阿部定事件




【事件概要】

 1936年(昭和11年)5月18年、荒川区の待合で阿部定(当時32歳)が、愛人の料理店主・石田吉蔵(42歳)を絞殺。さらに一物を切り取り、持ち歩いて逃げた。あまりにも有名な猟奇殺人である。


阿部定


【あの人のもの】

 1936(昭和11年)5月18日午前11時頃、荒川区尾久町4丁目にある花柳界の待合「満左喜」で、1週間前から滞在していた男女のうち男の方が寝床で殺されているのを女中が発見した。
 男性は桃色錦紗の腰紐で絞め殺されており、敷布団がどす黒い血で染まっていたのは陰部も切り取られていたからだった。左太腿部には血で「定吉2人」と書かれ、敷布には「定吉2人キリ」と書かれていた。左腕にも「定」という字が書かれていたが、これだけは鋭利な刃物で刻まれていたものだった。

※待合・・・・芸者を呼んで遊興する待合茶屋の略。
※錦紗・・・・金糸を織り込んだり、金糸で模様を織り出した薄くて軽い織物。京都西陣の産。

 同伴していた女はこの日の朝8時ごろ、「ちょっと出てきますけど、よく休んでおりますから、どうぞそのままにしといてください」と言って出ていったまま、戻ってこなかった。
 
 この男女は滞在中、夜も昼も布団の中でたわむれているのが目撃されていた。
 1週間も滞在していたから、人相ははっきりしていたが、女の行方はようとしてわからなかった。
 
 20日午後5時半頃、高輪署員が品川駅前の高輪南町の旅館「品川館」を調べると、ある女が1人で泊まっていた。女はハトロン紙の包みを持っており、刑事が「見せろ」と言っても見せようとしなかった。無理やり紙包みを奪って中を検めると中には男の一物が入っていた。女はそれを見せると、また大事そうに中へしまった。

 女は阿部定(当時32歳)という名で、殺害されたのは中野区新井町の料理店「吉田屋」の主人・石田吉蔵(42歳)であった。「定吉」というのはお互いの名前から一字をとったものだった。


【定の生きざま】

 1905年(明治38年)、神田新銀町の畳屋の娘として生まれた。7人兄妹の四女、末っ子である。一家の暮らしぶりは特に貧しくはなかった。

 神田尋常小学校卒業後、1年ほど裁縫の稽古をしていたが、当時家族間でトラブルが多発して喧嘩が絶えず、両親はこれを見せたくないため「表で遊んで来い」と言われることがよくあった。阿部定は自然と外に出るのが好きになった。

 15歳の夏、友人の家で慶応大生に無理やり犯され処女を奪われた。阿部定はそのことを母親に打ち明けたが、母は娘が処女でないと結婚ができないと思いこんでおり、哀れに思い甘やかすようになった。小遣いをもらった定は町に出て、不良仲間と付き合い始める。仲間内では「神田のさあちゃん」と呼ばれ、得意になった。

 翌年、父親は遊び癖を直すため芝区三田にある家に女中奉公に出したが、奔放な定はそうした生活に耐えることができず、奉公先の娘の着物や指輪を身につけ活動大写真を見に行って警察の取調べを受け、解雇となった。
 職人気質の真面目な父親は、そうした娘の非行に対し、「そんなに男が好きなら、娼妓に売ってしまう」と言ったが、自暴自棄だった定も「それもいいかな」と思った。

 同じ頃、兄と商売女あがりの先妻が、定に「芸者になれば綺麗な着物が着られ贅沢に遊んで暮らせる」と勧誘し、定は親に無断で家出をしたことがある。浅草の芸者小屋に行ったのだが、夜になって家が恋しくなって帰った。

 1921年(大正10年)、両親は神田の家を売り、一家は姉の嫁ぎ先であった埼玉県坂戸町に引っ越した。ここでも定の遊び癖は治らず、失踪して男と川越の旅館に3日間滞在しているところを親に連れ戻されるということがあった。

 定18歳の時、横浜・中区で念願だった芸者となった。遠縁のYという男が横浜にいて頼って行ったのである。Yは定と肉体関係を持ち、一方で売春の世話をした。芸名は「みやこ」だった。
 19歳で市内の別の芸妓屋に鞍替えした定はここで関東大震災に遭う。
 震災の直後、Yの家族と富山に行き、同地の芸妓屋に「春子」と名乗って勤める。ここで定は三味線用の撥、金煙菅などを無断で入質し、警察の取調べを受けた。セックスの良さがわからず、客を取るのを嫌っており、Yに支払う食費などが足りなかったための犯行である。

 1924年(大正13年)暮れ、定とYの家族は東京に戻る。半年ほどY方で暮らした定は、Yが自分を喰い物にしていることを看破し、25年7月に信州・飯田町の芸妓屋に身売りして「静香」と名乗った。

 22歳の時に芸妓を辞め、大阪・飛田遊郭の娼妓となる。「園丸」と名乗る。
 ここには半年勤めたが、供述によると「その頃から私は客を相手にするのが嫌ではありませんでしたから、面白く働きました」とのこと。

 同じ大阪の別の店に鞍替えしたが、ここでは4ヶ月目に情夫と失踪。
 年末には名古屋の妓桜に鞍替えし、2年ほど勤めた。

 1929年(昭和4年)5月、25歳の定は大阪の貸座敷に鞍替え。ここで客から預かった90円、遊客の指輪などを窃盗する事件をおこした。
 
 翌年、店を逃げ出した定は神戸に向かった。体を売る商売から足を洗おうと思ったのか、カフェーで女給をしたが、2週間ほどしか続かず結局は私娼となった。ここには3ヶ月暮らしたが、主人の搾取に憤慨して、大阪に戻り同様の私娼となった。まもなく妾となる。この間、麻雀賭博で取調べを受けたことがあった。

「その頃から情事に快感が湧き1人寝は寂しくてなりませぬでした」(定の供述)
 定は男がそばにいないとイライラするので医者に診てもらったこともあった。医師は夫婦生活に入るか、精神修養のため読書をすすめた。

 1933年(昭和8年)、母親が死亡。定は東京に戻った。
 東京でも定は「高級娼婦→妾」というコースをたどるが、父親が病に倒れると熱心に看護したりもした。

 その後は半月ほど横浜のY方に戻ったりもしたが、再び逃げ出して、35年(昭和10年)1月に名古屋に移った。娼婦ではなく、小料理店の住み込み女中となった。ここ中京商業校長のOという客と知り合って関係を持った。
 だが「何となく名古屋が嫌になって」(供述)という理由でまた帰京、横浜で男と同棲したりもしたが、8月にOと熱海で会った時、Oの意見に感動し、「真面目になって先生を頼ろう」と決心した。「売春生活などから足を洗おう」と決めたのである。また煙草を断つために御祖師様に御百度参りもしている。

 1936年2月、新宿の職業紹介所の口利きで、石田の店で住み込み女中として働きはじめた。小料理屋の経営を勉強するためというのがその理由だった。
 店に来てすぐに妻子ある石田と関係を持った定だが、妻に勘付かれて追い出され、4月23日からは各地の旅館や待合を転々としていた。途中、Oから金を受け取ったりもしている。


【定吉2人キリ】

 5月11日、「満左喜」に投宿。2人は部屋にひきこもり、1日5、6回のセックス。石田が定の要求に応えるかたちであった。
 
 18日、この日も情痴にふけっていたが、定が石田の首を絞めると、顔面が充血し、気絶してしまったように見えた。首を絞めっこしたら気持ち良くなることは定が教えていた。
 石田は息を吹き返したが、「俺はもうくたくたに疲れたから、家へ帰って休みたい」と言い出した。石田が妻の元に帰りたいと言ったことに定はショックを受ける。どうしても自分が石田を独占したかったのだ。

 午前2時ごろ、セックスを終えて疲れて眠る石田の首に腰紐を巻きつけた。
「おかよ・・・・」
 石田は目を見開いて、かすかにそう呼んだ。おかよというのは阿部定が石田の店で働いていた時の名前である。阿部定はさらにきつく絞め、石田を殺害した。そのまま朝まで石田の体を抱擁して過ごしたという。
 石田には阿部定の他にも愛人がいた。「小春」という名の芸者で、7年来、阿部定よりも古い付き合いである。定は死んでしまったとは言え愛しい石田の身体を妻や小春に触れさせたくなかった。

「これからは片時離さず、わが身を持ち添える気で、思い出の深いところを切り取ってハトロン紙に包みました。それでこの家から出てゆこうとして見返ると、この場に残しておく石田のからだの愛しさに、思わず立ち戻って、いま切り取った傷口から出る血を指先につけ、左モモに『定吉2人』と書いた。あなただけ1人でここに残しておくのではありません。私もどこまでも一緒ですというつもりでした。それでもまだ足りないような気がしたので、今度は敷布に大きく『定吉2人キリ』と書いた。これは妻も妾も近寄せないというつもりでした」(阿部定の供述)

 「満左喜」を出た阿部定はタクシーで新宿伊勢丹まで行き、新宿駅から上野へ行った。松坂屋付近の古着屋で来ていた衣類を売り、別の着物に着替えた。神田の喫茶店でなじみ客のOと会い、大塚の旅館で性交し金を受けとった。それから新橋の古着屋で着物と帯を購入して着替えた。
 定は浅草で映画を見て、それから思い出の関西地方に行き、生駒山中で自殺をしようと思った。そのため一旦品川駅前の旅館に投宿した。
 まもなく定を探していた警察が部屋のふすまを開けると、阿部定は正座をして「私が阿部定です」と落ち着いた様子で言った。

 この逮捕の日には「阿部定捕まる」という号外まで出るほど、この事件はセンセーショナルに報道された。その理由のひとつは時代背景にある。3ヶ月前には二・二六事件が起こっていた。歴史が動き出した時期でもあり、陰惨な雰囲気のなか、人々の心は不安にとらわれていた。その最中に起こった事件が阿部定事件である。陰茎を切断するという事件に人々はスリルとユーモアを感じた。
 阿部定自身も猟奇殺人者として恐れ憎まれるというよりは、同情的な見方をされることが多かった。そして一躍「時の人」となり、事件の舞台となった「満左喜」「品川館」は連日繁盛した。なおこの事件をモデルとした作品に大島渚「愛のコリーダ」がある。


【裁判】

 第1回公判では傍聴希望者が前夜から列をなす。

 1936年12月21日、東京地裁で懲役6年(求刑10年)を言い渡された。控訴はしなかった。

 獄中での彼女は模範囚だった。
 1940年2月11日、皇紀2600年による恩赦減刑となり、翌年5月17日に出所。

※原宿パス屋殺しの後藤モトもこれで恩赦減刑(死刑→無期)されている。

 阿部定はその後、「若竹」という小料理店をはじめた。
 1969年の東映映画「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」では久々に姿を見せ、インタビューにまで応じている。
「あそこを出る時に、あの人を置いて行くんだから、その場合何かを持って行きたいと思うのは当たり前のことでしょ。人間をおぶって行くわけにはいかないわね。そしたら、やっぱり男のモノを持つしかないわね」

 その後最後に阿部定が確認されたのは、従業員として働いていた千葉県市原市のホテルで、1971年ごろのことだった。この後のことについては、自殺説や老衰死説、または「老人ホームに暮らしている」などといった噂がある。


【トピックス チン切り事件】

 女がペニスを切り取るという事件は、意外と多く起こっている(逆に男が女の陰部を切り取った事件もある)。それらは阿部定事件の影響が少なからずあるのだろう。ここで阿部定事件以前と後に起こった3事件を紹介するが、いずれも男の浮気が原因である。女が浮気の「シンボル」でもある一物を切り取ろうとする心理はわからないでもない。一方、一命をとりとめながらもあそこを切り取られた男のその後の人生が私はひどく気になる。


中村テル事件

 1886年(明治19年)1月1日、神田豊島町の洋傘製造業・石井忠三郎、その妻中村テル(35歳)が、2人で木村某という家に年始に行った。石井はその席で俗謡を唄って興じたが、露骨な文句でテルはそれが自分を馬鹿にしたものと思いこんで、その夜熟睡している石井の性器をカミソリで切り取った。
 結婚して15年になるが子どもはいなかった。石井は浮気性で、よく女を買いにいき、テルの妹とも関係を持った。そんなこともあって夫婦仲は悪かったという。
 この事件でテルは重禁錮1年6ヶ月に処された。


阿部サダ子事件

 1951年(昭和26年)2月10日、名古屋市千種区で、夫(当時32歳)に捨てられそうになった妻(当時40歳)が、夫の愛人のところに押しかけ、寝ていた2人に塩酸をかけたえ、男のペニスを切り取った。この事件は「名古屋のお定事件」と言われたが、それは犯行からだけではなく、妻の名前が阿部サダ子だったからでもある。
 サダ子は阿部定と違い、美人というタイプではない。21歳の時に結婚したが離婚、水商売を転々としたのち、名古屋市内の食堂で働いていた。この店に輪タクの運転手がたびたび定食を食べに来るようになり、事件前年頃から親密な関係となった。まもなく2人は一緒に暮らすようになったが、夫に別の若い女ができたため、カッとなって犯行だった。一物を切られた夫は幸いにして一命をとりとめている。だが男としての機能はダメになった。


元日活女優の事件

 1953年(昭和28年)7月9日、元女優・S子(当時38歳)が、内縁の夫Aさん(30歳)のペニスを西洋カミソリで切り取る。
 S子は岩手県出身で16歳の時に女優となった。43年に日活の俳優仲間と結婚して一児をもうけ、終戦後は夫とともに移動演劇一座をつくって、各地を巡業した。だが夫が若い劇団員と浮気しているのがわかり、48年に離婚した。子どもはS子が引き取った。
 故郷の宮古市に戻って旅館の住み込み女中となったS子は配管工Aさんと出会い、同棲を始めた。だが周囲の視線は冷たく、2人は上京。やがてAさんに結婚話がまいこんだ。S子は「この人が幸せになるなら別れてもいい」と思っていたが、「お前さえ良ければ結婚後もつきあってもいい」という一言にカッとなっての犯行だった。
 一命をとりとめたAさんは、「あいつはかわいそうな女」と情状酌量を求め、起訴猶予処分となった。


リンク

阿部定事件・予審調書 感想まとめ
http://www.asahi-net.or.jp/~gr4t-yhr/abesada9.htm


≪参考文献≫

アストラ 「あの事件を追いかけて」 大畑太郎 宮崎太郎
イーストプレス 「日本凶悪犯罪大全」 犯罪事件研究倶楽部
一声社 「昭和事件史」 加太こうじ
岩波書店 「近代日本文化論6 犯罪と風俗」 編集委員青木保他 
學藝書林 「ドキュメント日本人10 法にふれた人」 谷川健一・鶴見俊輔・村上一郎責任編集
笠倉出版社 「江戸・明治・大正・昭和・平成 日本の女殺人犯101」 日高恒太朗 
河出書房新社 「常識として知っておきたい昭和の重大事件」 歴史の謎を探る会・編
ぎょうせい 「裁判からみた百大事件の結末」 真島一男
現代書館 「阿部定を読む」 清水正 
現代書林 「19人の阿部定」 桑原稲敏 
幻冬舎 「現場検証 昭和戦前の事件簿」 合田一道 
講談社 「ビジュアル版・人間昭和史 昭和の事件簿」 扇谷正造監修
荒地出版社 「性倒錯の世界 異常性犯罪の研究」 沢登佳人 沢登俊雄
光文社 「殺人全書」 岩川隆
コスミックインターナショナル 「命削る性愛の女 阿部定<事件調書全文>」
作品社 「犯罪の昭和史 1」 作品社・編
潮出版社 「殺意は看護婦を抱きながら 昭和猟奇情痴事件簿」 草野唯雄 
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
社会保健出版社 「青春 社会部記者」 朝日新聞東京社会部OB会編
ジャパンミックス 「異常‐SEX‐殺人のカタログ50」 CIDO・プロ編
主婦と生活社 「悪女と呼ばれた女たち 阿部定から永田洋子・伊藤素子まで」 小池真理子
春秋社 「<物語>日本近代殺人史」 山崎哲
新人物往来社 「別冊歴史読本 殺人百科データファイル」
新人物往来社 「別冊歴史読本 新・殺人百科データファイル」
新潮社 「週刊新潮 07年1月4・11日号」
清風書房 「死刑囚の記録 明治・大正・昭和・百年の犯罪史」 日本犯罪心理研究会・編
騒人社 「戦中・戦後五十年 忘れ得ぬあの日その時」 朝日新聞東京社会部OB会
大学書房 「昭和犯罪史正談」 小泉輝三郎
宝島社 「別冊宝島 猟奇事件ファイル 【悪魔と呼ばれた人間たちの犯罪履歴書】」 
田畑書店 「昭和十一年の女 阿部定」 粟津潔 井伊多郎、穂坂久仁雄
筑摩書房 「その時この人がいた もうひとつの昭和史」 井出孫六
筑摩書房 「犯罪百話 昭和篇」 小沢信男・編
鉄人社 「映画になった戦慄の実話」 鉄人ノンフィクション編集部
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編
東京法経学院出版 「残虐犯罪史」 松村喜彦
徳間書店 「人間臨終図鑑 上巻」 山田風太郎 
図書出版社 「増補版 事件百年史」 楳本捨三
日本評論社 「史談裁判」 森長英三郎 
日本文芸社 「現代読本 波乱怪奇!人と事件百年史 1月創刊号」 
日本文芸社 「歴史を動かした昭和史の真相200」 保阪正康
日本文芸社 「捜査四課元刑事が見た昭和事件史」 渡辺忠
批評社 「ドキュメント精神鑑定」 佐藤友之
扶桑社 「日本猟奇・残酷事件簿」 合田一道+犯罪史研究会
文藝春秋 「『昭和』の瞬間」
読売新聞社 「三十九件の真相 秘録 大正・昭和事件史」 小泉輝三郎
三笠書房 「小説昭和事件史1」有馬頼義
みすず書房 「日本の精神鑑定」 内村祐之・吉益脩夫監修 
ミリオン出版 「別冊ナックルズ 昭和三大事件」
ミリオン出版  「消えた殺人者たち あの“未解決事件”の真犯人はここにいる」 実話ナックルズ編集部
雷韻出版 「週刊猟奇殺人事件」 内藤久  

ライブ出版 「悪女たちの昭和史」 松村喜彦
ワニマガジン社 「極悪人 世界悪漢列伝―脅威の悪人たち!」 


事件録】 【Top