれ!」と浮き上がってきた。釣り人らは懐中電灯を照らして男の姿を確認し、タモを差し出し、男はそれに捕まって救助された。

 午後11時30分頃、転落した車が引き揚げられる。車の中には男の妻・玉子さん(41歳)、長女・祐子さん(12歳)、まだ小学生5年の次女・涼子さん(10歳)の溺死体があった。3人は後部座席に折り重なるように倒れていた。
 救助された男は両手の甲に擦り傷があるだけだったが、病院に運ばれた。名前は荒木虎美(当時47歳)と言い、別府市内で不動産屋をやっているとのことだった。

「家族に関門大橋を見せることを約束していた。今日の昼過ぎ、長男に留守を頼み家を出た。ドライブは私と妻が交互に代わり、北九州まで行って、帰りは妻が運転したが、途中、別府湾の夜景がきれいで、妻はフェリー岸壁内に車を向けた。娘2人は後部座席で眠っており、私も助手席でうつらうつらしていた。車が海に飛び込んだ時、玉子が『アーッ!』と声をあげ、驚いて目を覚ました時には海の中だった」

 病院で荒木はそう語り、あくまで事故であることを強調した。


【荒木虎美】

 1927年に大分県佐伯市で生まれた荒木虎美(旧姓・山口)はいわゆる「特攻隊の生き残り」だった。
 終戦後、工業専門学校を経て、代用教員をしていた時、愛人が身ごもった。この時は「優生保護法」が成立したばかりで堕胎罪というものがあり、公然と堕胎はできなかった。そこで荒木は知り合いの鍼灸師に頼んで堕ろしてもらった。だが堕胎が済むと、「堕胎罪を告発する」と恐喝したのである。荒木は鍼灸師から告訴された。これが彼の最初の犯罪だった。

 それからの荒木は保険金詐欺、放火、恐喝などにより、ほとんどを服役して過すこととなり、「九州一のワル」とその悪名を轟かすようになった。
 

 1972年11月、刑務所を出所した荒木は大分県別府市に家を借りて、不動産の仕事を始めた。口の巧かった荒木には向いていた仕事だった。

 荒木は73年7月頃にレストラン従業員の玉子さんと知り合いとなった。これは「母子家庭を紹介してくれ」と頼む荒木に、町会役員が玉子さんを世話したもので、玉子さんの方も生活保護を受けながらの生活は苦しいため、再婚したいと考えていた。

 玉子さんには中学3年生を始めとする3人の子どもがいたが、74年9月に入り婿のかたちで結婚している。しかし、年頃の子ども達は荒木に懐こうとはしなかった。「お父さん」ではなく「あれ」と呼び、嫌われていることを知っていた荒木は筋向いのアパートで1人暮らしをし、玉子さんがそこに通うというような生活を送っていた。
 1人暮らしにはもう1つ理由があった。荒木は玉子さんとの結婚前から、数人の女性と交際しており、そのなかには人妻もいた。その多くは金目的に荒木が近づいては捨てていた。

 同じ頃、荒木は保険会社5社に玉子さんと2人の娘を被保険者として。災害死亡時の総受取額3億1000万円の高額の保険契約を結んだ。所得に見合わないこの金額は明らかに不自然なものだった。受取人は荒木、荒木の養女(実の姪 当時20歳)、中3の玉子の長男だった。

 最後の保険契約からわずか12日後の11月17日に、荒木は家族をドライブに誘った。日頃から荒木に対して反抗的であった長男はその提案を拒否したため、結局親子4人で関門橋方面に出かけた。


 荒木は玉子さん達の葬式にも出なかった。玉子さんの身内に責められたというのがその理由だった。

 11月26日、荒木は別府署交通課に「事故証明」をもらいに行くが、「調査中のため、お出しできません」と断られると、声を荒げた。


【ワイドショー出演】

 11日、別府署は「別府国際観光港の高額保険金搾取を企図した妻子3人殺害事件特別捜査本部」を設置。荒木の自宅や、養女A子、実妹B子(当時42歳)方など5ヵ所を家宅捜索した。

 同じ日、荒木はフジテレビ系「三時のあなた」に出演。濃い茶色のスーツを着て、スタジオの壇上にどっかり座った。バックには亡くなった3人の家族の大きな写真、手前にはひっくり返った車があった。
 荒木はゲストの推理作家のコメンテーターに質問にも初めは丁寧に答えていた。笑顔をまじえ、落ちつきすらあった。
 ところが20分ほどして、目撃者の話と食い違う部分を突っ込まれると、顔を紅潮させて怒りだし、「くだらない質問はやめなさい。私の言う事が信じられないなら、自分で水中に飛びこんで実験してみたらどうです。あなたがた、車ごと海に飛び込んでごらんなさい。そんなバカなことばかり聞くんだったら、もうテレビには出ない!失礼じゃないか。私は帰る!」と言って席を立った。

 スタジオ出口付近で報道陣に囲まれた荒木はここでも怒鳴りちらし、その後テレビ局の用意した控え室で記者会見に応じた。報道陣の1人から逮捕状が出たことを知らされても、「そうですか。予想していましたよ」と顔色を変えなかった。

 同日午後5時40分、新宿・河田町のフジテレビ裏門前で、逮捕。
 この後、荒木は次のような発言を繰り返した。
「デッチあげだ。状況証拠だけで逮捕して、拷問で自白に追い込むつもりだろう。警察の出方が楽しみだ。私だけが真実を知っているのだから」


【疑惑】

 この事件は、転落時に運転していたのは荒木か妻の玉子さんかでも証言がわかれた。目撃者によると、荒木が運転していたということなのだが、荒木は「妻が運転していた」と当初から過失説、無理心中説を主張した。生命保険については玉子さんに頼まれて加入したものだという。

 荒木が生還できた理由は、たまたまフロントガラスが割れており、そこから這い出した。目撃者によると、転落して5秒ぐらいで沈んでいったという。

 不審な点もいくつかあった。
 まずサニーの車体にある水抜き栓5つがすべて事前にはずされていたことだった。サニーは中古車だったのだが、前の所有者がこの栓を抜いたという事実はなかった。
 また運転席前のルームミラーが、荒木によって固定式のものから脱落式のものに取り替えていたこともわかった。脱落式は簡単に外れるため、脱出の時の障害になりにくい。
 また荒木は自分が死んだもしもの時に備えて遺書も書いており、事故後、養女にそれを焼却させていた。

 九州大教授・牧角次郎氏は車内のダッシュボードの傷、玉子さんの障害部位などから、「玉子さんは助手席にいた」という結論を出した。

 さらに警視庁の車転落実験では、実験用人形と車内の傷から、「やはり荒木は運転席に、玉子さんは助手席にいたのと考えるのが自然である」という結果。当初、荒木は金ヅチなどを使って脱出したのではないかと見られていたが、転落の衝撃でフロントガラスが割れることも明らかとなった。ちなみに金ヅチはダッシュボードの中に入っていたという。

 ただ、いずれにしても保険金搾取目的とした物証はなく、荒木の自供も期待できないことから、難しい事件であると見られた。


【裁判】

 当初からこの事件の裁判は「死刑か無罪か」と言われた。もし無罪であれば保険金支給で億万長者、まさに天国と地獄となる。それはすなわち荒木がサニーのハンドルを握っていたかどうかが焦点となった。

 一審で、荒木は1度だけ涙を見せた。長男が出廷した時のことである。
 しかし、長男は「この男は死刑にしてほしい」と言った。

 1980年3月28日、大分地裁・永松昭次郎裁判長は転落実験結果を全面採用、「故意に車を海中に転落させ、善良な母子3人を殺害した。計画的かつ冷酷残忍な犯行だ」として荒木に死刑を言い渡す。

 1984年9月、福岡高裁、控訴棄却。
 
 1987年、荒木、体調を崩し、八王子の医療刑務所に移監される。
 
 1989年1月13日、癌性腹膜炎で死亡。享年61。死の前年には事件のことを書いた作家・佐木隆三氏に「もう身体がボロボロだ。あんたのことを恨んでいる。このままだと地獄に落ちることになる。罪滅ぼしだと思って金を送れ」という内容の手紙を送っていたという。荒木の死を受けて、最高裁は控訴を棄却。真相は永遠に闇の中となった。


【トピックス 『ダイブ実験』】

 事件から2年後の1976年10月10日、別府観光港フェリー岩壁から、1台の車が海に飛び込んだ。荒木の事件と酷似していたが、乗っていた男性はすぐに車内を脱出して無事だった。

 この男性は福岡市に住むA氏(当時35歳)で、公判中だった荒木の証言に疑問を持って実験をしようと、友人にカメラで記録してもらいながら、岩壁の75m手前から時速40kmで海に飛び込んだのだという。実験後、A氏は「計画的な場合はほぼ助かることがわかった。裁判の証人になってもいい」と語った。


リンク


≪参考文献≫

朝日新聞西部本社 「朝日新聞西部本社五十年史」 五十年史編集委員会
アスペクト 「特集アスペクト38 実録 戦後殺人事件帳」
インパクト出版会 「死刑囚からあなたへ 国には殺されたくない」 日本死刑囚会議・麦の会
河出書房新社 「現代日本殺人史」 福田洋・著、石川保昌・編
KKベストセラーズ 「追跡!カメラはスキャンダル フォーカス取材奮戦記」 松山博文
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」 
講談社 「現代の犯罪心理 バラバラ事件からカルト集団の犯罪まで」 中村希明
時事通信社 「ドキュメント&データ 保険金殺人」 山元泰生
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲 
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「週刊新潮 89年1月26日号」
新潮社 「週刊新潮 06年2月23日特大号」
新潮社 「『週刊新潮』が報じたスキャンダル戦後史」 新潮社編
青弓社 「自殺者たち 一日一死」 稲葉真弓 下川耿史
世界書院 「保険金殺人 心の商品化」 室伏哲郎
大洋図書 「日本震撼事件 戦後殺人ファイル100」 日高恒太朗
宝島社 「別冊宝島 殺人百貨店 日本人はどういう理由で人を殺すのか?」 
宝島社 「別冊宝島 実録完全犯罪 暴かれたトリックと意外な『真犯人』」
宝島社 「日本の『未解決事件』100」
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
同朋舎出版 「TRUE CRIME JAPAN 営利殺人事件」 岡田晃房
東洋経済新報社 「生命保険犯罪 歴史・事件・対策」 月足一清
徳間書店 「一・二審死刑、残る疑問 別府三億円保険金殺人事件」 佐木隆三 
日本文芸社 「『命』の値段 自殺から殺人、事故死、過労死まで―――死の経済学」 内藤満・監修
二見書房 「戦慄の保険金犯罪 50の事件簿」 吉田雄亮
文藝春秋 「週刊文春 89年1月26日号」
平凡社 「『犯罪』の同時代史」 松本健一・高崎通浩
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 連合赤軍”狼”たちの時代 1969−1975 なごり雪の季節」
ランダム出版 「あの日、何があったか? 昭和の珍事件集」 森田一義(タモリ)・監修 日本世相史研究会・編 


事件録】 【Top