天城山心中





【事件概要】

 1957年12月10日、天城山中の森林で、4日から行方がわからなくなっていた学習院大学2年の愛新覚羅慧生さん(19歳)と、同級生の大久保武道さん(19歳)が死んでいるのが発見された。この心中は「天城山心中」と名づけられた。


――――――――


【天国に結ぶ恋】

 1957年12月4日、学習院大学文学部2年生・愛新覚羅慧生さん(あいしんかくらえいせい 19歳)と同級生・大久保武道さん(19歳)の行方がわからなくなった。
 行方がわからなくなっていた2人は、目撃者の証言から伊豆の天城山方面に向かったことが明らかとなり、警察、地元の消防団、学校関係者による大捜索が始った。
 
 10日、天城山中八丁池南の雑木林で 2人の死体が見つかる。
 慧生さんは大久保さんに腕枕をしてもらうようにしており、顔には白いハンカチがかけられていた。大久保さんは手に旧陸軍14式短銃を握っており、慧生さんの右コメカミを撃った後、自分も自殺したと見られる。2人のそばのサルスベリの木の根本には、2人の爪と頭髪が白い紙に包んで埋められていた。


【ラストエンペラーの姪】

 慧生さんは旧満州国皇帝・溥儀(ふぎ)の弟・溥傑(ふけつ)を父に持ち、母親は元公爵・嵯峨実勝の長女。父と母の婚姻は、日満の架け橋として「親善結婚」だった。東京での結婚式のあと、2人は満州国の首都・新京で暮らし、1938年(昭和13年)2月26日に長女・慧生さんが誕生した。「智慧(ちえ)深き人間に育つように」とこの名前がつけられたという。
 慧生さんは5歳の時に両親のもとを離れ、横浜市港北区の祖父・実勝氏に引き取られている。幼稚園から大学まで学習院に通学した。

 45年8月17日、ソ連軍が新京に侵入。溥傑、浩、慧生さんの妹・嬬生(じゅせい 当時7歳)の3人は新京を発ったが、母娘はその途中で夫と離散した。母娘はその後、上海から佐世保に引き揚げてきて、慧生さんと10年ぶりの再会をした。その後は母妹と嵯峨家で一緒に暮らすが、溥傑は北京の戦犯管理所に収容されていた。

 慧生さんは学習院女子部から学習院大学の国文科に進学。その美貌は学内でも知られていた。
「学校をおえたら、私は日本に残り、日中文化の交流につくしたいと思うわ」
 親しい友人にはいつもこんな夢を語っていた。

 一方、大久保さんは眼鏡をかけて生真面目そうな青年である。青森県八戸市の南部鉄道常務取締役の長男で、父親は参議院に立候補したこともある名士だった。八戸高校から学習院大学進学、文京区森川町の新星学寮に下宿をした。
 戦前の学習院は皇族、華族の子弟、縁故者しか入学できない”貴族学校”として有名だったが、戦後になると一般の子弟も入学できるようになった。と言っても、実際は資産家の子どもが多く、大久保さんも月に1万3千円の仕送りを受けており、アルバイトなどしなくても充分だった。

 入学した年(56年)の6月、大久保さんは慧生さんのことを意識し始め、交際を始めた。
 だが6月26日に嵯峨家を訪ねた大久保さんは良い印象を持たれなかったようで(「あの人一体なに?ガス会社の集金人かと思った」と言われる)、11月には1度慧生さんの方から別れを切り出している。だが翌月には縁りを戻し、57年2月には2人だけで結婚を約束した。だが2人は育った環境の違い、将来のことなどから度々小さな衝突を起こしており、6月に慧生さんの方から婚約解消。だがこれもうやむやになり、関係を続いていたと見られる。

 10月、帰郷した大久保さんは、父親が浮気をしているのを知った。父の女性関係を知った大久保さんは「自殺したい」と言っていたという。

 11月、慧生さんさんは、2人の交際の仕方を改めるように提案した。それまで話すのも2人きりで、クラスでは孤立しがちになっていたが、将来のためにも友は多くつくっておいた方が良いと、2人で会うのは週に1度ほどにしようというのである。

 12月1日、大学の「東洋文化研究会」というサークルに入っていた慧生さんは、この日来日した印・ネルー首相が各大学の学生を招待したティー・パーティーに出席すると言って家を出た。だが「風邪をひいたらしいわ」と早めに帰宅し、38度近くの熱があって横になった。
 夕方、男の学生から電話があったが、慧生さんは「私、風邪をひいて休んでおりますのよ。そんなこと無理ですわ。……いらして頂いても困ります」と怒気を含んだ声で話していたが、押し問答のようなことが続いたあと、電話を切った慧生さんは「ちょっと、お友達に会いに自由が丘まで行って来ます。1時間くらいで戻りますから」と家族に言って家を出た。
 電話の主は大久保さんであった。自由が丘で2人は会ったものとされるが、何を話したのかは定かではない。慧生さんは大久保さんの寮の寮監に電話をかけている。「大久保さんの友達」と名乗り、「大久保さんが近頃…」と言いかけて切ってしまった。

 4日、2人は「登校する」と言って家を出た後、目白駅から大学で落ち合ったとされる。その前日には身の回りの品々の整理をしていた。慧生さんは大久保さんからの手紙を「婚約前」「婚約後」の二束にわけて小包にし、大久保さんの母親宛てにして目白局から投函した。大久保さんの方も、慧生さんからの手紙をまとめたものを落合長崎局から母親に送っている。
 2人は銀座あたりでエンゲージリング、靴、懐中電灯などを購入してから伊豆に向かった。熱海で降りた2人は、タクシーで天城トンネルに向かった。

 まもなく大久保の下宿先の寮長のもとに慧生さんからの手紙が届く。


大久保さんはお父さんのことで大変悩んでいます。私はそんなことで悩むのはオカシイといいました。しかし大久保さんの話を聞いているうちに私の考えが間違っているのに気づきました。私は死ぬことは思い止まるようにと何度もいったのですが大久保さんの決意はとてもかたいのです。彼を一人だけ死なせるわけにはまいりません。




【我、御身を愛す】

 この心中事件は日満時代の事情を知る人の同情を買った。「天上の純粋を求めた」「旧華族の娘と庶民の子弟の情熱の死」などとマスコミにも頻繁に取り上げられ、「我、御身を愛す」はベストセラーとなった。

 慧生さんの棺が霊柩車に運びこまれようとした時、大久保さんの父は「武道も一緒に乗せてやって下さい」と訴え、嵯峨家側もこれに応じた。

 事件当時、中国・撫順の収容所にいた父・博傑は、浩への手紙のなかでこう記している。
「こんなことがあってもいいのか?苦しみに耐え、今日まで生きてこられたのも、2人の娘と浩さんといつかは一緒に暮らせるという夢あればこそだった」

 遺言により、慧生さんの遺骨の半分は浩さん(87年逝去)と一緒に清朝の祖先が眠る北京近郊の墓地上空からまかれ、もう半分は妻娘が眠る山口県下関市中山神社の愛新覚羅社に祀られた。

 この心中事件は映画化される動きがあったが、20日、学習院大学国文科学生らは抗議声明を発表した。


武道様がいらっしゃらなかったら、とうてい私はイージーゴーイング的な生き方からぬけきれなかったかもしれません。私の身体がよわいにもかかわらず、身をもって私を生涯導いてくださろうとしてくださる武道様があったからこそ、私はいままでの生き方を抜けることができたのだと思います。

(大久保さん宛て書簡)




【真相はどこに】

 2人の死は結婚を反対されたことによる心中(無理心中でなく)だったのだろうか。

 学友たちの証言によると、大久保さんは独占欲が強く、慧生さんが他の男子生徒と口を聞いただけで責めたてたり、その生徒に決闘を申し込もうとしたことがあったらしい。

 ある時、大久保からの求愛に辟易した慧生さんに、上級生は助言した。
「今逃げるとますます執拗に追ってくると思う。母のような立場に立って、彼の悩みを徐々に癒してやってもらえないか」
 だが慧生さんは何度も「交際したくない」とはっきり申し入れ、6月には下宿先の寮長に、「大久保さんと交際したくないので、よろしくはからっていただけませんか」という手紙を出している。

 また伊豆で2人を乗せたタクシー運転手は、慧生さんはしきりに帰りのバスの時間を尋ね、「ここまで来れば気が済んだでしょう。遅くならないうちに帰りましょう」と何度も言っていたのを聞いた。

 こうした事柄から浮かんでくるのは、慧生さんは大久保を説得しようとついて行き、心中に巻きこまれたものという可能性である。こうした災難説は、嵯峨家に関係する人たちによって主張された。
 慧生さんが自由が丘で大久保さんと会ったとされる12月1日のことについて、母・浩さんは次のように著書で書いている。
「自由が丘についた慧生は、いきなり大久保さんから胸にピストルをつきつけられ、一緒に死んでくれと言われましたが、どうにかうまくなだめすかし、喫茶店に入りました。そして隙を見て、大久保さんの宿先である新星学寮の寮長に急を知らせるべく電話したものの、挙動を怪しんだ大久保さんが背後から近づき、その電話を切ってしまったということです」
 慧生さんの友人の証言にも「2、3日前、武道君にピストルで脅かされ、やっとなだめてホッとしたと話していた」というものがある。


 他にも心中を報じたマスコミなどが主としてとった同情説、女性誌などがとった純愛説がある。だが死んでしまった2人の心中(しんちゅう)は誰にもわからない。


リンク

東京紅團 「愛新覚羅浩さんの足跡」
http://www.tokyo-kurenaidan.com/aishinkakura.htm


≪参考文献≫

河出書房新社 「常識として知っておきたい昭和の重大事件」 歴史の謎を探る会・編
警察文化協会 「戦後事件史 警察時事年間特集号」
幻冬舎 「自殺者 現代日本の118人」 若一光司
講談社 「戦後欲望史 混乱の四、五○年代篇」 赤塚行雄
新人物往来社 「別冊歴史読本 戦後事件史データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 天皇・皇室・事件史データファイル」
青弓社 「にっぽん心中考」 佐藤清彦 
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
毎日新聞社 「シリーズ20世紀の記憶 60年安保・三池闘争 石原裕次郎の時代 1957-1960」
読売新聞社 「愛新覚羅浩の生涯 昭和の貴婦人」 渡辺みどり 


事件録】 【Top